アクアビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『リニエ』

アクアビット (/: Akvavit, : Akevitt, : Aquavit) とは、ジャガイモを主原料とした蒸留酒である。デンマークスウェーデンノルウェードイツで製造されている。

歴史[編集]

15世紀の『ストックホルム市財政報告書』にアクアビットに関する記録が見られ、これが現存する最古のアクアビットの記録といわれている。これによれば、当時のアクアビットはヨーロッパ大陸から輸入したワイン蒸留して製造していたとあり、現代では一般にブランデーとよばれるものであったと想像できる。その後、16世紀末に穀物が使われるようになり、18世紀には新大陸産のジャガイモが主な原料となって、現代と同様のアクアビットが生産されるようになった。

なお、北欧にジャガイモが輸入されたのは、1756年ドイツで起こった七年戦争後であると言われる。戦争によってジャガイモが流入したことから、スウェーデンでは七年戦争は「ジャガイモ戦争」とも呼ばれている。恐らく、この戦争以後にジャガイモが主原料のアクアビットが北欧で主流になったと思われる。

アクアビットの語源は、ラテン語Aqua Vitae (命の水、アクアウィータエ)であり、ゲール語の「ウイスキー」、ロシア語の「ウォッカ」と同じ意味である。

製法[編集]

ジャガイモを酵素麦芽糖化した後に発酵させ、蒸留する。これにキャラウェイフェンネルアニスなどの香草で風味を付け、さらに蒸留する。この後、多くの銘柄は樽熟成をさせずに製品化されるため、無色透明のいわゆるホワイトスピリッツに仕上がる。ただし、ノルウェーのリニエ (Linie) など、まれに樽熟成させる銘柄もあり、したがって、こちらには色が付いている。

主要銘柄[編集]

デンマークで生産される銘柄

スウェーデンで生産される銘柄

ノルウェーで生産される銘柄

ドイツで生産される銘柄

アクアビットを使ったカクテル[編集]