モンスターエナジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モンスターエナジーとは、2002年ハンセン・ナチュラル社から発売された栄養飲料である[1]

北米向けモンスターエナジーの缶
北米で販売されている様々な味のバリエーション

概要[編集]

モンスターエナジーというのはハンセン・ナチュラル社(現在のモンスタービバレッジ社Monster Beverage)によって発売された栄養飲料であり、同社のメイン商品である。

北米では様々な大きさの容器で売られており、700mlのボトルでも販売されている。

さまざまな味が発売されているが、そのほとんどのもので、カフェイン含有量は、10 mg/oz (33.81 mg/100ml)である[2][3] 。北米では一日あたり48oz以上飲まないように、との警告文が書かれている(オーストラリアでは16 oz)。イギリスでは警告文が表示されていない。子供妊婦などカフェインの影響を受けやすい人は飲むのを控えたほうがよい、とされている。

日本では2012年にアサヒ飲料から独占販売されるようになった。日本で販売されている味はモンスターエナジー、モンスターカオス(50%混合果汁入り)、モンスターエナジーアブソリュートリーゼロの3種。ただし、タウリンではなくアルギニンが入っている。タウリンは医薬品となってしまうという事情が絡んでいる。

広告宣伝手法[編集]

特にモータースポーツの領域で広告宣伝活動を行う手法を採用している。モンスターエナジーはスピードウェイ・グランプリ、MotoGPフランスグランプリの冠スポンサーを務めているほか[4]、NASCARのカイル・ブッシュ・モータースポーツメルセデスGPのスポンサーでもある。

また、2013年にはTOYOTA BIG AIRの公式飲料としてスポンサーに加わった。

さらにプロレス界では、木村響子が中心となりスターダムで活動する「木村モンスター軍」とタイアップしている。

アメリカ食品医薬品局への症例報告[編集]

モンスターエナジーを飲用した後に死亡した症例が、アメリカ食品医薬品局に五件報告されていたことが、2012年10月22日にCNBCなどの報道にて明らかにされた[5][6]。この騒動により、モンスターエナジーの発売元である米モンスタービバレッジの株価は急落した[6]。モンスターエナジーと死亡との因果関係は証明されていないものの、アメリカ食品医薬品局は関連性の調査を開始した[5][6]。日本では、アサヒ飲料がモンスターエナジーを販売している[5]。同社の親会社であるアサヒグループホールディングスの広報担当者は、日本国内でのモンスターエナジーの「容量および中身は米国の商品とは異なる」と述べた[5]

訴訟[編集]

メリーランド州で、モンスターエナジーに含まれる多量のカフェインが原因で十四歳の少女が死亡したとし、遺族らは、2012年10月19日に製造会社であるモンスタービバレッジを提訴した[7]。原告の代理人によれば、少女は死亡するまでの二十四時間に700ミリリットルのモンスターエナジーを二本飲用しており、それに含有されるカフェインは480ミリグラムだった[7]。検視結果によると、死因は「カフェインの毒性による心臓の不整脈」とされた[7]。モンスタービバレッジはこれまでに世界で八十億本もの栄養ドリンクを販売したが、同社製品が原因となった死亡例は認識していないと述べた[7]

脚注[編集]

  1. ^ Hansen Natural: Charging at Red Bull with a brawny energy brew. Businessweek.com (2005-06-06). Retrieved on 2011-12-30.
  2. ^ The Caffeine Database. CaffeineInformer.com. Retrieved on 2011-12-30.
  3. ^ Caffeine Content”. Center for Science in the Public Interest. 2011年4月27日閲覧。
  4. ^ name="Insidebikes: Monster Energy agrees to back French GP" “Monster Energy agrees to back French GP”. Insidebikes. http://www.carolenash.com/insidebikes/bike-sport/monster-energy-agrees-to-back-french-gp.htm 2010年3月4日閲覧。 
  5. ^ a b c d エナジードリンクとの関連調査=5件の死亡で米FDA-報道”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2012年10月23日). 2012年10月23日閲覧。
  6. ^ a b c モンスター・エナジー、14歳少女死亡で株価は急落”. ゆかしメディア. アブラハム・グループ・ホールディングス (2012年10月23日). 2012年10月23日閲覧。
  7. ^ a b c d カフェイン過剰摂取で少女死亡、遺族が栄養飲料製造会社を提訴”. AFPBB News. クリエイティヴ・リンク (2012年10月22日). 2012年10月23日閲覧。 [1]

外部リンク[編集]