パークハイアット東京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パークハイアット東京
ParkHyattTokyo.JPG
ホテル概要
正式名称 パークハイアット東京
ホテルチェーン ハイアットホテルアンドリゾーツ
設計 丹下健三(建物)、ジョン・モーフォード(インテリア)
運営 パークタワーホテル株式会社
所有者 東京ガス都市開発
階数 39 - 52階
レストラン数 8軒
部屋数 178室
駐車場 400台
開業 1994年7月9日
最寄駅 都営地下鉄大江戸線都庁前駅
最寄IC 首都高速4号線新宿出入口
所在地 〒163-1055
東京都新宿区西新宿3-7-1-2
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

パークハイアット東京(パークハイアットとうきょう、英語: Park Hyatt Tokyo)は、ハイアットホテルアンドリゾーツが展開するホテルであり、東京都新宿区西新宿3丁目にある小規模最高級ホテルである。

概要[編集]

東京・新宿新都心の高層ビル街区の南端、丹下健三設計による「新宿パークタワー」の39階から52階に入居している。ハイアット・ホテルズ・アンド・リゾーツ (Hyatt Hotels and Resorts) が展開。パークタワーホテル株式会社(東京ガス都市開発の関連会社)が業務を行っている。

地下駐車場やホテル正面玄関のある地上2階からは、専用エレベーターでフロントレセプションのある41階に直行する。さらに上層階に位置する客室へは、同フロアでも最も奥まった場所にあるフロント・デスク付近から別のエレベーターに乗り継ぐ必要があり、客室階のプライバシーが保たれる設計となっている。47階にはプールフィットネスクラブ、45階にはスパがある。大都会の喧噪を離れた大人の隠れ家というコンセプトのもと、あえて客室を177室に限定し、客室数が少ない分きめ細かなサービスを実現している。夜景を始め、眺望が素晴らしい。最も広い客室は面積290m²であり、東京都内でも最大級とされる。

ビリー・ジョエルホセ・カレーラスを始めとするスーパースターにも愛されている。ソフィア・コッポラ監督の映画、『ロスト・イン・トランスレーションLost in Translation)』(2003年)の舞台となっている。1990年代にはフォーシーズンズホテル椿山荘東京ウェスティンホテル東京と並んで「東京新御三家ホテル」又は「東京外資系ホテル御三家」と呼ばれていた。

沿革[編集]

パークハイアット東京

1994年7月9日ハイアットホテルチェーンの1つとして東京・新宿副都心にある新宿パークタワー(1994年4月完成)内にオープン。

客室[編集]

全客室42階以上、標準クラスで55平方メートルの広さ。37インチ以上のプラズマTV、高速インターネット回線、DVDプレーヤー、2回線の電話、コンピュータモデム、ボイスメールを完備。バスルームにはシャワーブース、テレビも完備。すべてのトイレにウォシュレット完備。

  • パークルーム 45m² 33室
  • パークデラックスルーム 55m² 103室
  • パークビュールーム 60m² 19室
  • パークスイート 100m² 18室
  • ガバナーズスイート 140m² 1室
  • ディプロマットスイート 160m² 2室
  • トーキョースイート 220m² 1室
  • プレジデンシャルスイート 290m² 1室

設備[編集]

  • ニューヨーク グリル(ニューヨークスタイル料理)52階
  • ジランドール(ヨーロピアン オールデイ ダイニング)41階
  • 梢(日本料理)40階
  • ニューヨークバー(バー)52階
  • ピークバー(バー)41階
  • ピークラウンジ(ティー & カクテルラウンジ)41階
  • クラブ オン ザ パーク(スパ & フィットネス)45階、47階
  • ペストリーブティック(オリジナルケーキ & ペストリー)2階
  • デリカテッセン 1階
  • バンケット
  • ライブラリー

など

フロント
ライブラリー
客室


交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]