コーヒーカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
泡だてたコーヒーの入ったコーヒーカップと皿

コーヒーカップ: coffee cup)とは、コーヒーを飲む時に用いられる茶碗のこと[1]。「コーヒー」あるいは「コーヒー茶碗」ともいう[2]

概説[編集]

上辺の開きが(比較的)少なくて取っ手がついている洋風茶碗である[1]。 一般的に米国ではティーカップよりも大きく[3]、英国ではティーカップよりも小さい[3]

手付き[2](取っ手付き・持ち手付き)、脚付き[2]、これらの両方が付いた手脚付き[2]がある。また、容器体と脚部(ホルダー)が分離しているものもある[2](インサートカップ)。

ティーカップと同様に取手付きのカップとソーサー(受け皿)をセットにしたものもある[2]。また、コーヒーポットミルクピッチャー、砂糖入れなどとともにコーヒーセットを構成する[2]

一般なスタイルのコーヒーカップは、紅茶用のティーカップと比較して口が小さく、カップの上下での幅の違いが少ない。これは一説には、コーヒーの香りが飛んでしまうのを抑え、コーヒーが冷めるのを防ぐためだと言われる。

なお、北ヨーロッパでは、コーヒーカップの中でも特に背が高い、トールカップと呼ばれるコーヒーカップが好んで使用される。特に寒い時期は、このトールカップにホットコーヒーを注ぎ、それを両手で包むように持つことによって、手も温めている者がしばしば見られる[4]

[注 1]

喫茶店の学校などでしっかりしたトレーニングを受けた店主や店員がコーヒーを提供する場合は、(ほぼ間違いなく)お客から見て左側に「取っ手」が来るようにコーヒーカップを置く。これは「フレンチスタイル」などと呼ばれており、元をたどればフランス流である。なぜ左側に取っ手なのかというと、お客はまずは砂糖やミルクなどを入れて、自然と(利き手のことが多い)右手でスプーンを持ってかき混ぜようとする。その時、カップをひっくり返さないようにそれを支えようとするが、それは自然と左手になるので、カップの取っ手は左側にあったほうが都合が良い(左側に取っ手が無いと、熱い部分を持ってしまうことになり、火傷をしかねない)。お客はスプーンで混ぜた後にスプーンを置き(優雅に)カップを半回転させ右側に来た取っ手を持って飲む、というのがフレンチスタイルである。

特殊なコーヒーカップ[編集]

マグカップ
大型で取っ手の付いたもので、通常は受け皿がない。マグカップとは日本独自の名称で、本来はマグ自体がカップの意味になる、ビアマグ、コーヒーマグなど。
タンブラー
大型で細長く、取っ手の付いていないコーヒーカップ。手から滑り落ちないよう、曲線的なデザインとなっている。コーヒーの保温目的と、直接カップを握れるよう、内部が二重構造になっている。[要出典]
デミタスカップ
通常の半分程度の大きさで、エスプレッソを飲む場合に用いられる。demiは半分、tasseはカップの意。
カフェオレ・ボウル
カフェ・オ・レ を飲むときに用いる専用の食器。大きめで全体的に丸い形状であり、取っ手がない。

一覧[編集]

出典[編集]

  1. ^ コーヒーの本場のひとつであるブラジルでは、コーヒーと言えば当然、熱くして飲むものであって、(ブラジルは基本的に暑い国であるが)特に熱い真夏でも熱いコーヒーを飲む。フルーツジュースは冷たくして飲んでも、コーヒーはあくまで熱くして飲む。熱いコーヒー以外は彼らにとって「コーヒー」ではなく、それ以外の、何かしら"異質なもの" あるいは"異様なもの" である。そもそも熱いものしか見ないのだから「ホットコーヒー」なる名称も使われない。(今でも)ブラジルではアイスコーヒーを飲む習慣は基本的に無い。日系ブラジル人が日本に出稼ぎに来ることがあるが、彼らは日本の店舗で「アイスコーヒー」なるものを見かけると、最初、たいていは戸惑い、変な顔をする。「冷やして飲んではコーヒー本来の香りが死んでしまうし、身体にあまりよくないでしょう?」という反応をする。日本では例外的に「アイスコーヒー」なるものを飲む習慣が広まったが、そこではグラスに入れて提供されることが多い。世界的に見ると、「コーヒーにはホットとアイスがある」という概念枠が、実は普遍的なものではなく、ある意味で日本的で特殊なのである。
  1. ^ a b 広辞苑第六版「コーヒーカップ」
  2. ^ a b c d e f g 特許庁「意匠分類定義カード(C5)」
  3. ^ a b 大修館書店 『ジーニアス英和辞典(第4版)』 377頁
  4. ^ 柄沢 和雄 『コーヒードリンク246』 p.154 柴田書店 1995年8月10日発行 ISBN 4-388-05755-X

関連項目[編集]