ホワイト・レディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホワイト・レディ
White Lady
基本情報
種別 ショートカクテル
TPO オールデイ
ベース ジン
副材料 ホワイト・キュラソー、レモンジュース
度数 29度[1]
白色
詳細情報
作成技法 シェイク
グラス カクテル・グラス
テンプレートを表示

ホワイト・レディ (White Lady) とは、ジンをベースとするカクテルであり、ショートドリンク(ショートカクテル)に分類される。

誕生[編集]

このカクテルが、いつどこで誕生したかということには諸説ある。

作者はシローズ・クラブ (Ciro's Club) のハリー・マッケンホルン(Harry MacElhone 、1919年、ロンドン)。当初はペパーミント・リキュールをベースとしていた [2] 。 しかし、パリのハリーズ・ニューヨーク・バー (Harry's New York Bar) に移りジンベースに変えた。なお、ジンベースに変更されたのは、1925年のこととされる [2]

また、サボイ・ホテル (Savoy Hotel) にあるアメリカン・バー (the American Bar) によると、ハリー・クラドック (Harry Craddock) が1920年代に作ったとされている。

標準的なレシピ[編集]

作り方[編集]

  1. ドライ・ジン、ホワイト・キュラソー、レモン・ジュースをシェイクする。
  2. カクテル・グラス(容量75〜90ml程度)に注ぐ。

備考[編集]

  • ホワイト・キュラソーは、コアントローやドリプル・セックに変えても良い。
  • サイドカーのバリエーションであると考えて、ジン・サイドカーとも呼ばれる。

バリエーション[編集]

ジンの代わりにブランデーを使うとサイドカーラムを使うとX-Y-Zウォッカを使うとバラライカウイスキーを使うとウイスキー・サイドカーになる。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 桑名 伸佐 監修 『カクテル・パーフェクトブック』 p.39 日本文芸社 2006年2月25日発行 ISBN 978-4-537-20423-0
  2. ^ a b 花崎 一夫 監修 『カクテル・ハンドブック』 p.60 永岡書店 1995年4月10日発行 ISBN 4-522-21094-9

参考文献[編集]

  • 社団法人日本バーテンダー協会編著 『ザ・カクテルブック』発行:株式会社柴田書店 1991年12月10日初版 ( ISBN 4-388-05666-9 )

外部リンク[編集]