カンパリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンパリ
Bouteille de Campari.JPG
基本情報
種類 リキュール
度数 25%[1]
発泡 なし
主原料 詳細は非公開
原産国 イタリア[1]
製造元 ダヴィデ・カンパリ社
販売元 サントリー日本の旗 日本[1]
詳細情報
鮮やかな赤(透明)
テンプレートを表示

カンパリ(Campari)とは、苦味のあるタイプのリキュールの銘柄の1つである。液色はく、アルコール度数は25度[1]エキス分は19%。イタリアで生産されている。イタリア語で「苦い」を意味する語が「アマロ(Amaro)」なので、アマロ系のリキュールなどと言われることもある。

概要[編集]

イタリアトリノバーテンダーをしていたガスパーレ・カンパリ(Gaspare Campari)が開発し、1860年、当時の流行に乗って「ビッテル・アルーソ・ドランディア」(オランダ風苦味酒)と名付けて売り出した。その後息子のダヴィデ・カンパリが「カンパリ」と名前を変えた。現在の製造元はダヴィデ・カンパリ社。なお、カンパリ社は、ヴェルモットチンザノウオツカSKYYなどを傘下におさめる、酒造業界の一大グループとなっている。

カンパリの製法は明らかではないが、ビター・オレンジキャラウェイコリアンダーリンドウの根など、60種類にのぼる材料が使われていると言われる。リキュールの中ではビター系リキュールに入る。

鮮やかな赤い色と苦味を特徴としており、通常何かで割って飲んだり、カクテルのベースとして使われることが多いが、ストレートでも飲むことができる。イタリアでは白ワインと1:1で割って飲むことが多い。

着色料として長らくカルミン酸色素コチニール(エンジムシから取れる染料)が使用されていたが、2007年10月以降は代替着色料として赤色2号青色1号黄色5号を使用したロットに切り替わった為、該当する食品添加物の摂取を避けている場合には注意が必要である。

その他、カンパリ社ではベリー類のリキュールである「コーディアル・カンパリ」という製品を出していた。色は無色透明であり「カンパリの白」とも言われたが、現在は販売を終了しており一般での入手は難しくなっている。

カンパリを使ったカクテル[編集]

カンパリは、カンパリ・ソーダ、カンパリ・オレンジのように、何かで単に割るだけでも特徴的な味になる。苦味が爽やかなので夏向きとされる。カンパリを使ったカクテルには、ロング・ドリンクショート・ドリンクの両方が存在する。

ロング・ドリンク[編集]

ショート・ドリンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d カンパリについて カンパリ サントリー”. サントリー. 2013年2月16日閲覧。

外部リンク[編集]