アイリッシュ・コーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイリッシュ・コーヒー
Irish coffee.jpg
基本情報
ベース アイリッシュ・ウイスキー
副材料 コーヒー、砂糖、生クリーム
度数 18度[1]
茶褐色
詳細情報
作成技法 ビルド
備考 写真はアイリッシュ・コーヒーパフェのものである。
テンプレートを表示

アイリッシュ・コーヒー (Irish Coffee) とは、アイリッシュ・ウイスキーをベース(基酒)とするカクテルである。コーヒー砂糖生クリームの入った甘めのホットドリンク。主に寒い時期に好まれる。なお同じウイスキーでも、例えばスコッチ・ウイスキーをベースにしてしまうと、ゲーリック・コーヒーと名称が変わり、アイリッシュ・コーヒーではなくなってしまうので注意。

由来[編集]

アイルランドで旅客機の乗客のために1942年に創案されたカクテル。考案者は水上飛行場のパブのシェフであったジョー(ジョセフ)・シェリダン(Joseph Sheridan 1909-1962)。

第二次世界大戦前の1930年代パン・アメリカン航空によって飛行艇を使ったアメリカイギリス間の大西洋横断航空路が運行開始されたが、当時のプロペラ飛行艇は後年の旅客機と違って気密構造ではなく、暖房があまりよく効かなかった。そのうえ飛行できる距離も短く、経路の途中で燃料補給にアイルランド南西部の港町・フォインズ(Foynes)への寄港を強いられた。

飛行艇が水上で給油する間、乗客は安全のため陸上待機せねばならなかったが、港の天候が悪ければ飛行艇からパブのあるレストハウスにたどり着くまで更に凍える羽目になった。そこで燃料補給の待ち時間を利用して、乗客に体を温めて貰おう、という心遣いから、アイルランド名物のアイリッシュ・ウイスキーをベースとしたこの飲み物が考案されたという。

このカクテルはフォインズ近郊に1940年に開港し、戦後陸上機が主流となってからフォインズに代わる大西洋航空路の中継地となったシャノン空港でも提供され、当地の名物として大西洋横断航空路を利用する人々に知られるようになった。1952年にはサンフランシスコの「ブエナ・ビスタ・カフェ」にレシピが伝えられて飲まれるようになったことから、更にその存在が広まり、世界中で飲まれる温かいタイプのカクテル(ホットドリンク)の1つとなった。

現在、シャノン空港にはカクテル考案者のシェリダンを記念して「ジョー・シェリダン・カフェ」が設けられており、記念プレートも設置されている。ここでは無論アイリッシュ・コーヒーを注文することができる。

一般的な材料[編集]

作り方[編集]

  1. グラスにホット・コーヒーを注ぎ、角砂糖或いはブラウンシュガーを入れる。
  2. アイリッシュ・ウイスキーを注ぎ、ステアする。
  3. 生クリームをフロートさせ完成。

備考[編集]

  • マドラーを添える場合が多い。
  • ウイスキーを瓶からそのまま(棚などに保管されている温度のまま)注ぐと、温度が下がってしまうので注意する。エスプレッソマシン英語版があれば、事前にウイスキーをスチームで温めることが出来る。なければステア後に電子レンジで温め、その後に生クリームをフロートさせても良い。
  • バリエーションの節を見れば判るように、別の国のウィスキーを入れると別の名前のカクテルになってしまうため、アイリッシュ・コーヒーを作る場合のベースのウイスキーは、必ずアイルランド産のウイスキーを使わなければならない。

バリエーション[編集]

など

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 稲保幸 『色でひけるカクテル』 大泉書店2003年12月18日、125頁。ISBN 4-278-03752-X