東京空港交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京空港交通株式会社
Airport Transport Service Co.,Ltd.
Airport Limousine bus 419-70455R2.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 リムジンバス、空港交通
本社所在地 日本の旗 日本
103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町22-1
設立 1954年(昭和29年)12月16日
業種 陸運業
代表者 代表取締役社長 鈴木光男
資本金 14億4,000万円
売上高 172億円(2011年3月期)
従業員数 1006人(2011年3月31日現在)
主要株主 日本空港ビルデング 26.12%
京成電鉄 26.03%
成田国際空港 13.10%
東京シティエアターミナル 11.28%
全日本空輸 9.59%
京浜急行電鉄 6.82%
(2011年7月1日現在)
主要子会社 リムジンパッセンジャーサービス
外部リンク http://www.limousinebus.co.jp/
特記事項:京成電鉄の持分法適用会社である。
テンプレートを表示

東京空港交通株式会社(とうきょうくうこうこうつう)は、成田国際空港(成田空港)、東京国際空港(羽田空港)発着の高速リムジンバスを運行するバス会社である。愛称は「Airport Limousine」。

空港発着バスのほか、成田空港及び羽田空港内で旅客ターミナルビルから離れて駐機する航空機と旅客ターミナル(搭乗口)とを結ぶランプバスによる航空旅客輸送も行なっている。その他、貸切バス事業も営む。

日本空港ビルデング京成電鉄等、羽田空港の旅客ターミナルビル運営会社、成田空港管理会社、鉄道会社等が出資している。なお京成電鉄の持分法適用関連会社として京成グループに名を連ねてはいるが、当社はグループの一員であることをアピールしておらず、「K'SEI GROUP」ロゴも使用していない(ただし後述のとおり、他の京成系事業者との共同運行便は存在する)。

社是はバスの側面にも書かれている、「Friendly」(フレンドリー、親しみやすいの意味)。

沿革[編集]

現在の主力車
日産ディーゼル・スペースアロー
(ADG-RA273RBN改)

サンフランシスコ平和条約1年後の1952年、羽田飛行場が返還され、東京国際空港として民間飛行場となった。しかし、戦後の日本は疲弊から立ち直ったばかりであり、新ターミナルビルを建設する余裕はなかったが、さまざまな人が努力や折衝を重ねた結果、1953年7月16日に日本空港ビルデング株式会社が設立され、ターミナルビルの建設が進められた。

このような中、運輸省から日本空港ビルデングにリムジンサービスの開設の要請が行われた。しかし、当時は空港に発着する国際線も国内線も少なく、空港内に権益を持っていた京浜観光開発太洋興業、メトロ交通の3社は採算が取れないとしてこの事業には乗り気ではなかった。そこで、日本空港ビルデング自体が実験的に運行を行うこととなった。前述の3社と航空当局に協力を求め、1954年6月1日から営業を開始した。

このように、実験的に航空旅客の陸上輸送を行うこととなった日本空港ビルデングであったが、できる限り早く専門の会社を設立し運行を行わせるという考え方で進んでいった。その方針の下で1954年12月、東京都千代田区丸の内1丁目2番地に日本空港リムジン交通株式会社が設立された。リムジンバスという前例がないこともあり、この発足までにはさまざまなことで運輸省と折衝することとなった。

当初の株主構成は以下のとおりである。

  1. 日本空港ビルデング
  2. 京浜急行電鉄
  3. 京浜観光開発
  4. 太洋興業
  5. 中鉄バス

初期に運行された路線は、東京国際空港 - ホテル帝都、東京国際空港 - 銀座日航ホテル、東京国際空港 - ホテル・ニューグランド、東京国際空港 - 松平ホテル、エールフランス航空スカンジナビア航空KLMオランダ航空クルー宿舎の計4路線であった。車両は、フォードカントリーセダンキャデラッククライスラークラウン インペリアルなどが用いられた。

その後、1978年の成田空港開港時に、当時の最寄り駅が成田空港から離れていたことからリムジンバスが有力なアクセス手段として注目されるようになった。

事業所[編集]

本社[編集]

営業所[編集]

  • 箱崎営業所 - 東京都中央区日本橋箱崎町42-1
  • 羽田営業所 - 東京都大田区羽田空港3丁目3-2
  • 新宿営業所 - 東京都渋谷区代々木2丁目10-4
  • 成田営業所 - 千葉県成田市古込字古込1-1

運行事業所[編集]

  • 箱崎運行事業所 - 東京都中央区日本橋箱崎町42-1
  • 羽田運行事業所 - 東京都大田区昭和島2丁目1-1
  • 平和島運行事業所 - 東京都大田区平和島6丁目1-1
  • 成田運行事業所 - 千葉県成田市吉岡933-5

路線[編集]

  • 方面の後の(括弧内)は共同運行会社
  • 予約の要・不要、停留所の停車・通過等、詳細は#外部リンクにて確認されたい。羽田空港発の便で予約可能なサービス・路線については空港バスチケットサービスを参照されたい。

羽田空港発着[編集]

』印の路線では羽田空港に向かう便のみ、2014年1月21日よりPASMOSuicaなどの交通系ICカード10種が利用可能になった。羽田空港発の便では利用できない。(  )は、共管バスである。

  羽田空港発→芝エリア行きの便は2014年4月1日より運休。

空港間連絡[編集]

  • 羽田空港 - 成田空港(リムジンパッセンジャーサービス)
    • 東京国際空港 - 成田国際空港

成田空港発着[編集]

東京都内[編集]

  • 吉祥寺方面(小田急バス・関東バス・京成バス)
    • 吉祥寺駅
  • 多摩・南大沢方面(京王バス南)
    • 京王多摩センター駅、聖蹟桜ヶ丘駅、南大沢駅
  • 調布方面(京王バス東)
    • 調布駅
  • 八王子方面(西東京バス)

神奈川県内[編集]

埼玉県内[編集]

千葉県内[編集]

  • 新浦安方面(千葉交通・東京ベイシティ交通)
    • ファウンテンテラスホテル、パームテラスホテル、三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ、オリエンタルホテル東京ベイ

深夜急行バス[編集]

深夜便(羽田空港国際線ターミナル→各地)[編集]

  • 羽田空港→東京シティ・エアターミナル
    • 羽田空港国際線ターミナル→東京シティ・エアターミナル
  • 羽田空港→新宿
    • 羽田空港国際線ターミナル→新宿駅西口
  • 羽田空港→池袋
    • 羽田空港国際線ターミナル→池袋駅東口
  • 羽田空港→渋谷
    • 羽田空港国際線ターミナル→渋谷駅西口(共同運行の東急バス、京浜急行バスが運行)
  • 羽田空港→葛西・一之江
    • 羽田空港国際線ターミナル→葛西駅・一之江駅(共同運行の京成バスが運行)
  • 羽田空港→調布・府中・国分寺
    • 羽田空港国際線ターミナル→調布駅・府中駅・国分寺駅(共同運行の京王バス中央が運行)
  • 羽田空港→海浜幕張・千葉
    • 羽田空港国際線ターミナル→海浜幕張駅・幕張ベイタウン・検見川浜駅・稲毛海岸駅・JR千葉駅・千葉中央駅
  • 羽田空港→大宮
    • 羽田空港国際線ターミナル→さいたま新都心駅・大宮駅西口・西武バス大宮営業所(共同運行の国際興業バスが運行)

深夜便(各地→成田空港第2ターミナル)[編集]

  • 新宿→成田空港
    • 新宿駅西口→成田空港第2ターミナル
  • 池袋→成田空港
    • 池袋駅西口→成田空港第2ターミナル
  • 品川・豊洲・東陽町→成田空港
    • 品川駅港南口・豊洲駅・東陽町駅→成田空港第2ターミナル

その他[編集]

  • 新宿駅西口 - 東京ビッグサイト(臨時便)
    • 新宿駅西口 - 東京ビッグサイト ※大規模イベント開催日などに臨時運行

過去の路線[編集]

  • 羽田空港 - 日吉方面(京浜急行バス・東急バス)2009年11月30日廃止
  • 東京シティエアターミナル - 東京駅(東京駅八重洲南口)2008年9月11日運行分をもって廃止
    • 東京シティエアターミナルから東京駅の間を連絡。この区間のみの利用も可能であった。
  • 東京湾岸線(ファンタジア号)東京駅 - 東京ディズニーランド(国鉄バス・JRバス関東)1995年廃止
    • 1983年国鉄バスと共同運行開始。1990年ダブルデッカーを投入し愛称をファンタジア号とした。1995年廃止。

迂回運行[編集]

同社の運行上の特徴として、柔軟な迂回運行が挙げられる。管制室で一般道を含めた道路状況をリアルタイムに把握し、無線で各車両に指示することで、その時点で一番所要時間が短いと見込まれるルートを走行する。

迂回ルートはいくつものパターンが用意してあり、道路状況に応じて管制室でルートを選択して迂回させる。状況によっては、迂回を繰り返し、高速道路と一般道を二度三度と行き来する場合もある。以前は本線料金所の渋滞を避けて、料金所の前後区間のみ迂回することも多かったが、ETC普及による料金所渋滞の減少により、料金所迂回もやや減少している。自動放送にも、道路渋滞のため迂回運行する旨の放送が用意されており、運転士が操作して放送する。

車両[編集]

空港路線車[編集]

バス輸送の開始当初はメルセデス・ベンツマイクロバスを用いていたが、その後は国産大型車が導入され、現在は日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)日野三菱ふそうの車両を使用している(いすゞ車の導入実績もあるが、ごく僅かとなっている)。車体の塗装は白地にオレンジのツートンカラーで、一部にラッピングバスも存在する。(ラッピングバスは成田所属が多い。)

日産ディーゼル車は、ユーロツアー1996年に大量に発注したことから、以後関係が深まり、従来主力であった日野および三菱ふそう車に代わって主力となった。

空港リムジンの目的に供用されるため、路線車はハイデッカー型の車両では320台あまりの在籍がある。成田空港発着路線用と、羽田空港発着路線の長距離用は、乗車時間の長さからトイレを車両後部に装備する。乗車定員は42~60人(60人はトイレなし)まで、トイレと補助席の有無で数種類存在する。行先表示は2001年3月以前の購入車は側面のみ、それ以降は側面のほか前面上部と後面の窓内に表示機を搭載している。かつては側面の行先表示に方向幕を用いていたが1990年代後半からはLED式を採用、2007年度購入車両からは車内案内表示装置‎液晶ディスプレイを採用している。大型の荷物を預けるため、床下の前輪・後輪間(ホイールベース)は荷物室としており、冷房装置は直結式を屋根上に搭載、他社のリムジンバスにも影響を与えた。なおスケルトンボディ+床下荷物室が普及する1980年代以前は車両後部を荷物室としていた。

無線連絡システムとして、財団法人移動無線センターの集中基地局を使用する(タクシー無線と同じ)390MHz帯の専用無線で音声連絡をメインとしてきたが、2001年にはGPSモジュールと3G通信モジュールを内蔵した専用端末を用いた運行管理システムを導入している。各車両からの情報収集は、あらかじめ設定されたポイントを通過した際に車両現在位置を伝送(チェックポイント発呼)、高速道路走行中は2分おき・一般道走行中は5分おきに現在位置を伝送(時間発呼)、出発・到着の車内ボタンにより現在位置を伝送(スイッチ発呼)の3種類の方法により行われ、これによりほぼリアルタイムに運行状況を把握できる。

なお、音声無線システムも音声連絡用として携帯電話の代わりに維持している。

貸切車[編集]

貸切観光バスは、38台在籍している。貸切観光バスは、見た目は路線車に酷似しているが、行先表示装置がないことや社番などで区別は可能である。スーパーハイデッカー車も在籍する。通常の貸切輸送の他、繁忙期の応援や点検時の代車として空港路線を走ることもある。

日本航空系列の旅行会社・ジャルパックの委託を受けて、同社の主催する東京ディズニーリゾートツアー参加者専用シャトルバス「マジカルファンタジー号」を羽田空港 - 東京ディズニーリゾート間で運行している[1]。専用車はラッピングフィルムで装飾されており、絵柄は1-3年ごとに更新される。2014年には同じくジャルパックの委託によるオプショナルツアーの東京都内観光周遊バス「東京GO!GO!観光バス」を運行する。[2]

ランプバス[編集]

羽田、成田両空港内での、ターミナルビルから離れた駐機スポットに発着する飛行機搭乗口との行き来が主とする乗客輸送とするバスで、法的には「特定輸送」となる。73台のランプバスは一部空港外(公道)での運行が可能になっているほかは、空港内での輸送に専念しており、100名を収容できる車体幅の広い特殊な車両も用いられている。幅広車には、公道用のナンバープレートはないが、航空局発行の空港用ナンバープレートがついている。

ランプバスは一般のバスに比べ寿命が長い。特殊仕様のため高価、走行距離が少ない、他所への転用や他社への譲渡が困難、空港内専用車のためNOx規制などの各種排ガス規制を受けないなどの理由から、20年程度使われているものも存在する。

ほかに、車椅子利用者が使えるように、昇降式のキャビンを備えたトラックベースの車両も存在する。過去にはネオプラン製ランプバスも在籍した。

空港路線車と同型の専用端末が搭載され、その他に赤外線受光器、液晶ディスプレイを併用して運行管理システムを構築している。現在位置の伝送は各車両から10秒おきに(時間)、ターミナルビルのバス発着場に設置された赤外線投光器からの信号を受信した時(到着)、液晶ディスプレイのタッチ操作(イベント)の3種類を主に行われ、これによりほぼリアルタイムに運行状況を把握できる。 運行指示は管制室から3G通信によって専用端末へ伝送され、液晶ディスプレイに表示される。運行指示とは異なる駐機スポット、あるいはバス発着場にて、バス乗務員がドアを開いて旅客の乗降を行おうとした場合、専用端末がドアの開放を抑制する。非常時に乗務員が通常とは異なる操作によって強制的にドアの開放を行う事は可能。

その他[編集]

  • 関係者専用連絡バス
    • 空港内で業務を行う航空会社などの関係者専用の連絡バス(特定輸送)もある。
    • 一般の白とオレンジ色のほかに、航空会社のデザインに塗られたものもある。
  • 連節バス
    • 1985年科学万博会場へのアクセス輸送用に使われたボルボ・B10M連接バス(ボディは富士重工製)が19台移籍し、東京シティエアターミナル - 成田空港に使われた。
    • 全長が長いため、道路交通法の特例措置を受けて運行にこぎつけたものの、一般道を通行できない、有料道路でも京葉道路は通れず首都高速湾岸線首都高速9号深川線ルートしか通れないなど、運行路線と途中経路を限定する形で運行された。結局渋滞等により迂回路を使用するフレキシブルな運用ができないデメリットがあり、3台が成田空港のランプバスに転用された以外は1993年頃までに廃車となった。
    • ランプバスとしての役割も終えた際は1999年旭川電気軌道に譲渡され、2004年まで使用された。
    • 旭川に渡ったバス以外のほとんどは解体されたが、栃木県バス愛好家団体アキバエクスプレス」が2008年に埼玉の中古車店に留置されていた解体寸前の1台を購入、さらに2011年に群馬県で倉庫代用になっていた解体寸前の1台を追加購入している[3]2008年購入の個体は動態保存のために整備されたあと、2010年4月に宇都宮駅周辺で試運転が行なわれている。バスは、ロゴや社名が消された以外はほぼそのままの塗装や内装が維持されている(のちにつくば万博時代のカラーに戻す予定である)。もう一台は倉庫使用時に塗り替えられている。
  • FCHV-BUS(燃料電池バス)
    • 2010年に水素供給・利用技術研究組合(HySUT)の水素ハイウェイプロジェクトに協力するため、2005年日本国際博覧会(愛・地球博)会場間シャトルバスとして製造されたFCHV-BUSのうち2台を導入。2010年12月から2013年9月まで毎月1日から15日の平日に羽田空港 - 新宿駅・東京シティエアターミナル間に就役していた。(952号車は2011年にトヨタ自動車に返却)
    • ベース車がノンステップバスのため座席定員は25人と少なく、荷物置き場は前輪の上に設置される。また前面や内装は日野・セレガ(2代目)に準じたデザインを採用している。
  • Super Cabin(スーパーキャビン)
    • 2013年11月1日から成田空港便を中心に運行開始。最近の新車は補助席無し・トイレ付きの42人乗りであるが、同車は補助席無し・トイレ付きの38人乗り仕様でシートピッチが拡大され、座席幅も広くなり快適性が向上している。また、「Super Cabin」のロゴが車体に入っており、車番も900番台と他の路線車と区別されている。車種は三菱ふそう・エアロエース
  • 「エアポートリムジン」の名称は、東京空港交通の登録商標である(商標登録番号第3061014号)。

車番[編集]

車番表記の例

2桁~3桁の数字で構成され、百の位が所属先と用途を表し、十の位と一の位は連番となる。

  • 百の位なし:平和島運行事業所の貸切車
  • 1:成田運行事業所の貸切車
  • 2:成田運行事業所の路線車
  • 3・4:箱崎運行事業所の路線車
  • 3・4・5・6:羽田運行事業所の路線車
  • 4・5・6:平和島運行事業所の路線車
  • 7・8:ランプバス
  • 9:特殊車

限定車(路線車)と貸切車の前扉には車番の他に車両情報を表す5桁の数字と型式を表す1~3字の英数字が併記され、上3桁は購入年度(西暦の一の位)と月、下2桁が補助席込みの座席定員となる。なお、型式を表す記号については表記方法がその都度決められているため、下記に挙げたものは一例である。

脚注[編集]

  1. ^ ジャルパック専用羽田空港 ⇔ 東京ディズニーリゾート往復無料送迎バス マジカルファンタジー号
  2. ^ JALパックオリジナル 東京GO!GO!観光バス
  3. ^ 1993年に、同販売店に東京空港空通を退役した同型車が3台入庫していた。ともに番号は750.751.752の3台で、アキバエクスプレスが購入した750・751だけでなく、別の場所で倉庫代わりとして使用されている752も現存している。

外部リンク[編集]