ミント・ジュレップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミント・ジュレップ
Mint Julep.jpg
基本情報
種別 ロングカクテル
ベース バーボン・ウイスキー
副材料 ミント、砂糖、水
詳細情報
作成技法 ステア
グラス ジュレップカップなど
テンプレートを表示

ミント・ジュレップ(英: mint julep)は、バーボン・ウイスキーをベースとする冷たいタイプのロングドリンク(ロングカクテル)。競馬ケンタッキーダービーのオフィシャルドリンクとなっていることでも知られる [1] 。(詳細は「競馬とミント・ジュレップ」の節を参照)

冷たいタイプのカクテルとしては起源が古く、南北戦争時代には飲まれていたと言う記録があり [2] 、一説によれば、18世紀末〜19世紀初頭には存在していたという [3] 。 ただし、当時のレシピは現在の標準的なレシピとは異なるともいわれる。なお、ジュレップとは、カクテルのスタイルの一種。

標準的なレシピ[編集]

作り方[編集]

ロング・ドリンクは、先にを入れたグラスに他の材料を入れて作るのが一般的 [4] であるが、ミント・ジュレップの場合は、以下の「作り方 その1」のように、氷を後から入れるという作り方も広く行われる。

作り方 その1[編集]

  1. コリンズ・グラス(ゾンビ・グラス)、または、タンブラー、もしくは、ゴブレットにミントと砂糖と水(または炭酸水)を入れる。ミントはバー・スプーンで潰して香りを出し、砂糖はよく溶かす。なお、この時に使用するグラスの容量は、240〜360ml程度である。
  2. そこにバーボンを加え、クラッシュド・アイスをいっぱいに詰め、よくステアする。
  3. ステアの際、氷が融けて減るので、適量のクラッシュド・アイスを追加する。
  4. 最後にミントの若芽を飾り(このミントは潰さない)、ストローを添える。

作り方 その2[編集]

  1. ミキシング・グラスオールド・ファッションド・グラスなどの別なグラスに、ミントと砂糖と水(または炭酸水)を入れ、ミントはバー・スプーンで潰して香りを出す、砂糖はよく溶かす。なお、この時に使用するグラスの容量は、作り易いサイズのものを選択すれば良い。
  2. クラッシュド・アイスをいっぱいに詰めたコリンズ・グラス(ゾンビ・グラス)、または、タンブラー、もしくは、ゴブレットに注ぎ、さらにバーボンを加えて、よくステアする。なお、この時に使用するグラスの容量は、240〜360ml程度である。
  3. ステアの際、氷が融けて減るので、適量のクラッシュド・アイスを追加する。
  4. 最後にミントの若芽を飾り(このミントは潰さない)、ストローを添える。

その他の作り方[編集]

  • ミントの葉をバーボンにしばらく浸して、ミントの味と香りを酒に移す方法もある。
  • ミントの葉、砂糖、水を一緒に煮て作ったシロップを使用する作り方もある。

備考[編集]

  • 使用するグラスについて
    • 予めグラスも冷却しておくことが望ましい[1][5]
    • カクテルを供する時に使用するグラスの容量は、240〜360ml程度であるが、300ml以上の大型のグラスを指定するレシピもしばしば見られる。
  • 使用するミントについて
    • ミントの若芽ではなく、ミントの葉が付いた大き目の茎を飾る場合や、ミントの葉しか飾らない場合もある。使用するミントの量は、飲む人の好みなどにあわせて構わない。
    • ミントの種類は特に決まっていないが、スペアミントペパーミントなどを使用するのが一般的。漫画『BARレモンハート』においては「ミントの葉はペパーミント」とマスターが説明しており、「スペアミントでは苦味があり葉も厚いのでアクも出る」とも語っている。
    • 香りを強くするために、少量のミント・リキュール(色の付けられていない無色透明のもの)を加えることもある[1]。なお、リキュールには糖分が含まれているので、リキュールを使った場合、砂糖は使用しないこともある。
    • このカクテルは、ミントの葉が無ければ、作ることができない[6]。これは、ミント・リキュールを使用した場合も同様である。
    • 飾ったミントに、パウダー・シュガー(粉糖)を振り掛けることで、ミントの葉にが付いているように見せ、涼しさを演出することもある[7][8]
  • これは酒全般に言えることだが、使用する水は、塩素臭の無いものでなければならない。このため、基本的に水道水は使用できない。(ただし、井戸水や湧水をそのまま水道水として使っている場合は、塩素臭も無いので、例外的に使用可。)
  • レモンオレンジパイナップルやマラスキーノ・チェリーなどを飾ることもある。なお、レモンやオレンジは、適切なサイズと形に切ること。ただし、ミントの若芽(葉のみの場合や、葉の付いた大きな茎の場合もある)を飾るのが必須であるのに対し、果物を飾るか否かは完全に任意である。果物は飾らないとするレシピも、しばしば見られる。
  • ストローの他に、マドラーも添える場合もある[9][10]

バリエーション[編集]

  • ベースのバーボンを、ラム(ホワイト、または、ゴールド)に変えると、「ラム・ジュレップ」となる。なお、ホワイト・ラムを選択するか、ゴールド・ラムを選択するかは、飲む人の好みによるので、ラム・ジュレップを注文する際は、ラムのタイプの指定をすることが望ましい。
  • ベースのバーボンを、ブランデーに変えると、「ジョージア・ミント・ジュレップ」となる。
  • ベースのバーボンを、シャンパンに変えると、「シャンパン・ジュレップ」となる。
  • ベースのバーボンを、ジンに変えると、「ジン・ジュレップ」となる。

レシピの変遷[編集]

現在、ミント・ジュレップはバーボンベースのカクテルとして定着しているが、このカクテルが誕生した当初はワインをベースとして作られていた [1] [8] 。 一説によれば、それはポート・ワインを使用したものだったとも言われている [3]

競馬とミント・ジュレップ[編集]

このカクテルは、競馬のケンタッキーダービーのオフィシャルドリンクとなっている。同ダービーが開催されるチャーチルダウンズ競馬場でのダービー・レース開催当日はもちろんのこと、その開催前に催される社交パーティやランチョン(Luncheon)時に、こぞって提供されるカクテルでもある。なお、同ダービー・レース当日、同競馬場内でミント・ジュレップは売り歩かれており [11] 、 同競馬場では何万杯ものミント・ジュレップが飲まれるとの話もある [8]

文学とミント・ジュレップ[編集]

O・ヘンリーの短篇『ハーグレイブズの一人二役』(The Duplicity of Hargraves)の作中に、ミント・ジュレップの作り方が詳しく描写されている [12] [11]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 上田 和男 『カクテル』 p.79 西東社 2001年3月15日発行 ISBN 4-7916-0994-8
  2. ^ 若松 誠志 監修 『ベストカクテル250』 p.161 日本文芸社 2003年6月25日発行 ISBN 4-537-20211-4
  3. ^ a b 福西 英三 『カクテルズ』 p.70 ナツメ社 1996年9月1日発行 ISBN 4-8163-1744-9
  4. ^ 福西 英三 『カラーブックス 563 カクテル入門』 p.138 保育社 1982年3月5日発行 ISBN 4-586-50563-X
  5. ^ 花崎 一夫 監修 『ザ・ベスト・カクテル』 p.28 永岡書店 1990年6月5日発行 ISBN 4-522-01092-3
  6. ^ 稲 保幸 『カクテルガイド』 p.40 新星出版 1997年4月15日発行 ISBN 4-405-09629-5
  7. ^ 今井 清 『たのしむカクテル』 p.200 梧桐書院 1988年1月改訂版 ISBN 4-340-01204-1
  8. ^ a b c 澤井 慶明 監修 『カクテルの事典』 p.24 成美堂出版 1996年12月20日発行 ISBN 4-415-08348-X
  9. ^ アンテナハウス 編集 『カクテル物語』 p.45 同文書院 1991年12月18日発行 ISBN 4-8103-7043-7
  10. ^ 桑名 伸佐 監修 『カクテル・パーフェクトブック』 p.245 日本文芸社 2006年2月25日発行 ISBN 978-4-537-20423-0
  11. ^ a b 福西 英三 『カラーブックス 834 ウイスキー入門』 p.76 保育社 1992年9月30日発行 ISBN 4-586-50834-5
  12. ^ 福西 英三 『カラーブックス 563 カクテル入門』 p.17 保育社 1982年3月5日発行 ISBN 4-586-50563-X

参考文献[編集]

  • 上田 和男 『カクテル』 西東社 2001年3月15日発行 ISBN 4-7916-0994-8
  • 福西 英三 『カクテルズ』 ナツメ社 1996年9月1日発行 ISBN 4-8163-1744-9
  • 福西 英三 『カラーブックス 563 カクテル入門』 保育社 1982年3月5日発行 ISBN 4-586-50563-X
  • 稲 保幸 『カクテル こだわりの178種』 新星出版 1998年7月15日発行 ISBN 4-405-09640-6
  • 稲 保幸 『カクテルガイド』 新星出版 1997年4月15日発行 ISBN 4-405-09629-5
  • 花崎 一夫 監修 『ザ・ベスト・カクテル』 永岡書店 1990年6月5日発行 ISBN 4-522-01092-3
  • 澤井 慶明 監修 『カクテルの事典』 成美堂出版 1996年12月20日発行 ISBN 4-415-08348-X
  • 山本 祥一朗 監修 『カラー図解 カクテル』 成美堂出版 1994年12月10日発行 ISBN 4-415-07873-7
  • 高井 久 監修 『絵でわかるカクテル入門』 日東書院 1989年7月20日発行 ISBN 4-528-00362-7
  • YYTproject 編集 『おうちでカクテル』 池田書店 2004年10月20日発行 ISBN 4-262-12918-7
  • アンテナハウス 編集 『カクテル物語』 同文書院 1991年12月18日発行 ISBN 4-8103-7043-7
  • 桑名 伸佐 監修 『カクテル・パーフェクトブック』 日本文芸社 2006年2月25日発行 ISBN 978-4-537-20423-0