ネグローニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネグローニ
Negroni.jpg
基本情報
種別 ロングドリンク[1]
ベース ジン
副材料 カンパリ、スウィート・ベルモット
度数 25度[2] - 28度[3]
赤褐色透明
詳細情報
作成技法 ビルド
グラス オールド・ファッションド・グラス
テンプレートを表示

ネグローニ(Negroni)とは、カンパリベルモットドライ・ジンを合わせたカクテルの一種。レシピは下記のように色々あるが、いずれにしても、カンパリ、ベルモット、ドライ・ジンを合わせたカクテルだと思えばよい。

元々は、フィレンツェの老舗リストランテ「カソーニ」の常連客、カミーロ・ネグローニ伯爵がアペリティフとして愛飲していたカクテル。同店のバーテンダーであるフォスコ・スカルセリが、許可を得て1962年に発表した際、同時に美食家として高名であった伯爵の名を冠する事を許された。

レシピ[編集]

一般的には、ドライ・ジン二分の一、カンパリ四分の一、スウィート・ベルモット四分の一を氷を入れたオールド・ファッションド・グラスに注ぎステアして出来上がり。発祥の地と言われているイタリアフィレンツェのレストランでは、同じ材料を等分量でシェイクしていたらしい。嗜好がドライ寄りになった頃、ジンの割合が増えたものと思われる。

バリエーション[編集]

ドライ・ネグローニ
「ドライ・ネグローニ」と呼ばれるものは、ドライ・マテーィニに少量、色付け程度にカンパリを入れて、本来の夕焼け程度の赤褐色を赤にしたもの。なお、ドライ・マティーニは、ジン3〜4に対してベルモット1よりも、ジンが多いマティーニのこと。

備考[編集]

ジン1/2、カンパリ1/4、ベルモット1/4の割合で作った場合はジンベースのカクテルとなる。同じ材料を等量で作った場合はベースを判定するのは困難だが、材料のうちで唯一の蒸留酒がジンなので、ジンベースとすることが多い[1][2][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 桑名 伸佐 監修 『カクテル・パーフェクトブック』p.44 日本文芸社 2006年2月25日発行 ISBN 978-4-537-20423-0
  2. ^ a b YYT project 編 『おうちでカクテル』p.76 池田書店 2007年2月20日発行 ISBN 978-4-262-12918-1
  3. ^ a b 稲 保幸 著 『色でひけるカクテル』p.23 大泉書店 2003年12月18日発行 ISBN 4-278-03752-X