カフェ・ラッテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カフェ・ラッテ
ノルウェー・オスロのカフェ・ラッテ
オーストラリアCapital Kitchenのソイラテとカフェ・ラテ

カフェ・ラッテCaffè Latte)は、コーヒー牛乳、特にエスプレッソと牛乳を混ぜたイタリア発祥の飲み物である。アメリカでは、エスプレッソとスチームミルクを用いるのが一般。スターバックス等のアメリカ式のコーヒー店で供されるものは後者で、日本では英語式の発音に基づきカフェ・ラテ又はカフェラテ表記されることが多い。

概要[編集]

カフェ・ラッテ(Caffè Latte)という語は、元来は、「コーヒー・牛乳」という意味のイタリア語である。より発音に忠実に転写すれば「カッフェ・ラッテ」となる。イタリア語では、カッフェッラッテ(Caffellatte)と続けたり、カッフェ・エ・ラッテ(Caffè e Latte:「コーヒーと牛乳」)とも言う。イタリアヴェネツィアにある喫茶店カッフェ・フローリアンが発祥の地。また、同じ「コーヒー+牛乳」でも、イタリアでは、バーではカフェ・マッキャート(caffè macchiato)と呼ぶエスプレッソに牛乳をたらしたもののほうが比較的一般的。カフェ・ラッテはどちらかと言うと外で飲むというより家庭で作るほうが多いらしい[要出典]。ちなみにカフェ・マッキャートの語源は、エスプレッソにたらした牛乳がしみ(イタリア語でmacchiato)のようだから。 たっぷりのミルクに、少しだけコーヒーを注いだものはラッテ・マッキャートと呼ばれる。ミルクたっぷりの温かいコーヒー牛乳といった感じだが、バーではコーヒーカップではなく、グラスに注がれることが多い。

イタリアではコーヒーと牛乳を混ぜていればカフェ・ラッテであるが、イタリアのコーヒーは一般的にエスプレッソ形式で供されるため、カフェ・ラッテもエスプレッソ+牛乳の組合せとなる。日本でもエスプレッソ+牛乳を用いたものを「カフェ・ラッテ」または「カフェ・ラテ」と言い、ドリップ・コーヒー+牛乳を用いるカフェ・オ・レと区別している場合が多い。

スターバックスなどのアメリカ式のコーヒー店では、エスプレッソに単に温めた牛乳ではなくスチームミルク(蒸気で微細な気泡を加えながら温められたミルク)を加えたものが供される。これは、アメリカなどではイタリアのものと同様にCaffè Latteと表記されるが、発音は「カフェ・ラテ」に近い。日本ではこの発音を日本語に転写して、「カフェ・ラテ」と表記されることが多い。この種のものは、イタリアでは[要出典]カプチーノの一種であるウェット・カプチーノやセンツァ・スキューマと呼ばれる。

日本における呼び方[編集]

日本では、森永乳業1991年に「カフェラッテ」を商標登録している(商標登録第2334877号)。1996年に日本に進出したスターバックスに代表されるアメリカ式のカフェバーが浸透し始めるとともに、アメリカ式の発音の「カフェラテ」という表記も多く使用されるようになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]