コープス・リバイバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コープス・リバイバー (Corpse Reviver )は、ブランデーベースのカクテル。 また、No.2はジンベースのカクテル、No.3とNo.4もブランデーベースのカクテル。 カクテル名の Corpseは「死体」の事で、「死者を蘇らせる」という意味。

由来[編集]

No.1の作者はリッツ・バー (the Ritz Bar) のフランク・メイヤー (Frank Meier、1920年代、パリ)。 No.2の作者はサボイ・ホテル (Savoy Hotel) にあるアメリカン・バー (the American Bar) のハリー・クラドック(Harry Craddock、1920年代、ロンドン)。 No.3の作者はNo.2と同じアメリカン・バーのジョニー・ジョンソン(Johnny Johnson、ロンドン)。

標準的なレシピ[編集]

No.2のレシピ

- リレ・ブランはボルドー産の白ワインを使った、フランスにあるリレ社のフレーバード・ワイン

No.3のレシピ

- フェルネット・ブランカは27種のハーブから作られた、ミラノにあるブランカ社のビターズ
- クレーム・ド・ミントはペパーミントスペアミントリキュール

No.4のレシピ

作り方[編集]

  1. ステアする。
  2. カクテルグラスに注ぐ。
  3. レモン・ピールを絞る。

No.2の作り方

  1. シェークする。
  2. カクテルグラスに注ぐ。

No.3の作り方

  1. ステアする。
  2. カクテルグラスに注ぐ。

No.4の作り方

  1. シャンパンを残してシェークする。
  2. サワーグラスに注ぐ。
  3. 冷やしたシャンパンで満たす。
  4. レモン・スライスをかざる。

備考[編集]

リバイバーは迎え酒の事を指し、同じ種類のカクテルにピック・ミィ・アップアイ・オープナー等がある。 『The Savoy Cocktail Book』 (1930) では『午前11時前に飲めば、必要な強さとエネルギーがすぐに』という意味の説明文が付けられているようだ。 また、ハリー・クラドックは『立て続けのコープス・リバイバー4杯は、死体を再び殺すだろうね』と補足したらしい。

参考[編集]

文献[編集]

  • 社団法人日本バーテンダー協会編著 『ザ・カクテルブック』発行:株式会社柴田書店 1991年12月10日初版 ( ISBN 4-388-05666-9 )

外部リンク[編集]