チップ・ガナッシ・レーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガナッシのマシン(インディカー・シリーズ)

チップ・ガナッシ・レーシング(Chip Ganassi Racing)は、アメリカ合衆国のレーシングチームの一つ。1990年に元インディカードライバーのチップ・ガナッシが設立した。本拠地はノースカロライナ州コンコード

2013年現在はインディカー・シリーズNASCARに参戦している。米国の大手小売店であるターゲットが長年メインスポンサーを務めていることでもおなじみである。

歴史[編集]

オープンホイール[編集]

1989年、チップ・ガナッシが共同オーナーを務めていたパトリック・レーシングの創設者、パット・パトリックの引退に伴い(後に引退は撤回)、チームの資産とマシン・エンジン契約(パトリックレーシングはペンスキー・レーシングからシャーシーの提供を受けており、イルモアシボレーエンジンの搭載もセットで契約されていた)を引き継ぐ形で1990年にチームを設立。インディカーワールドシリーズ(後のCART、チャンプカー)への参戦を開始。1996年には、ジミー・バッサー1997年1998年にはアレックス・ザナルディ1999年にはファン・パブロ・モントーヤが同チームでシリーズチャンピオンを獲得するなど、チャンプカーの強豪チームとして成功を収めたが、2002年にチャンプカーのエンジンレギュレーションを巡る混乱でトヨタホンダが相次いでインディカー・シリーズ(IRL)に移籍した際に、それに追随する形でチャンプカーから撤退した。

インディカー・シリーズには2000年からインディ500のみ参戦していたが、2002年より試験的にシーズンエントリーを開始し、2003年にそれまでチャンプカーに参戦していた主力がチームごとインディカー・シリーズに移籍して本格的な活動をスタート。2003年・2008年にスコット・ディクソンが、2009年から2011年にダリオ・フランキッティがシリーズチャンピオンを獲得している。2014年現在は、ペンスキー・レーシングアンドレッティ・オートスポーツと並ぶ、インディカー・シリーズにおける「3強」の一角を占めている。2011年にはファクトリーを増設しこれまでの2台体制から一気に4台体制になった。

2013年7月7日、24年ぶりに開催されたポコノインディ400レースにおいて、スコット・ディクソンチャーリー・キンボールダリオ・フランキッティにより、チーム初となる1-2-3フィニッシュを達成。また、この勝利は、ディクソンの通算30勝目(歴代10位)、ツーリングカーやNASCAR等を含めたターゲット・チップ・ガナッシ・レーシング通算100勝目、エンジンサプライヤーであるホンダのインディ通算200勝目であり、記録ずくめの週末となった[1][2][3]

ターゲットはディクソンとフランキッティのスポンサーを務めるが、他にもグラハム・レイホールにはオーストラリアのサービスセントラル社、チャーリー・キンボールにはデンマークのノボノルディスク[4]NTTデータ[5]がスポンサーについている。

NASCAR[編集]

NASCARには2001年に、中堅チームの「Team SABCO」を買収する形で参戦を開始。2006年にはF1マクラーレンを離脱したモントーヤを自チームよりNASCARに参戦させているほか、2008年には前年のIRLチャンプであるダリオ・フランキッティがNASCAR転向と同時に同チームに移籍してきた。ただロードコースでこそモントーヤが2007年に1勝を挙げているものの、オーバルレースではあまりいいところがなく、フランキッティは1年限りでIRLへ復帰するなど、苦戦を強いられた。

2009年からはNASCARの名門チームであるデイル・アーンハート・インクと合併、「アーンハート・ガナッシ・レーシング」(Earnhardt-Ganassi Racing)としてNASCARに参戦している。

TARGET[編集]

チームが創立されて以来、パートナーを務めてきたのがターゲットである。 ターゲット社内では、ターゲット・レーシングプロジェクトと呼称され、対象のマシンやメカニックの制服は同社のイメージカラーである赤に塗られ(スペシャルカラー時は別色になる)、白色でブルズアイ(ダーツボードの中心のこと)が描かれる[6]他、同チームのイベントや優勝時には、ターゲットのマスコットである犬のブルズアイ(通称ターゲット犬。ブルテリアの左目にブルズアイが描いてあり、Bull TerrierとBullseyeを掛けている。)が登場するなど[7]、非常に良好なパートナーシップとして知られている。

脚注[編集]

  1. ^ Double Podium for Team Target at Pocono Results in 100th Win for Target
  2. ^ Target Racing Program Reaches 100 Wins in Pocono
  3. ^ スコット・ディクソンが今季初優勝 Hondaはインディカー200勝目を表彰台独占で飾る
  4. ^ キンボールは1型糖尿病患者であり、ノボノルディスクは糖尿病の治療薬開発に力を入れていることから、彼のスポンサーに就いている。
  5. ^ NTTデータは2013年のインディ500に於いてライアン・ブリスコーの乗る8号車のメインスポンサーを務め、NTT DATA CHIP GANASSI RACINGとして参戦している。http://americas.nttdata.com/News/News/Events/Indy.aspx
  6. ^ Target Racing Program Reaches 100 Wins in Pocono
  7. ^ TARGET MASCOT, BULLSEYE, AT SONOMA

外部リンク[編集]