キューバ・リブレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キューバ・リブレ
Cuba Libre.jpg
基本情報
種別 ロングドリンク
ベース ラム
副材料 ライム・ジュース、コーラ
度数 12度[1] - 13度[2]
黒褐色透明
詳細情報
作成技法 ビルド
テンプレートを表示

キューバ・リブレ(Cuba libre)とは、冷たいタイプのロングドリンクに分類される、ラムをベースとするカクテルの1つである。日本では英語スペイン語が混ざって「キューバ・リブレ」と呼ばれることもある他、英語風に「キューバ・リバー」、スペイン語風に「クーバ・リブレ」または「クバ・リブレ」と呼ばれることもある。本稿では、以降キューバ・リブレの表記を用いる。

歴史[編集]

第二次キューバ独立戦争の合言葉として使われた「Viva Cuba Libre(キューバの自由万歳)」にちなんで作られたカクテル。1898年4月に始まった米西戦争においてアメリカが勝利し、キューバがスペインから独立して1つの国家としての歴史をスタートする。その独立を祝う為に生まれたカクテルがまさしくキューバ・リブレであった。

1898年8月、キューバ独立を助けた1人のアメリカ人将校ハバナのバーで、キューバにアメリカ兵と共にやって来た人気のドリンク、コカ・コーラと、当時の地元で最も人気の酒、バカルディ社のゴールド・ラムをミックスする事を思い付く。そして、その他のアメリカ人将兵が次々にこのドリンクをオーダーし、“キューバの自由”(Cuba Libre) の為に乾杯し、「キューバ・リブレ」と雄叫びを上げたのがこのカクテル誕生の由来と言われる。

以来、20世紀に入り現在に至るまで、有名なロングドリンクの一つとして世界中で飲用されている。

標準的なレシピ[編集]

  • ラム = 45ml
  • ライム・ジュース = 10ml
  • コーラ = 適量

作り方[編集]

  1. 氷を入れたタンブラー(容量240〜300ml程度)に、ラムを注ぐ。
  2. ライム・ジュースを注ぐ。
  3. コーラを注ぎ、軽くステアする。

備考[編集]

  • カクテル完成時のアルコール度数の調節などのため、しばしばラムは増減される。
  • ステアを行う際、コーラの炭酸を逃がさないように注意を払う必要がある。
  • ラムが一番先にグラスに注がれるのは、比重の関係で自動的に混ざるからという理由もある。
  • 写真のように、グラスにライムが飾られる場合もある。

似たカクテル[編集]

キューバ・リブレのことを、単に「ラム・コーク」や「ラム・コーラ」と呼ぶこともある。また、キューバ・リブレとラム・コーラとの差はライム・ジュースが入っているかいないかであるとする人もいるが、中南米ではライム・ジュースが入らないものもキューバ・リブレとしてよく飲まれている。なおキューバ・リブレに使用されるコーラは特に指定されていないし、ラム・コーラの場合も同様であるが、「コーク」はコカ・コーラの愛称なので、「ラム・コーク」に使用するコーラはコカ・コーラでなければいけないという人もいる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ YYT project 編 『おうちでカクテル』p.66 池田書店 2007年2月20日発行 ISBN 978-4-262-12918-1
  2. ^ 稲 保幸 著 『色でひけるカクテル』p.108 大泉書店 2003年12月18日発行 ISBN 4-278-03752-X