ブラッディ・マリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラッディ・マリー
BloodyMary.jpg
基本情報
種別 ロングドリンク
ベース ウォッカ
副材料 トマト・ジュース
度数 12度[1] - 20度[2]
赤色
詳細情報
作成技法 ビルド
装飾材料 カット・レモン
グラス タンブラー
テンプレートを表示
野菜スティックなどを添えたブラッディ・マリー

ブラッディ・マリー (Bloody Mary) とは、ウォッカをベースとする、トマト・ジュースを用いたカクテルである。ウォッカベースであるため、アルコール度数の調整も容易 [注釈 1] 。 バリエーションも多い。「ブラッディ・メアリー」と呼ばれる場合もある。

由来[編集]

16世紀のイングランド女王、メアリー1世の異名に由来するといわれている。メアリーは即位後300人にも及ぶプロテスタントを処刑したことから、「血まみれのメアリー」(Bloody Mary) と呼ばれて恐れられていた。

ただし異説として、禁酒時代に飲まれていたといわれるブラッディ・サム(こちらはジンベース、他は同じ)に対して名付けられたとも、また、たちの悪いジョークで女性に対して「Are you Mary?」(隠語で、「おまえは生理か?」)ということからの連想ともいわれるが、これらが悪名高い「血まみれのメアリー」を下敷きにしたものであることに変わりはない。[要出典]

標準的なレシピ[編集]

作り方[編集]

  • を入れたタンブラーにウォッカを注ぎ、トマト・ジュースで満たす。
  • 三日月形にカットしたレモンを飾り、最後にマドラーを添える

備考[編集]

  • セロリをはじめとした野菜スティック等を添えたり、ウスターソース食塩コショウタバスコなどを添える場合もある[3]
  • 味の調節のしやすいカクテルであり、自分なりのアレンジが可能。自分好みに合ったブラッディ・マリーに出会うため、バーテンダーにお勧めのトッピングを聞くなどして、試行錯誤すると良い。

バリエーション[編集]

  • ベースをジンに変えると「ブラッディ・サム」、テキーラに変えると「ストロー・ハット」、ビールに変えると「レッド・アイ」、アクアヴィットに変えると「デニッシュ・マリー」、ウォッカを抜くと「バージン・マリー」というカクテルになる。
  • また、トマト・ジュースをハマグリやアサリのエキスが入ったクラマトにすると、ブラッディ・シーザーというカクテルになる。
  • ブラッディ・マリーを作り、それをビールで割ると、「レッド・バード」というカクテルになる。
  • グラスに注いだ適量のウォッカに、クラム・ジュース(ハマグリの汁、缶詰にされて市販されているもので良い)を満たしたカクテル(分量の詳細不明)を、「ブラッドレス・マリー(ブラッドレス・メアリー)」と呼ぶ[4]。なお、ブラッドレス・マリーは、「血抜きのマリー」と解釈されることもあるが、「冷血なマリー」などと解釈されることもあり、どのように解釈するかについては諸説が存在する。なお別名称としてブラッドレス・シーザーと呼ばれることもある。

その他の情報[編集]

  • 「マリー」か「メアリー」かは文献、バーテンダーによって表記や呼び方が違うことがある。また、「ブラッディ」の部分は「血まみれ」や「血みどろ」と訳されることがある。
  • イギリスでは二日酔い時の迎え酒としても知られている。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ウォッカは一般的に風味が強くない(エタノールに任意の割合で加水を行ったのに近い)酒なので、 ウォッカを増減しても、味や香りは、あまり変わらないため。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ YYT project 編 『おうちでカクテル』p.65 池田書店 2007年2月20日発行 ISBN 978-4-262-12918-1
  2. ^ 稲 保幸 著 『色でひけるカクテル』p.32 大泉書店 2003年12月18日発行 ISBN 4-278-03752-X
  3. ^ 上田 和男 監修 『カクテル・ブック』 西東社 1988年12月30日発行 ISBN 4-7916-0926-3
  4. ^ 堀井 浩一 『つくる・飲む・楽しむ カクテール』 p.201 文研出版 1986年4月5日発行 ISBN 4-580-90230-0