柴咲コウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しばさき コウ
柴咲 コウ
別名義 RUI、KOH+
生年月日 1981年8月5日(33歳)
出生地 日本の旗 日本東京都豊島区
国籍 日本
身長 160 cm[1]
血液型 B型[1]
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1998年 -
活動内容 1998年:女優デビュー
2002年:歌手デビュー
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 柴咲コウ オフィシャル・ウェブサイト -KOU SHIBASAKI Official Web Site-
主な作品
映画
バトル・ロワイアル』 / 『GO』 / 『黄泉がえり
着信アリ』 / 『県庁の星』 / 『少林少女』 / 『容疑者Xの献身』 / 『食堂かたつむり』 / 『47RONIN
ドラマ
GOOD LUCK!!』 / 『Dr.コトー診療所
オレンジデイズ』 / 『ガリレオ』 / 『わが家の歴史

柴咲 コウ(しばさき コウ、1981年昭和56年)8月5日 - )は、日本女優歌手である。本名非公開。

東京都豊島区生まれ[2]スターダストプロモーション所属。

経歴

14歳の時に友達と池袋のサンシャインシティを歩いているところスターダストプロモーションスカウトされる。当時は高校受験を控えており、なおかつ芸能界入りを父親に猛反対されたこともあってすぐには所属しなかった。高校入学後に所属し、16歳で芸能活動を始める。[3]

現在の芸名は、かわかみじゅんこの漫画 『ゴールデン・デリシャス・アップル・シャーベット』(短編集『少女ケニヤ』収録)の登場人物、「柴崎 紅」に由来する。

女優

デビューは1998年に放送された番宣番組『倶楽部6』(TBS[4][5]1999年放送の日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン)の「ポンズ・ダブルホワイト」の「ファンデーションは使ってません」という台詞のCMで注目される[5][6]。以後は映画バトル・ロワイアル』や『GO』での演技が評価され、数々のテレビドラマや映画に出演した。特に『GO』での演技は高く評価され、日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞、キネマ旬報ベスト・テン 最優秀助演女優賞をはじめ、その年の映画賞を総なめにし、女優としての地位を確立した。

主な出演映画代表作は、『バトル・ロワイアル』(2000年)、『GO』(2001年)、『黄泉がえり』(2003年)、主演作の『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)、『メゾン・ド・ヒミコ』(2005年)、『日本沈没』『県庁の星』(2006年)など。

2007年には主演を務めた『どろろ』が公開。同年、コメディ作品である『舞妓Haaaan!!! 』で阿部サダヲ堤真一と共に主演を務め、捨てられた恋人を追いかけて舞妓になるという風変わりなOLを演じた。翌2008年には主演作『少林少女』、福山雅治とダブル主演の『容疑者Xの献身』が公開。

2010年、人気小説を映画化した『食堂かたつむり』で主演を務めた。

2013年には、自身もファンと公言する名探偵コナンの劇場版『名探偵コナン 絶海の探偵 』でゲスト声優を務めた。また同年には、全編英語の台詞に挑戦した『47RONIN』のヒロイン役でハリウッド映画デビュー。

2014年、劇団ひとりが初監督をして話題となった『青天の霹靂』に出演し、芸人である恋人をあたたかく見守るヒロインを好演した。

主な出演ドラマ代表作は『GOOD LUCK!!』(2003年)、『オレンジデイズ』(2004年)、『Dr.コトー診療所』(2003年・2004年・2006年)など。いずれも高視聴率を記録した。特に『GOOD LUCK!!』は最高視聴率37%を記録し、柴咲の影響で整備士を志願する女性が急増した。2007年に放映された『ガリレオ』も大ヒットし、映画化もされた。2010年、フジテレビ開局50周年記念作品のラストである三谷幸喜脚本の『わが家の歴史』で主演を務めた。

2013年には『ガリレオ』のスピンオフ作品である『ガリレオ XX(ダブルエックス) 内海薫 最後の事件 愚弄ぶ』で主演を務め、「内海刑事がもっと見たい」というガリレオファンからの要望 [7]に応える形となった。

歌手

歌手活動を始めるきっかけはニッポン放送グローバーのウラナイ!」での「柴咲コウ 夢の印税生活」というコーナーが元であり、デビュー曲の歌詞はリスナーから募集したものだった[8]

ユニバーサルミュージックから2002年にシングルTrust my feelings」でデビュー

2003年RUI(ルイ)の名義でリリースした映画『黄泉がえり』の主題歌月のしずく」が100万枚(ミリオン)を超える大ヒット曲となる。オリコンチャートでは最高位1位、年間チャートでも5位を記録した。

2004年には、ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌「かたち あるもの」(最高位2位)が60万枚を超える大ヒットを記録し、年間チャートでもトップ10入りした。

ほとんどの作品は柴咲自身が作詞を担当しており、「」(最高位2位)や「invitation」など、本人による歌詞は原作の内容をよく理解して作られており、作詞に関する評価も得ている。

2008年、初のベストアルバム『Single Best』『The Back Best』を2枚同時リリース。オリコン初登場1位を獲得した。

2007年には福山雅治とのユニットKOH+として、福山と共演した『ガリレオ』の主題歌「KISSして」、2008年には同じく福山と共演した映画『容疑者Xの献身』の主題歌「最愛」をリリースした。2011年11月23日にはDECO*27TeddyLoidと共にgalaxias!としてミニアルバムを発売した。

2011年7月号の『音楽と人』で、「甘美な孤独 呟くが如く」という連載がスタートしている。彼女にとっては初の雑誌の連載である。

2014年8月27日発売のシングル『蒼い星』より、レコード会社をビクターエンタテインメントへ移籍した[9]

人物・エピソード

  • 子供の頃は、保母さんか花屋さんになりたかった[10]
  • 中学生時代には、バレーボール部に所属[11]
  • 納豆梅干し[12][13]味噌汁が好物。味噌汁については、出汁は必ず昆布鰹節でとり、味噌は赤味噌が少し入っている合わせ味噌を使う。具は基本的に何でもありで、トマトを入れるのも好きだという[14][12]
  • 料理が好き。毎年御節料理は、ほとんどすべて自分で作る[14]
  • 読書が好きで、ブログやライブ等で「オススメの本」を紹介することもある。
  • 名探偵コナン』のファンである。連載当初から読んでいるという[15]
  • 視力が悪く、0.1ない。そのため人や物をよく見過ぎて、にらんでいると誤解されることが多い。また、芝居の時はコンタクトレンズは着けない。「スタッフがたくさんいるので、恥ずかしい」とのこと[16]。プライベートでは眼鏡派という[17]
  • 人見知り[18]。基本的に自分からアクションを起こすのが苦手で、相手の様子をうかがってしまう[19]。そのため共演者と打ち解けるのに時間がかかる。KOH+等で長く共に活動していた福山雅治なども彼女の人見知りについては証言している。
  • 猫好き。熊本の猫カフェから引き取った「のえる」と「るな」という2匹の猫を飼っている。また、実家には「アノン」と「タニン」という猫がいる。
  • 両親は共に北海道出身。テレビ番組やライブ等でエピソードを話すことがある。その父親と唯一似ている点は、笑ったときにできる目尻の笑い皺だという。それ以外の容姿は母親にそっくり[3]。そのためもあって、映画『青天の霹靂』で共演した北海道出身の大泉洋には魅力を感じたという[20]
  • 理想の男性は、『ドラゴンボール』のキャラクターのピッコロであると話している。ストイックで孤高だが、段々その中に見えてくる優しさに男を感じるとのことである(2012年1月29日のブログに於いても、このことを綴っている)[21]

交友関係

  • バトル・ロワイアル』で共演した永田杏奈[22]関口まいとは今でも親交がある。永田は16歳からの付き合いで親友。関口とは家族ぐるみの付き合いである。
  • オレンジデイズ』で共演した「オレンジの会」の4人と今でも仲が良い。特に白石美帆とは、「乙女会」なるものを作っており[23]、また、柴咲がライブを行った際は必ず駆け付けている。
  • 映画監督の行定勲とは『GO』からの付き合いで、初ライブの「invitation LIVE(2007年)」にも駆け付けた。また、iTunesで配信された電子書籍「Lyrical*World」には柴咲について語っているインタビューが掲載されている。
  • 事務所の先輩でもある竹内結子とは、2人で食事に行く仲である。[24]また、19thシングルの「EUPHORIA 」のPVには竹内が友情出演している。LIVEにも駆けつけている。
  • ガリレオ』で共演した広末涼子、『ガリレオ』や『容疑者Xの献身』等で共演した福山雅治北村一輝堤真一とも親交がある。
  • 榮倉奈々長澤まさみ鈴木砂羽[25]佐藤隆太[26]天海祐希など、『わが家の歴史』の共演者とは放送終了した今でも本当の家族のように仲が良く、交友は続いている。
  • 東京スカパラダイスオーケストラ谷中敦とはメル友で、メールで詩の送りあいをしている[27]。谷中と2人で飲んだ時、柴咲は酔っ払った谷中を店に残して一人で帰ったという[28]
  • 高橋幸宏は行きつけのお店が同じだったことがきっかけ。十数年の付き合いにある[29]
  • 奥田民生とは、斉藤和義の子どもの誕生会がきっかけで知り合い[30]、後に楽曲提供を受けた。
  • ミュージシャンのMIYAVIとは、『Soundtrack』で共演したSUGIZOがきっかけで親交を深め、互いのTwitterでやり取りすることがある。
  • lego big morlの「Ray」をカバーしたことがきっかけで親交を深める。
  • 吉川ひなのがいいとものテレホンショッキングに出演した際に花を送っている。また、柴咲の誕生日も祝うほどの仲である[31]
  • 吉高由里子とは『ガリレオ』で共演する以前から親交があり“友達”である[32]。互いに「由里子」、「コウちゃん[33]」と呼んでいる。

受賞歴

映画

ドラマ

受賞理由:「豊かで鋭い感性をもって懸命かつ素直に役に取り込む姿勢が、これから大きく成長していくことを期待させてくれる。」

その他

出演

映画

ドラマ

CM

現在

過去

音楽

シングル

発売日 タイトル
1st 2002年7月24日 Trust my feelings
2nd 2003年1月15日 月のしずく (RUI名義)
3rd 2003年6月4日 眠レナイ夜ハ眠ラナイ夢ヲ
4th 2003年9月3日 思い出だけではつらすぎる
5th 2004年1月14日 いくつかの空
6th 2004年8月11日 かたち あるもの
7th 2005年2月16日 Glitter
8th 2005年10月5日 Sweet Mom
9th 2006年2月15日
10th 2006年8月9日 invitation
11th 2006年12月6日 actuality
12th 2007年2月21日 at home
13th 2007年3月28日 ひと恋めぐり
14th 2007年5月30日 プリズム
15th 2007年11月21日 KISSして (KOH+名義)
16th 2008年6月4日 よくある話 〜喪服の女編〜
17th 2008年10月1日 最愛 (KOH+名義)
18th 2009年3月4日 大切にするよ
19th 2009年9月16日 ラバソー 〜lover soul〜
20th 2010年4月14日 ホントだよ
21st 2010年11月3日 EUPHORIA
22nd 2011年2月9日 無形スピリット
23rd 2011年4月20日 wish
24th 2012年3月14日 Strength
25th 2012年6月13日 ANOTHER:WORLD
26th 2012年10月31日 My Perfect Blue/ゆくゆくは
27th 2014年4月16日 ラブサーチライト
28th 2014年8月27日 蒼い星

配信限定シングル

発売日 タイトル
1st 2007年6月13日 Prism (REO&HEAVENS WiRE Remix)
2nd 2008年12月3日 君の声
3rd 2011年1月10日 サヨナラブ
4th 2013年5月29日 恋の魔力 (KOH+ 名義)
5th 2013年11月13日 Intoxicated (柴咲コウとJuno Reactor 名義)

オリジナルアルバム

発売日 タイトル
1st 2004年2月11日
2nd 2005年12月14日 ひとりあそび
3rd 2007年4月25日 嬉々
4th 2009年11月18日 Love Paranoia
5th 2011年5月18日 CIRCLE CYCLE
6th 2012年12月12日 リリカル*ワンダー

galaxias!名義の作品

発売日 タイトル 形態
1st 2011年11月23日 galaxias! アルバム

ベストアルバム

発売日 タイトル
1st 2008年3月12日 Single Best
1st 2008年3月12日 The Back Best
3rd 2008年12月3日 Best Special Box
4th 2010年6月30日 Love&Ballad Selection

ミュージックビデオ

発売日 タイトル
1st 2004年2月11日 Single Clips

主なライブ・ライブビデオ

タイトル 開催期間 開催都市 ビデオ放送日・局 ビデオ発売日
1st invitation LIVE 2007年8月3日
- 5日
大阪 東京 2007年9月9日
TBSチャンネル(CS)
2007年10月31日
2nd Live Tour 2008
〜1st〜
2008年7月26日
- 8月10日
福岡 仙台 札幌 名古屋 大阪 東京 東京 2008年10月4日
WOWOW
2008年11月26日
3rd Live Tour 2010
〜ラブ☆パラ〜
2010年3月5日
- 4月9日
戸田 新潟 名古屋 札幌 仙台 静岡 大阪 福岡 広島 東京 2010年6月17日
WOWOW
2010年8月18日
4th Live Tour 2011
“CIRCLE & CYCLE”
2011年9月22日
- 11月28日
市川 金沢 新潟 京都 秋田 仙台 高松 浜松 広島 名古屋
大阪 熊本 福岡 鹿児島 札幌 八王子 神戸 東京
2011年12月23日
WOWOW
2012年3月14日
5th Premium
Live Tour 2012
2012年5月9日
- 14日
東京 名古屋 大阪 2012年8月5日
WOWOW
2012年11月28日
6th Live Tour 2013
〜neko's live
猫幸 音楽会〜
2013年5月29日
- 6月29日
多摩 仙台 東京 座間 札幌 広島 福岡 名古屋 奈良 大阪 神戸 2013年7月27日
MUSIC ON! TV
2013年11月13日

その他のライブ・ライブビデオ

音楽番組

NHK

柴咲コウの音楽活動に密着し、制作された番組。同年12月22日には総合テレビで45分の短縮版が放送された。
2011年9月28日放送。「Kou Shibasaki Live Tour 2011 “CIRCLE & CYCLE”」を引っ提げての出演。
サポートメンバーはキーボード以外Tourのバンドメンバーで構成された。
本来は9月21日に放送であった。しかし、台風12号関連のニュースとなり番組内容が変更。翌週に放送された。

日本テレビ

2009年11月22日放送回。ラバーズゲストには親交のある鈴木砂羽と、ファンと公言する八嶋智人が登場。
アルバム「Love Paranoia」を引っ提げての登場であった。
当時テレビでは歌うことが無かった「かたち あるもの」をテレビ初披露した。

TBSテレビ

フジテレビ

2005年4月29日放送回は、親交のある東京スカパラダイスオーケストラの対談ゲストとして出演。
2007年12月7日放送では、KOH+として出演した。「KISSして」を披露したのは、特別番組以外ではこの音楽番組だけであった。
ガリレオの撮影が多忙を極める中、この番組でKOH+が初お披露目となった。
この年のFNS歌謡祭アーティスト別視聴率1位をとったことを福山本人がラジオで語っていた。

テレビ朝日

2008年6月13日放送回で初登場した。歌手デビュー6年目にしてようやく出演。
よくある話 〜喪服の女編〜」でアレンジを担当した東京スカパラダイスオーケストラのホーン隊4人と共に曲を披露した。
KOH+としても2008年10月3日の秋スペシャルに出演。「最愛」をテレビ初披露した。
  • A HAPPY MUSIC YEAR 想い出の曲すべて見せます!2004
2004年1月1日に放送されたお正月のスペシャル番組。「いくつかの空」を披露。

テレビ東京

その他

  • お・ま・えローテンションガール」(「グループ魂に柴咲コウが」名義) - グループ魂とのコラボレートシングル。2007年6月13日発売。
  • 「柴咲コウ 星空のLove Song」 - コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City(東京都豊島区)
    • 「最愛」などの歌とナレーションを担当。2008年11月29日 - 2009年3月15日上映。
  • 愛迷エレジー』(2010年12月15日発売) - DECO*27のアルバム。Tr.4の「トリノアイウタ」を作詞。
  • 柴咲無形魂音組編」 - Ustreamの人気プログラム『DOMMUNE』内にて開演された2時間のスペシャルプログラム(2011年2月7日)
    • ナビゲーターは柴咲コウ、中村道生。「無形スピリット」についてや、音楽と映像,ネットメディアとの関係性をゲストを迎えて話した。ゲストには「無形スピリット」のMusicVideoを手掛けた関和亮、作曲を担当したDECO*27、Remixを手掛けたTeddyLoidが出演。
  • 柴咲無形魂CIRCLE CYCLE編」 - 前回好評だった「柴咲無形魂音組編」に続く第2弾(2011年5月15日)。アルバム『CIRCLE CYCLE』の発売を記念して、行われた特別番組。Ustreamニコニコ動画で同時配信された。
    • ナビゲーターは前回に引き続き、中村道生が担当。ゲストには製作に関わった、DECO*27、Language、サポートメンバーでもある山口寛雄ひぐちしょうこ、柴咲が主題歌を担当した映画の監督である瀬田なつきなどが出演。尚、柴咲本人は映画の撮影で海外に長期滞在していたため、SkypeのTV電話を通じて出演した。
  • 恋の魔力」(2013年発表) - フジテレビ系列で放送されたドラマ「ガリレオ」第2シリーズの主題歌。KOH+名義でボーカルとして参加。アルバム「Galileo+」に収録されている。

ラジオ

  • 『柴咲コウ Special [nekou's life]』( AIR-G'、2012年2月19日、3月18日 20:00〜20:55)
    • エフエム北海道限定のスペシャル番組。ゲストに渡辺シュンスケ、DECO*27が登場した。
  • ツキイチMUSIK 『柴咲コウ〜nekou's life〜』(JFN17局ネット、2012年4月 - )

連載

  • 「甘美な孤独 呟くが如く」(『音楽と人』、2012年7月号 - )
  • 「柴咲コウの 一日弟子入り!」(ハースト婦人画報社『美しいキモノ』、2014年8月20日発売号 - )

写真集

タイアップ

曲名 タイアップ先
Trust my feelings LF系「LF+Rウラナイ! プロジェクト第一弾!」テーマソング
月のしずく(RUI名義) 東宝配給映画『黄泉がえり』主題歌
眠レナイ夜ハ眠ラナイ夢ヲ TBS系ドラマ『笑顔の法則』主題歌
思い出だけではつらすぎる フジテレビ系『Dr.コトー診療所』挿入歌
忽忘草 グリコ「ムースポッキー」CMソング
いくつかの空 東宝配給映画『着信アリ』主題歌
かたち あるもの TBS系ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』主題歌
Glitter TBS系『恋するハニカミ!』テーマソング
色恋粉雪 TBS系『恋するハニカミ!』挿入歌
Sweet Mom 東宝配給映画『この胸いっぱいの愛を』主題歌
TBS系ドラマ『白夜行』主題歌
invitation TBS系ドラマ『タイヨウのうた』主題歌
actuality サントリー「フレシネ」CMソング
at home TBS系『恋するハニカミ!』テーマソング
ひと恋めぐり TBS系ドラマ『砂時計』主題歌
プリズム 東宝配給映画『そのときは彼によろしく』主題歌
KISSして フジテレビ系ドラマ『ガリレオ』主題歌
最愛 東宝配給映画『容疑者Xの献身』主題歌
大切にするよ 東宝配給アニメ映画『ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』主題歌
幸せ繋いでた糸 富士フイルム「FinePix F200EXR」CMソング
ラバソー 〜lover soul〜 フジテレビ系ドラマ『オトメン(乙男)』主題歌
再生 『第29回さっぽろホワイトイルミネーション』コラボレートソング
ホントだよ NEXCO中日本」CMソング
EUPHORIA フジテレビ系スペシャルドラマ『ストロベリーナイト』主題歌
サヨナラブ 角川映画配給映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』主題歌
無形スピリット TBS系ドラマ『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜』主題歌
wish 花王「アジエンス」CMソング
Strength 花王「アジエンス」CMソング
ANOTHER:WORLD フジテレビ系ドラマ『未来日記-ANOTHER:WORLD-』主題歌
My Perfect Blue TBS系ドラマ『パーフェクト・ブルー』主題歌
ゆくゆくは 花王「アジエンス」CMソング
ラブサーチライト 東宝配給アニメ映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手』主題歌
蒼い星 テレビ東京系ドラマ『アオイホノオ』エンディングテーマ

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b 柴咲コウ - プロフィール - Yahoo!人物名鑑
  2. ^ 柴咲コウ紹介ページ|TOWER RECORDS ONLINE
  3. ^ a b サワコの朝|2013-03-02(土)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2013年3月2日). 2014年9月24日閲覧。
  4. ^ 産経新聞(夕刊)インタビュー 2000年12月21日掲載
  5. ^ a b スポーツニッポンインタビュー記事 2001年4月19日掲載
  6. ^ 日刊スポーツインタビュー記事 2014年5月9日掲載
  7. ^ 超豪華ドラマ『ガリレオ』メインキャスト集結!土曜プレミアム『ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ』|番組イベント・最新情報「とれたてフジテレビ
  8. ^ 柴咲コウ スペシャルインタビュー”. とらばーゆオフィシャルサイト. 2014年6月27日閲覧。
  9. ^ 柴咲コウ、新曲ライブにファンぎっしり - nikkansports.com(2014年8月30日)2014年9月5日閲覧。
  10. ^ invitation LIVE(2007年)
  11. ^ TVTOKYOエンタメ情報 シネマストリート”. テレビ東京公式サイト. 2014年6月27日閲覧。
  12. ^ a b 日経エンタテインメント!日経BP社)2006年4月号、30ページ。
  13. ^ 高級梅干”. ブライダルギフトオンラインホームページ. 2014年6月27日閲覧。
  14. ^ a b 具が○○!“味噌汁大好き”柴咲コウのこだわり仰天レシピとは?”. エンタがビタミン♪ (2011年2月14日). 2014年6月27日閲覧。
  15. ^ 柴咲コウ&青山剛昌 単独インタビュー|シネマトゥデイ
  16. ^ 映画『大奥』でのインタビュー|シネマトゥデイ
  17. ^ MORE』(集英社)2011年3月号、160ページ
  18. ^ mina主婦の友社)2012年3月号、11ページ。
  19. ^ 日本映画navi(産経新聞出版)vol.47 2014年5月1日発売号、46ページ。
  20. ^ TV Bros.東京ニュース通信社)2014年5月10日号、8ページ。
  21. ^ 女性自身光文社)2014年12月2日号 48ページより。
  22. ^ 昨夜は|永田杏奈‐オフィシャルブログ
  23. ^ 互いのブログに度々登場する。
  24. ^ スターダストWEB
  25. ^ Girls Girls Girls!!! :: 鈴木砂羽おふぃしぁるぶろぐ『ボン風呂』
  26. ^ Live Tour 2010 〜ラブ☆パラ〜に駆け付けた。
  27. ^ LIVE MONSTER|2014-04-21(月)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2014年4月21日). 2014年9月20日閲覧。
  28. ^ 2014年4月27日放送『LIVE MONSTER』”. TVでた蔵 (2014年4月27日). 2014年6月27日閲覧。
  29. ^ Kou Shibasaki Live Tour 2011 “CIRCLE & CYCLE”』ライブビデオ 特典映像の対談より
  30. ^ 「Ko Shibasaki Live リリカル*ワンダー*パーティー 2012」より
  31. ^ 今日は|吉川ひなの-オフィシャルブログ
  32. ^ 2013年8月17日付 柴咲コウOfficial Blogより
  33. ^ 吉高由里子のツイート 2013年6月10日より

外部リンク

公式

その他