カフェ・コレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カフェ・コレット(Caffe Corretto)とは、エスプレッソと少量のから成る、温かいタイプの酒入りコーヒー飲料(Alcoholic coffee beverages)である。なお、カフェ・コレットはイタリア飲み物であるが、イタリア以外ではエスプレッソ・コレット(espresso corretto)などと呼ばれる場合もある。

概要[編集]

概説[編集]

カフェ・コレットは、エスプレッソと少量のを混ぜて飲まれる、イタリア発祥の飲料である [1] 。 酒の種類は問われない(飲む人が好きな酒を入れて構わない) [2] 。 ただし、通常はグラッパが入れられ、時々サンブーカが入れられたり [3] 、時にはブランデーが入れられることもある [4] 。 このようにカフェ・コレットには様々な酒が使われ得るので、イタリアでカフェ・コレットを注文する際は、例えば、「un caffe corretto alla grappa.」(グラッパ入りのカフェ・コレット1杯)、「un caffe corretto alla sambuca.」(サンブーカ入りのカフェ・コレット1杯)、「un caffe corretto al cognac.」(ブランデーのジャンルの1つ、コニャック入りのカフェ・コレット1杯)といったように、あなたが入れて欲しいと望む酒を指定する。

ちなみに、コレット(corretto)とはイタリア語であり、これは英語で言う「correct」と「proper」とで共通する意味に相当する。よって日本語にすると、おおよそ「適切な」とか「正式な」といった意味の語に該当する。

レシピの例[編集]

既述の通り、カフェ・コレットに入れられる酒は決まっていない。以下はあくまでレシピの1例である。

作り方[編集]

温かいエスプレッソに、好みの酒を加え、最後にホイップクリームを浮かせれば完成。

備考[編集]

  • ただし、選択した酒の比重の関係で、コーヒーカップに先に酒を入れておく場合もある。コーヒーよりも酒の比重が軽い場合は、酒を入れてからエスプレッソを注ぐのが基本。逆に、コーヒーよりも酒の比重が重い場合は、エスプレッソを注いでから酒を加えるのが基本。
  • 飲む人の好みによって、それぞれの分量は増減される場合もある。

別称[編集]

例えば、上記のレシピで酒にサンブーカを選択した場合、カフェ・サンブーカ(カフェ・サンブカ)と呼ばれることもある [5] 。 同様に、例えばガリアーノを選択すれば「カフェ・ガリアーノ」と呼ばれたり [6]グラン・マルニエを選択すれば「カフェ・グラン・マルニエ」と呼ばれたりすることもある [7]

類似の飲み物[編集]

カフェ・コレットに似た飲み物としては、次のようなものがある。

関連項目[編集]

  • カクテル - カフェ・コレットはカクテルの範疇に入る飲み物である。
  • 酒入りコーヒー - カフェ・コレットは酒入りコーヒーの範疇に入る飲み物である。

注釈[編集]

  1. ^ 「深煎りしたコーヒー豆」は、日本では「イタリアンローストしたコーヒー豆」などとも言われる。また、英語圏においては、「ダークローストしたコーヒー豆」などと言われる。
  2. ^ スリヴォヴィッツとは、チェコスロバキアルーマニアで作られている、スモモを原料とするブランデー。フルーツ・ブランデー(ブドウ以外の原料から作られるブランデー)の1種。

出典[編集]

  1. ^ Simonis, Damien; Garwood, Duncan (2004). Italy. "Lonely Planet"(孤独な惑星) p.72 ISBN 978-1-74104-080-7
  2. ^ 柄沢 和雄 『コーヒードリンク246』p.25 柴田書店 1995年8月10日発行 ISBN 4-388-05755-X
  3. ^ Steves, Rick (2006). Rick Steves' Italy 2007. "Avalon Travel" p.40 ISBN 978-1-56691-816-9
  4. ^ Riely, Elizabeth (2003). "The chef's companion: a culinary dictionary." p.49 John Wiley and Sons ISBN 978-0-471-39842-4
  5. ^ 柄沢 和雄 『コーヒードリンク246』p.27 柴田書店 1995年8月10日発行 ISBN 4-388-05755-X
  6. ^ 柄沢 和雄 『コーヒードリンク246』p.18 柴田書店 1995年8月10日発行 ISBN 4-388-05755-X
  7. ^ 柄沢 和雄 『コーヒードリンク246』p.22 柴田書店 1995年8月10日発行 ISBN 4-388-05755-X

主な参考文献[編集]

  • 柄沢 和雄 『コーヒードリンク246』 柴田書店 1995年8月10日発行 ISBN 4-388-05755-X