カフェストール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カフェストール
IUPAC命名法による物質名
(3bS,5aS,7R,8R,10aR,10bS)-3b,4,5,6,7,8,9,10,10a,10b,11,12-Dodecahydro-
7-hydroxy-10b-methyl-5a,8-methano-5aH-cyclohepta[5,6]naphtho[2,1-b]furan-7-methanol
臨床データ
胎児危険度分類  ?
法的規制 Legal everywhere
投与方法 Oral
識別
CAS登録番号 469-83-0
ATCコード None
PubChem CID 108052
ChemSpider 10289419
UNII AC465T6Q6W
KEGG C09066
化学的データ
化学式 C20H28O3 
分子量 316.439 g/mol
物理的データ
融点 158–162 °C (316–324 °F)

カフェストール (Cafestol) は、コーヒーに存在するジテルペンである。

アラビカコーヒーノキの豆は、重量当たり約0.6%のカフェストールを含む。カフェストールは、フレンチプレスのコーヒーやトルココーヒー等、未濾過のコーヒーに最も多く含まれる。ドリップコーヒー等の濾過したコーヒーは、無視できる程度の量しか含まない。

コーヒーの定期的な接種は男性で8%、女性で10%、血清コレステロールを増加させるという研究結果がある。濾過したコーヒーを飲む場合は、この効果は女性でしか有意に表れない[1]

臨床の重要性[編集]

カフェストールは、ラット抗発がん性を示した[1]。カフェストールは、核内受容体であるファルネソイドX受容体プレグナンX受容体アゴニストリガンドとして働き、コレステロールの恒常性を妨害していると考えられている[2]。カフェストールは、パーキンソン病の進行を阻害する効果も示唆されている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b National Toxicology Program (NTP): Cafestol (CASRN 469-83-0) and Kahweol (CASRN 6894-43-5) - Review of Toxicological Literature. (PDF) October 1999
  2. ^ Ricketts ML, Boekschoten MV, Kreeft AJ, Hooiveld GJ, Moen CJ, Müller M, Frants RR, Kasanmoentalib S, Post SM, Princen HM, Porter JG, Katan MB, Hofker MH, Moore DD (July 2007). “The cholesterol-raising factor from coffee beans, cafestol, as an agonist ligand for the farnesoid and pregnane X receptors”. Mol. Endocrinol. 21 (7): 1603–16. doi:10.1210/me.2007-0133. PMID 17456796. 
  3. ^ Trinh K, Andrews L, Krause J, Hanak T, Lee D, Gelb M, Pallanck L (April 2010). “Decaffeinated coffee and nicotine-free tobacco provide neuroprotection in Drosophila models of Parkinson's disease through an NRF2-dependent mechanism”. J. Neurosci. 30 (16): 5525–32. doi:10.1523/JNEUROSCI.4777-09.2010. PMID 20410106. Lay summary – New Scientist. 

関連項目[編集]