グレナデン・シロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラスに入ったグレナデン・シロップ
市販されている瓶詰めグレナデン・シロップ

グレナデン・シロップ (フランス語: grenadine + オランダ語: siroop) は、ザクロ果汁砂糖からなるノン・アルコールの赤いシロップ。赤い色はザクロに由来する。最近のものは、ザクロは含まれておらず、木いちご、カシスやエルダーフラワーなどの果汁ならびに香料と砂糖によって作られたシロップをさす。カクテルの材料として、味を深めるために、また、色合いに赤味を加えるために使われる。例えばボヘミアン・ドリームなどは、グレナデン・シロップの赤が前面に出ている。

なお、日本では“グレナデンシロップ=ザクロのシロップ”と考えられているが、欧米では複数のベリー系フルーツをミックスしたシロップの事を言う。 ザクロのシロップは、モナン社であればグレナデンシロップとは別に『ポムグレナート・シロップ』がある。

名称[編集]

語源である grenadine(グルナディンヌ)はフランス語grenade(グルナド、ザクロ)の指小形で、「ザクロのシロップ」を意味する。英語での発音はグレナディーン。グレナデン・シロップはシロップであることを二重に形容した和製語である。

なお、「Oldesloer Grenadin」(オルデスローエ・グレナディン)という、ザクロのリキュール(グレナデン・リキュール)もあるが、これはグレナデン・シロップとは別物である。こちらもカクテルの材料として使用されることがあるため、きちんと区別しなければならない。

保存[編集]

基本的には高温を避けて、涼しい場所に保管すれば良い。ただし、冷蔵庫の中のような低温に曝してしまうと、シロップ中の糖分が結晶化してしまうなどの問題が発生するため、そのような低温となる場所には保管しないことが望ましい。また、一度開栓するとカビが発生する可能性があるので、開栓後は早めに使い切ってしまう必要がある。なお、カビの発生などを防止するために、1割ほどウォッカを加えてしまう方法もある。しかし、ウォッカを添加した場合、ノンアルコールカクテルには使用できなくなってしまうという問題が発生するし、わずかではあるが他のカクテルのアルコール度数も上げてしまう[1]

出典[編集]

  1. ^ Maria Costantino著 今井由美子 訳 『ホームカクテル』 p.13 産調出版 2005年12月10日発行 ISBN 4-88282-453-1(この節全て)

外部リンク[編集]