ノンアルコールカクテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノンアルコールカクテルとは、アルコール分が含まれないカクテルのこと。清涼飲料水としてのノンアルコールカクテルは、実際には1%未満のアルコール分を含むものもある。 生まれつきアルコールが弱い人や、個人の事情により飲めない環境下にある人を中心に様々なシーンで飲まれている。

一般的なノンアルコールカクテル[編集]

酒に弱い人、酒を飲まない人のために、カクテルと同じ手法を使って作られる飲み物。

既存のカクテルのレシピからアルコールを抜き、炭酸水トニックウォーターなどに替えたものを「バージン○○」(○○は元のカクテル名にちなむ)と称することがある。

種類[編集]

など。

清涼飲料水としてのノンアルコールカクテル[編集]

カクテル風味飲料とも呼ばれる。炭酸飲料に苦味をつけてカクテル風味にしたり、現存しているカクテルのアルコール分を極端に少なくした飲料である。ジュースと区別するため、苦味を強調しているものが多い。

商品[編集]

現在[編集]

過去[編集]

参照[編集]