コカ・コーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コカ・コーラ
Coca-Cola logo.svg
種類 コーラ
製造元 ザ コカ・コーラ カンパニー
発祥国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売開始 1886年
カラメル E-150d
関連商品 ペプシコーラ
ロイヤルクラウン・コーラ
ザムザム・コーラ
ヴァージン・コーラ
アフリ・コーラ
他多数
アメリカで販売されている様々なサイズのコカ・コーラ
World of Coca-Cola
アメリカ合衆国 コカ・コーラのバン
シボレー・アストロ
Carbonated beverage, cola, contains caffeine (1)
100 g (3.5 oz)   あたりの栄養価
エネルギー 157 kJ (38 kcal)
炭水化物 9.56 g
- 糖分 8.97 g
- 食物繊維 0 g
脂肪 0.02 g
- 飽和脂肪酸 0 g
- 一価不飽和脂肪酸 0 g
- 多価不飽和脂肪酸 0 g
タンパク質 0.07 g
水分 90.31 g
アルコール 0 g
ビタミンA相当量 0 μg (0%)
- βカロテン 0 μg (0%)
- ルテインおよび
-   ゼアキサンチン
0 μg
チアミン (B1) 0 mg (0%)
リボフラビン (B2) 0 mg (0%)
ナイアシン (B3) 0 mg (0%)
パントテン酸 (B5) 0 mg (0%)
ビタミンB6 0 mg (0%)
葉酸 (B9) 0 μg (0%)
ビタミンB12 0 μg (0%)
コリン 0.3 mg (0%)
ビタミンC 0 mg (0%)
ビタミンD 0 IU (0%)
ビタミンE 0 mg (0%)
ビタミンK 0 μg (0%)
カルシウム 2 mg (0%)
鉄分 0.11 mg (1%)
マグネシウム 0 mg (0%)
マンガン 0.002 mg (0%)
セレン 0.1 μg (0%)
リン 10 mg (1%)
カリウム 2 mg (0%)
塩分 4 mg (0%)
亜鉛 0.02 mg (0%)
カフェイン 8 mg
 %はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

コカ・コーラ (Coca-Cola) は、ザ コカ・コーラ カンパニーが製造販売するコーラ名称である。別称、コーク (Coke)。ともに商標登録されている(日本の商標登録番号はそれぞれ第106633号、第421178号)。

概略[編集]

コカ・コーラの発明者 ジョン・ペンバートン

19世紀アメリカ合衆国で発明された世界初のコーラ飲料とされる[1]ジョージア州アトランタ発祥。現在も本社はアトランタにあり、同地にある「World of Coca-Cola」という博物館には多くの観光客が訪れる。博物館では世界各国のコカ・コーラの味を比較できる。

コカ・コーラの名称の由来は、コカの葉(成分としてコカインを含む)とコーラの実(当時はほぼアフリカ産)を原材料に使っていたことによる。法律で禁止されるまでは、微量ではあるがコカイン成分は実際に入っていた。ジョン・ペンバートン博士の友人で経理担当のフランク・ロビンソンが命名した。ただし、どちらも現在のコカ・コーラの主成分ではなく、コーラの実も他のコーラ飲料と同様に風味にほとんど影響を与えない微量である[2]

歴史[編集]

コカ・コーラの製造[編集]

ザ コカ・コーラ カンパニーで調製されたコーラの原液が世界各地のボトリング会社に流通し[3]、現地各社によってコーンシロップ砂糖などで薄められ、さらに炭酸水で割られて、瓶詰め・缶詰めされ販売される。

材料

コカ・コーラの風味はトップシークレットの香料7x柑橘系およびスパイス系のフレーバー7 - 8種類程度の配合によるものと言われる。このうち7xの成分はコカ・コーラ社のトップシークレットであり、成分を知っているのは最高幹部のみである。

7xはレモンオレンジナツメグシナモンネロリコリアンダー、そして脱コカイン処理されたコカの7種(またはコカの葉がない6種)をアルコールで抽出したものだと言われている。この7xとその他のフレーバーの配合レシピのことを「フォーミュラ」と呼ぶ(後述)。

レシピ(フォーミュラ)

コカ・コーラ社のフォーミュラは非公開であり、フォーミュラについての文書は1919年からアトランタの某銀行の金庫に融資の担保として厳重に保管されていた。 その後、1984年カンザス計画によって1度だけフォーミュラが変更されたが、抗議運動により3か月で元に戻されて以降は変更されていないとされている(コカインとカフェイン量を除く)。

このため、その成分や内容については真偽不明の情報がしばしば出回っており、後述のコークロアの元となった。このフォーミュラを基にしてオープンコーラという製品が作られたが、それでもコカ・コーラの味や香りを完全に再現することはできなかった。

2011年2月、アメリカのラジオ番組This American Lifeが、コカ・コーラ社の最高機密とされる香料「7x」の調合割合を発見したと公表した[3]。同番組のプロデューサーが発見したザ コカ・コーラ カンパニーの地元紙The Atlanta Journal-Constitution1979年2月8日付けの記事には、コカ・コーラの発明者ジョン・ペンバートンが手書きしたレシピとされる写真が添えられていた[4]。写真から読み取れるレシピは、以下の通りである[3]

これに対しザ コカ・コーラ カンパニーは「アトランタの銀行の金庫に保管されている本物のレシピと、写真のレシピは異なる」とコメントし、このレシピの真実性を否定した[5]

2011年12月、創業125周年記念事業の一環として、アトランタに作ったコカコーラの博物館・「ワールド・オブ・コカ・コーラ」の一角に金庫的な保管施設を造り、アトランタの某銀行からフォーミュラを取り戻してこちらに移した。フォーミュラは公開されていないが、この施設は一般人でも見学することが可能になっている[6]

カラメル色素製造方法調整

2012年3月、カラメル色素に含有される4-メチルイミダゾールが、米国カリフォルニア州法の発がん性物質リストに摂取上限値29µg/dayとして追加収録されるも、コーラ類飲料には355ml缶1本に100µg超の含有が認められ、リスク警告表示回避のためにレシピが変更[7][8]される。米国飲料協会は4-メチルイミダゾールがFDAのヒト発がん性物質リストに収載されていない、旨の声明[9]を発表する。WHOの研究[10]では、発がんリスクありとの報告がある。

コカ・コーラに関する都市伝説[編集]

謎を抱えたままと大衆に迎合されたコカ・コーラは、その謎に関する都市伝説も数多く生んだ。民間伝承(フォークロア)とひっかけて、コカ・コーラに関する都市伝説は諧謔的にコークロアと呼ばれている(ブルンヴァン等)。

多くの都市伝説同様、コークロアもそのほとんどが部分的に真実を含んでおり、それを元に誇張されているのが特徴である。以下、代表的なコークロアを解説する。

コカ・コーラの瓶は女性のボディーラインを参考にした[編集]

瓶 1971年型シボレー・コルベット LT1
1971年型シボレー・コルベット LT1

コカ・コーラの独特の「くびれ」のある(コンツアー・ボトル)は、女性のボディーライン、または、この当時流行したスカートを参考にデザインされたものと言われているが、この話は事実ではない。

この特徴的な形状の瓶にした理由は、暗闇で触ってもすぐにコカ・コーラとわかるようにするためと、当時無数のコカ・コーラの偽物が出回ったので類似品対策として複雑な形の瓶にしたためである。

アメリカン・スポーツカーのひとつ、シボレー・コルベットの3代目(1970年代)モデルは、大胆に膨らんだ前後フェンダーとくびれたように見えるボディ中央部がコーラのビンを連想させたことからコークボトルというニックネームがある。

また、自動車レースフォーミュラ1のレーシングカーは、空気抵抗を減らすために後輪周辺のボディの形状がちょうどコーラのビンを連想させる絞り込まれた形であるため、これもまたコークボトルと称される。レーシングカー・デザイナー、ジョン・バーナード1983年マクラーレンMP4/1で採用すると、またたく間にその形状は他のチームにコピーされ、現代においてはすべてのフォーミュラ1レーシングカーはコークボトル形状である。

ちなみに、ヴァージン・コーラのペットボトルのデザインは、女優パメラ・アンダーソンのボディラインを模して作られている。

コカ・コーラには辛口と甘口がある[編集]

コカ・コーラのガラス製瓶には、側面下部に四角型または丸型のへこみが刻印されていた。刻印が四角型の瓶は炭酸の強い「辛口」であり、刻印が丸形の瓶は炭酸の弱い「甘口」であるとする都市伝説がかつて存在した。

実際には、瓶の製造工場ごとに異なる刻印がなされていただけであり、コカ・コーラはリターナブル瓶であったため、ボトラーによる回収再使用過程において、刻印の異なる瓶が混ぜられて出荷されたものであった。この刻印は瓶表面にコーラのデザインをプリントするときに瓶成形金型の割り痕の上にプリント部がこないように方向を規制するために使われていたものである。瓶製造メーカーの工場設備によって丸型・四角型のほうが固定しやすいといった違いがあったためである。ちなみに丸型が石塚硝子製、四角型が日本山村硝子製となっている。 また当然ながら、同じ商標・同じデザインのコーラの風味に(甘口・辛口と評されるような)大きな差異はない。

サンタクロースが赤い服を着ているのはコカ・コーラのCMが元祖[編集]

サンタクロースが描かれたコカ・コーラのトラック
サンタクロースの起源とされる聖ニコラウス(オランダにおけるシンタクラースの伝統的な装い)
『子供之友』1914年12月号に掲載されたサンタクロース

この都市伝説によれば、サンタクロースはもともとの伝承では緑の服を着ていたが、コカ・コーラ社がCM(看板)でコカ・コーラのシンボルカラーである赤い色の服を着たサンタクロースを登場させたため、赤い服のサンタクロースが広まったことになっている。

しかし、現在のサンタクロースのイメージの元となったとされる、ニューヨークの画家、トーマス・ナストが19世紀に描いた聖ニコラウス像において、ニコラウスは赤いマントを羽織っており、このマントが変化してサンタクロースの赤い服になったのだという[11]

また、1914年の日本の児童雑誌『子供之友』には、現代のサンタクロースと全く同じイメージの、大人の背丈で白髭に赤い服を着たサンタクロースが描かれている。さらに当時の輸出用クリスマス用品のサンタクロース人形もこの姿でもあった(当時の日本は、第一次世界大戦で疲弊した欧州に代わって、世界一のクリスマス用品生産国となっていた)。従って遠く日本にも伝わるほど定番となっていた赤い服のサンタクロースの姿を、1931年になってからコカ・コーラ社が広告に採用した、ということが事実である[12][13]

コカ・コーラは民主党、ペプシコーラは共和党[編集]

コカ・コーラ社は民主党と親しく、ペプシコーラ社は共和党と親しいため、「米大統領が代わると、ホワイトハウスのコーラも代わる」とする都市伝説があるが、現実には共和党出身の大統領だったドワイト・D・アイゼンハワーと親しかったりするなど共和党とも無縁ということはなく、あくまで噂の範囲を出ない。ちなみにコカ・コーラの筆頭株主であるバークシャー・ハサウェイ社を率いるウォーレン・バフェットは民主党支持者としても有名である。

コカ・コーラの成分[編集]

コカ・コーラ社は香料レシピを公開していないところから、それを知る人物は重役2名だけで1名が突然事故などに遭遇しても存続するために2人が同じ飛行機に搭乗しない[14]、という都市伝説が喧伝されている。原材料に血液が含まれると噂された時期は、ブタの食用を禁じるイスラム教徒への売り上げが激減[2]したという。

カンザス計画[編集]

コカ・コーラを飲むと骨が溶ける[編集]

発生時期などは不明であるが、1970年代から1980年代前半頃にはよく言われた話である。

このことについて、当時コカ・コーラ社ではパンフレットを作成し、「確かに魚の骨をつけておくと溶けてしまう」ことを認めた。だが、魚の骨は人間の骨と成分が違うこと、通常人に飲用されたコカ・コーラは消化器官を経由し、骨に触れるころには別な成分に変質しているため、コカ・コーラを飲み続けると、骨がもろくなったり、溶けることはないと説明していた。

日本におけるコカ・コーラのバリエーション[編集]

ダイエット コカ・コーラ(北海道限定缶・2002年5月撮影 2007年4月2日より「ノーカロリー コカ・コーラ」に名称変更)
コカコーラ・バニラの商品画像 (2013年)
コカコーラ・チェリーの商品画像 (2013年)

日本では、大正時代に輸入された。 以下の商品が販売されている(ただし、地域によって異なることがある)。なお、以前はパッケージに記載されていた販売者は「コカ・コーラ ナショナルビバレッジ(株)」[15]となっていたが、事業再編に伴って、2008年12月以降に発売された製品(改良品を含む)の販売者は「コカ・コーラ カスタマーマーケティング(株)」に変更されている。

現行[編集]

過去の商品[編集]

日本におけるこれまでのコカ・コーラCM[編集]

1968年のサーフィン編までは白黒で制作されていた。1968年のテレフォン編で初めてカラー化された。

品目・出演タレントなど[編集]

1962年
  • 「コカ・コーラの唄」フォー・コインズ(コーラスグループ)
    • 初めてのテレビCM「コカ・コーラ買ってきた(地球)」編からストップモーション・アニメーションによる「人形」編、実写による花火編、海編、山(バイキング料理)編があり、後述する1967年加山雄三が出演したスキー編、音楽編、船編などもフォー・コインズがバックグラウンドコーラスを挿入している。また、2006年には「ダイエットコーク」のCM(倖田來未が出演)においてこの曲のアレンジ版が使用された。
1964年
  • コカ・コーラ 井上順
    • 日本における初めてのコカ・コーラCMタレント
1967年
  • コカ・コーラ 加山雄三
1969年
1975年
1976年
1977年
1979年
  • コカ・コーラ(夏のキャンペーン) 沢田研二
1982年
1983年
1985年
  • コカ・コーラ BLACK CATS
1987年
1989年
1990年
1994年
1995年
  • コカ・コーラ (夏男・夏女) 鷲野由美
  • コカ・コーラ 星野真理
  • コカ・コーラライト シェリー
1997年
  • コカ・コーラ・ライト(電話)りょう
  • コカ・コーラライト(軽い気分)りょう
1998年
  • コカ・コーラライト(ドライブインシアター)りょう
  • コカ・コーラライト(髪を切る)りょう
  • コカ・コーラライト(気分のダイエット)りょう
  • コカ・コーラライト(観覧車)りょう
1999年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
  • コカ・コーラ(つながる瞬間にコカ・コーラ) BENNIE K
  • ダイエットコカ・コーラ 「私はゼロで行く編」 真山景子
2006年
2007年
  • コカ・コーラ 「ハピネスチョイス:からかわれてる? 告白されてる? 編」 芳賀優里亜
  • ノーカロリーコカ・コーラ リア・ディゾン
  • コカ・コーラ ゼロ YONJI
2008年

2008年7月にはエイベックスより1962年から1989年までのテレビコマーシャルを収録した『The Coca-cola TVCF Chronicles』(DVD)がリリースされている。これによれば1968年から1990年までマッキャンエリクソン広告代理店・1968年当時は博報堂との提携企業)の坂田耕がテレビCM制作にかかわっていた。

歴代のCMソング[編集]

曲名 歌手名 キャッチコピー 備考
1962年 コカ・コーラの唄 フォー・コインズ
1970年 新コカ・コーラの唄・新世界 デューク・エイセス&シンガーズ・スリー
ピンキーとキラーズ
Big New Life
新コカ・コーラの唄・新世界
コークスキー編
ザ・ワンダース&シンガーズ・スリー Big New Life
1971年 The Real Life 尾崎紀世彦
赤い鳥
The Real Life
1972年 コークの世界 西郷輝彦
愛するハーモニー ザ・ニュー・シーカーズ
1973年 うるおいの世界 朱里エイコ
布施明
1974年 うるおいの世界・広場編 森山良子
うるおいの世界・友達編
うるおいの世界・サイクリング編
かまやつひろし
うるおいの世界・街編
うるおいの世界・山小屋編
ビリー・バンバン
1977年 Come on in. Coke'77 トランザム
ハイ・ファイ・セット
『Come on in. Coke』
1978年 Come on in. Coke'78 トランザム
サーカス
『Come on in. Coke』
1979年 Come on in. Coke'79 トランザム
サーカス
山下達郎
郷ひろみ
『Come on in. Coke』
1980年 THIS IS A SONG FOR COCA-COLA 矢沢永吉
Come on in. Coke'80 サーカス
南佳孝
『Come on in. Coke』
1981年 Come on in. Coke'81 杉真理
SOAP
『Come on in. Coke』
1982年 YES MY LOVE −愛はいつも− 矢沢永吉 『Yes Coke Yes』
『コークが好きだ。矢沢永吉。』
1983年 Sing a Song 松山千春 『Yes Coke Yes』
『俺は、コークだ。松山千春』
夏色のナンシー 早見優 『Yes Coke Yes』
Brown Coke 渡辺貞夫+カシオペア 『Yes Coke Yes』
1984年 You're always There 原田真二&クライシス
楠木勇有行&EVE
『Yes Coke Yes』
1985年 素敵にダンシング (Coke Is It) SHOW-YA 『Coke Is It!』
1986年 太陽にPUMP! PUMP! EPO 『Coke Is It!』
1987年 I feel Coke'87 佐藤竹善 『I feel Coke』 井上大輔の楽曲
1988年 I feel Coke'88 上田正樹 『I feel Coke』
1989年 I feel Coke'89 中村耕一
佐藤竹善
J-WALK
『I feel Coke』
1991年 さわやかになるひととき 楠木勇有行 『さわやかになる、ひととき』
1993年 Lyric Logo 楠木勇有行 『Always Coca-Cola』
ふたりのオルケスタ 久保田利伸 『Always Coca-Cola』
1994年 BOY MEETS GIRL trf 『Always Coca-Cola』
1995年 情熱男・灼熱女(ナツオトコ・ナツオンナ) 永岡昌憲 『夏男。夏女。』
息子 奥田民生 『Always COKE』
1999年 still growin' up globe 『TOUCH THE globe LIVE 2000!篇』
ときめきのリズム 川村結花 『ココロが踊りだす。Live the Moment』
2001年 波乗りジョニー 桑田佳祐 『No Reason』
白い恋人達 桑田佳祐 『No Reason』
2002年 可愛いミーナ 桑田佳祐 『No Reason』
ROCK AND ROLL HERO 桑田佳祐 『No Reason』
影法師 桑田佳祐 『No Reason』
Hot Stuff Donna Summer ダイエットコカコーラ
2003年 永遠のBLOODS KinKi Kids 『No Reason』
ハダシの未来 『No Reason』
2004年 Falling In Love Aerosmith コカ・コーラ C2『よくばり篇』
2005年 Dreamland BENNIE K 『つながる瞬間に。』
2006年 コカ・コーラの唄(スカッとさわやか) クレイジーケンバンド
明石家さんま
KREVA × IBB
『Coke,Please!』
2007年 熱帯夜 RIP SLYME 『music on the Coke Side of Life
(Cokeのきいた音楽を)』
『Coke + iTunesキャンペーン』
2009年 WILD 安室奈美恵 『WILD HEALTH』 コカ・コーラ ゼロ『ワイルドトレーニング篇』
ZERO RIZE 『WILD HEALTH』 コカ・コーラ ゼロ『ワイルドボクササイズ篇』
2010年 Happy Lane Layla Lane 『Boy編』『Girl編』
Break It 安室奈美恵 『WILD HEALTH』 コカ・コーラ ゼロ
2011年 Wonder Woman 安室奈美恵 feat. AI&土屋アンナ 『WILD HEALTH』 コカ・コーラ ゼロ『WILD RACE篇』
ハピネス AI 『ハッピーをあけよう。』 『2011年 クリスマスキャンペーン』
2012年 Born to Be Wild FUZZY CONTROL 『WILD HEALTH』 コカ・コーラ ゼロ 原曲:Steppenwolf
2013年 Chasing The Sun The Canon Logic 『ハッピーをあけよう。』 『ミニフリスビー篇』 原曲:The Wanted
You are My Sunshine Stine J. 『ハッピーをあけよう。』 『OPEN SUMMER篇』
No Limit EXILE 『Zero Limit』 コカ・コーラ ゼロ『ZERO LIMIT篇』

なお1991年以前のCMソングは「コカ・コーラCMソング集 1962-89」(ジェネオンエンタテインメント、2005年)、「コカ・コーラCMソング集Super More」(ジェネオンエンタテインメント、2006年)という2枚のコンピレーション・アルバムにまとめられている。

キャッチコピー[編集]

ほとんどが日本国内で独自に考案されているが、英文コピーの中には本国アメリカでも高い評価を受けたものが多い。

  • 1962年-1969年 「スカッとさわやかコカ・コーラ」 - このコピー自体が商標登録されている(第1620406号)。
  • 1970年 「Big New Life」
  • 1971年-1972年 「The Real Life」
  • 1973年-1974年 「うるおいの世界」
  • 1976年-1980年 「Come on in Coke」
  • 1981年-1984年 「Yes Coke Yes」
  • 1985年-1986年 「Coke is it!」- ニュー・コーク発売の際に世界共通のキャッチコピーとして使用。
  • 1987年-1990年 「I feel Coke」
  • 1991年-1992年 「さわやかになるひととき。」
  • 1993年-1998年 「Always Coca-Cola」
  • 1999年 「Live the Moment」
  • 2000年 「Tsu・Na・Ga・Ru」
  • 2001年-2003年 「No Reason Coca-Cola」
  • 2004年 「Special Magic」
  • 2005年 「つながる瞬間(とき)に。Coca-Cola」(提供クレジット用のキャッチとしては「人と人をうるおすコカ・コーラ」)
  • 2006年 「Coke,please! - スカッとさわやかコカ・コーラ」
  • 2007年~ 「the Coke Side of Life(Cokeのきいた人生を)」 - 世界共通のコピーを使用。

(^^)検索[編集]

コカ・コーラのテレビCMの中で、CMの最後にインターネットの検索窓を模した枠のなかに「(^^)」と表示され、検索ボタンがクリックされる映像が含まれたものがある。これは、「(^^)」という文字を入力して検索するよう促しているものであった。

「Grand Theft Auto」酷似CM[編集]

2006年に、アメリカのコカ・コーラのCMでゲームソフト「Grand Theft Auto」(GTA) のゲーム画面にそっくりのCMが放映され、その動画がYouTubeにアップされることで日本でも視聴可能となった。CMの内容があまりにもGTAとかけ離れた平和的かつフレンドリーな描写になっており、視聴者の笑いを誘った。なお、一部のシーンにはGTA的な要素(クルマのドライバーを強制的に降ろすなど)も見受けられる。このCMは2007年から日本でも、コカ・コーラ公式サイトでアメリカ放映版がそのまま視聴できた他、テレビCMでは30秒に編集され「いい人のフリ? それとも、ホントにいい人?」編として放送された。

コカ・コーラが採用されている外食産業[編集]

かつて採用されていた外食産業[編集]

コカ・コーラが採用されている映画館[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『大事典desk』1983年講談社
  2. ^ a b ウィリアム・パウンドストーン「コカ・コーラの堅いガードをかいくぐる」『大秘密 噂・都市伝説・憶測の真相あばきます』田村義進訳、2001年ハヤカワ文庫、42 - 78頁。
  3. ^ a b c ナショナルジオグラフィックチャンネル (2011年2月15日). “世界の巨大工場3 コカ・コーラ (Coca-Cola)” (日本語). ナショナルジオグラフィックチャンネル. 2011年3月17日閲覧。
  4. ^ The Recipe” (英語). This American Life (2011年2月11日). 2011年2月16日閲覧。
  5. ^ “企業秘密のコカ・コーラのレシピ、流出分は「本物と違う」”. ニューヨーク: ロイター. (2011年2月16日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-19570020110216 2011年2月17日閲覧。 
  6. ^ “コカ・コーラのレシピがこの中に… 製法の保管庫公開”. ニューヨーク: asahi.com. (2011年12月11日). オリジナル2012年7月31日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/HfhR 2011年12月11日閲覧。 
  7. ^ コーラとペプシに「発がん性物質」、製法を変更へ
  8. ^ Pepsi Changes Coloring Formula in Response to Carcinogen Concerns
  9. ^ Beverage Industry Responds to CSPI Scare Tactics On Caramel Coloring and 4-MEI
  10. ^ 国際がん研究機構(IARC)による食品中の発がん物質の評価
  11. ^ サンタは赤い服を着ていなかった?日本テレビ世界一受けたい授業公式サイト
  12. ^ 『クリスマス~どうやって日本に定着したか』(クラウス・クラハト、克美・タテノクラハト、1999年角川書店ISBN 4-04-883598-X
  13. ^ 都市伝説in米国
  14. ^ Urban Legends Reference Pages: Cokelore
  15. ^ 90年代後半までは地域のボトリング会社の名前が記載されていたが、それ以降は一部が「コカ・コーラナショナルセールス(株)」となっていた。

参照[編集]

関連項目[編集]

[編集]

外部リンク[編集]