ピニャ・コラーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピニャ・コラーダ
Piña Colada.jpg
基本情報
種別 ロングドリンク
ベース ホワイト・ラム
副材料 パイナップル・ジュース、ココナッツミルク
度数 8度以下
黄白色
詳細情報
作成技法 シェーク
装飾材料 パイナップル、レッド・チェリーを飾り、ストローを添える。
グラス ロックグラス
テンプレートを表示

ピニャ・コラーダ(Piña Colada)はカクテルの1種。ラムベースに、パイナップルジュースココナッツミルクを砕いたと一緒にシェイクして作るロングドリンク。黄白色で甘みが強い。

Piña Coladaは、スペイン語で「うらごししたパイナップル」の意味。材料として、パイナップルの果肉をよくすりつぶし、裏漉ししたジュースを材料とすることに由来する。

アメリカと日本での扱い[編集]

ピニャ・コラーダは、1970年代にマイアミニューヨークで流行した。フローズン・スタイルに仕上げることもあり、1970年代に、マイアミやニューヨークでは、フローズン・スタイルにしたピニャ・コラーダを、アイスクリーム用のコーンに入れて食べることも流行した。対して日本では、ココナッツ・ミルクが日本でも比較的簡単に手に入るようになった1980年頃よりも前は、幻のカクテルと呼ばれていた [1]。 なお、ピニャ・コラーダのバリエーションである「チチ」も、フローズン・スタイルに仕上げることもある [2]

背景[編集]

標準的なレシピ[編集]

  • ライト・ラム : 30ml
  • ココナッツ・ミルク : 45ml
  • パイナップル・ジュース : 80ml

以上の材料を(やや大きめの氷)シェイカーに入れ、シェイクしたら、クラッシュド・アイスを入れたグラスに注ぐ。なお、グラスの縁にはパイナップルを飾る。 ココナッツ・ミルクを用意できない場合、ラムとココナッツ・ミルクの代わりにマリブを用いることもある。

バリエーション[編集]

  • ダークとホワイトの2種類のラムをベースとして使用した場合は、「バイア」(Bahia)
  • ラムを使用せず、エタノールを含まないものは「ヴァージン・ピニャ・コラーダ」(Virgin Piña Colada)
    • ヴァージン・ピニャ・コラーダは、片仮名の場合「ヴァージン・ピニャ・カラーダ」と表記されることもある。
    • ヴァージン・ピニャ・コラーダは、「ヴァージン・コラーダ」または「ヴァージン・カラーダ」と略されることもある。
  • ラムの代わりにウォッカを使ったものは「チチ」(Chi Chi)
  • なお、「チチ」のウォッカ抜きと考えて、「ヴァージン・ピニャ・コラーダ」は、「ヴァージン・チチ」(Vergin Chi-Chi) とも言われる。

カラー・ピニャ・コラーダ[編集]

他に、クレーム・ド・カシスカルーア等が用いられる場合もある。

脚注[編集]

  1. ^ 澤井 慶明 監修 『カクテルの事典』 p.42 成美堂出版 1996年12月20日発行 ISBN 4-415-08348-X
  2. ^ 澤井 慶明 監修 『カクテルの事典』 p.124 成美堂出版 1996年12月20日発行 ISBN 4-415-08348-X

関連項目[編集]