ヴェスパー (カクテル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェスパー・マティーニ

ヴェスパー (Vesper) あるいはヴェスパー・マティーニ (Vesper Martini) は、ジンをベースとするカクテル。ジンとウォッカ、それにキナ・リレ(Kina Lillet、現名: リレ・ブラン)とを入れ、シェイクして作るカクテルの名称。マティーニの一種である。小説『007 カジノ・ロワイヤル』でイアン・フレミングが考案し、2006年に公開された同名の映画でも原作を再現する形で登場した。

概要[編集]

名称は、小説家イアン・フレミングジェームズ・ボンド連作小説中、第一作目の『007 カジノ・ロワイヤル』(1953年)に由来し、ジェイムズ・ボンド恋人役(ボンドガール)として登場するヴェスパー・リンドの名前から付けられた。

一般的なマティーニは、ジンとベルモットに氷を入れてバースプーンでステアし、オリーブの実を添え、場合によってはレモンを飾るが、原作中のヴェスパーは、イギリス産ゴードンズのジンと、ロシア産(またはポーランド産)ウォッカの両方を入れ、ベルモットの代わりにフランス南西部ボルドーアペリティフワインのキナ・リレ[1]を、またオリーブの実の代わりにレモンの皮を入れるのが特徴。

原作でボンドはレシピを細かく指定して注文したあと、フェリックス・ライターが、ジャガイモから作ったウォッカを用いるよりも、穀物のウォッカを使った方がおいしくなり、またロシア産、あるいはポーランド産ウォッカがよいとボンドに提言した[2]

なお、現在キナ・リレは製造されておらず、通常は代わりにリレ社 (fr:Lillet) [3]の後継銘柄、リレ・ブラン[4]を用いる。日本国内ではサントリーがリレ・ブランを代理販売していたが[5]、2005年に取り扱い中止となった。ただし並行輸入などで小規模ながら流通はあるので2014年現在でも入手は可能である。

小説や映画で人気が出たため、現在ではマティーニの定番の一つとなっているが、ボンドはこれ以外にさまざまなマティーニを注文しているため、ヴェスパーのみが「ボンド・マティーニ」というわけではない[6]。たとえばボンドの有名な台詞(せりふ) "Vodka Martini. Shaken, not stirred". (「ウォッカ・マティーニを。ステアせずにシェィクで」)は[7]、ヴェスパーとは別物を指す[8]。2006年に公開された映画『007 カジノ・ロワイヤル』の人気でリレ・ブランに注文が殺到して品薄となり、入手が困難となっているという話もささやかれている[9]

作家の東理夫[10]、によれば、「いいバーで作ってもらうと、確かにうまい」と賞賛、「シェイクすると口当たりがソフトで洗練された味になる」と評価し、ソ連が対立する冷戦時代に、もしかしたら原作の小説家フレミングが「世界平和の願いをこめ」て発案したのかもしれない、と推理している[11]

レシピ[編集]

概要[編集]

  • ドライ・ジン = 90ml
  • ウォッカ = 30ml
  • キナ・リレ (リレ・ブラン) = 15ml
  • レモン果皮 (飾り用)

詳細[編集]

原作『007 カジノ・ロワイヤル』では、ゴードンズのジンを3オンス[12]、ウォッカを一オンス、キナ・リレ半オンスに氷を加え、単に混ぜるだけではなく、氷で冷たくなるまでよくシェイクし、大きめに薄く削いだレモンの皮を入れる。

一般的な作り方は上述したように、キナ・リレの代わりにリレ・ブランを用いてシェイクし、深めのシャンパン・グラスに注ぎ、ラセン状に剥(む)いたレモンの皮を入れる[13][14]

リレ・ブランを製造するリレ社は、従業員七名という小さな会社である(2006年12月現在)[15]ため、出荷量に限度があり、入手できない場合はベルモットで代用せざるを得ないが、当然、味わいは異なる。また、キナ・リレを用いたヴェスパーの苦みを再現する試みとして、リレ・ブランを用いてキニーネ粉末を加えるレシピもある[16]

関連項目[編集]

文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The James Bond Dossier: Kina Lillet [1]。ラベルの絵が見られる。
  2. ^ en:Shaken, not stirred (Revision as of 00:54, 11 January 2007 by Zanimum, UTC)
  3. ^ Lillet, l’apéritif de Bordeaux [2]: リレ社公式サイト。
  4. ^ カクテルタイプ - カクテルレシピサイト -: 「カクテルタイプ リレ・ブラン」[3](リレ・ブランの簡単な説明と、リンク先にリレ・ブランを使ったレシピがあり、その中にヴェスパーが「ジェームス・ボンド・マティーニ (James Bond Martini)」と表示されて出てくる [4]
  5. ^ サントリー: ニュースリリース「パリやニューヨークの一流レストランで人気の アペリティフワイン『リレ』新発売」 [5](1999年3月23日)は、サントリーが同年4月7日から全国でリレ・ブランを扱っていることを示す。
  6. ^ たとえばブログ『R ’s Bar『癒し系バーの威圧系バーテンダーのつぶやき』』: スミノフ ×007 Casino Royale Campaign [6](2006年11月11日)は、ヴェスパー以外のボンド・マティーニについてもレシピを紹介しているが、ヴェスパーの素材や混合の割合は原作と異なっている。また、ヴェスパーのみが「ボンド・マティーニ」だとする誤解も少なくない。(MI6.co.uk: Drink Like 007 [7])
  7. ^ Vodka Martini, Shaken, Not Stirred - YouTube(投稿日: 2008年3月16日)
  8. ^ Make mine a 007 ...: Recipes [8]。このページは、ヴェスパーを筆頭に『007 ドクター・ノオ』のウォッカ・マティーニのレシピをはじめボンドシリーズで出てくるカクテルレシピを紹介している。たとえば、ウォッカ・マティーニのレシピは、ウォッカを2、ドライ・ベルモット半分をシェイクしたものをマティーニグラスに注ぎレモンの皮を添える。
  9. ^ ブログ『パーテンダー日記』(ONE矢野): 「ボンド・マティーニ」 [9](2006年12月15日)。バーテンダーのブログ筆者が、日本への入荷困難の状況を嘆いている。
  10. ^ 東理夫は、音楽評論、ミステリー評論を経てミステリー作家、エッセイスト、翻訳家として活躍し、美食や酒にこだわる作家として著名。特にカクテルやウイスキーに造詣が深い。Water web サントリー: 「東理夫さん 水を語る」 [10]
  11. ^ 日本経済新聞』土曜夕刊に東理夫が連載中の、酒にまつわるエッセイ『グラスの縁から』「ヴェスパー・マティーニ 世界平和を願って」で、イギリス産のゴードンズ、フランス産のキナ・リレ、ソ連産のウォッカ、米国産のレモンを混合するカクテル、というところから着想した推理となっている(2007年1月6日付夕刊)[11]
  12. ^ ブログ『鵜の目、鷹の目』「まだまだ終わらぬ今年」 [12](2006/12/16 21:24)の、二つ目のコメントにオンス表記の説明あり。
  13. ^ en:Vesper (cocktail) (Revision as of 12:34, 13 January 2007 by Hotspur23, UTC)
  14. ^ The Canberra Review: Vesper [13] ジンの銘柄にゴードンズではなくマーティンミラーズ [14] を用いた例。ベルモットを用いたマティーニを引き合いに出し、カクテルグラス入りヴェスパーを写真を付けてレビュー。
  15. ^ AFP BB News - BETA -: 「『カジノ・ロワイヤル』、仏リキュール産業復活を後押し - フランス」 [15](2006年12月10日)。カクテルブームを背景に、映画のヒットによってヴェスパー人気の上昇を報じている。リレ社の簡単な紹介と、同社社長 Bruno Borie の喜ぶ声を紹介している。
  16. ^ Extratasty - The Vesper by Rophi - Ingredients [16]。キナ・リレからリレ・ブランへの変遷と、キニーネ含有量の変化、キナ・リレを再現するキニーネ粉末の量を記述。
  17. ^ 東京創元社: 『007/カジノ・ロワイヤル』(イアン・フレミング)[17]。原作宣伝のページだが、ネタバレにならないよう原作と映画『カジノ・ロワイヤル』の特徴を述べ、原作読者に対する見どころを簡潔に解説。ヴェスパーを注文するシーンは原作と映画とではまったく異なるが、ヴェスパー注文の台詞(せりふ)は、映画が忠実に再現している。解説中にヴェスパーは出てこないが、映画が原作のディテールと一致させたと記述している。

外部リンク[編集]