インディアンコーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
泡立てられたインディアンコーヒー

インディアンコーヒー (英語Indian coffee) とは、インドにおけるコーヒーの飲みかたのひとつ。

インドはコーヒーの生産地であるコーヒーベルトの一部であり、生豆の総生産量は世界第7位で、南インドの冷涼な山地で主に国内消費用に生産されている。インドの飲み物といえばチャイラッシーが有名であるが、特に南インドにおいてはコーヒーが好まれる。

インディアンコーヒーはチャイと同様にミルク砂糖を多く使って少量のコーヒーを飲む。特徴的なのはその淹れかたで、金属の器をふたつ使って高い位置から注ぐことを繰り返し、泡立てることでまろやかな風味を楽しむ。

また、シナモンナツメグなどのスパイスを用いたマサラコーヒーもよく飲まれている。