渋谷マークシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
渋谷マークシティ
Shibuya Mark City
Shibuya-Mark-City-East-02.jpg
渋谷マークシティ EAST
施設情報
所在地 〒150-0034
東京都渋谷区道玄坂1-12-1
座標 北緯35度39分29.8秒
東経139度41分55.3秒
座標: 北緯35度39分29.8秒 東経139度41分55.3秒
状態 完成
着工 1994年平成6年)4月
竣工 2000年平成12年)2月
用途 店舗事務所ホテルバスターミナル駐車場
地上高
高さ 99.67m
各種諸元
階数 地上25階地下2階 塔屋2階
敷地面積 14,420.37m²
建築面積 13,256.08m²
延べ床面積 139,520.49m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
駐車台数 454台
関連企業
設計 日本設計東急設計コンサルタント
施工 清水建設大成建設鹿島東急建設京王建設戸田建設
デベロッパー 東京地下鉄(旧帝都高速度交通営団)・東急電鉄京王電鉄
管理運営 株式会社渋谷マークシティ
渋谷マークシティイースト
Shibuya Mark City East
Keio-Inogashira-Line-Shibuya-Station.jpg
渋谷マークシティEAST2階にある京王電鉄渋谷駅
施設情報
状態 完成
着工 1994年平成6年)4月
竣工 2000年平成12年)2月
用途 店舗ホテル駐車場
地上高
高さ 99.67m
各種諸元
階数 地上25階地下2階 塔屋2階
敷地面積 5,499.19m²
建築面積 5,416.83m²
延べ床面積 45,926.38m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
駐車台数 24台
渋谷マークシティウェスト
Shibuya Mark City WEST
Shibuya-Mark-City-West-03.jpg
渋谷マークシティ WEST
施設情報
状態 完成
着工 1994年平成6年)4月
竣工 2000年平成12年)2月
用途 店舗事務所バスターミナル駐車場
地上高
高さ 95.55m
各種諸元
階数 地上23階 地下2階 塔屋3階
敷地面積 8,921.18m²
建築面積 7,839.25m²
延べ床面積 93,594.11m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
駐車台数 430台
マークシティモール
Mark City Mall
店舗概要
開業日 2000年4月7日
商業施設面積 5,826m2
店舗数 65店
駐車台数 454台
最寄駅 渋谷駅
テンプレートを表示

北緯35度39分29.8秒
東経139度41分55.3秒
渋谷マークシティ(しぶやマークシティ)は、東京都渋谷区道玄坂一丁目にある、株式会社渋谷マークシティが運営する複合施設である。

「イースト」(EAST=東)と「ウェスト」(WEST=西)の2棟のビルからなり、バスターミナル(東急玉川線渋谷駅跡地)・東京地下鉄上野検車区渋谷分室京王電鉄渋谷駅に跨って建てられている。

概要[編集]

京王帝都電鉄(現:京王電鉄)・帝都高速度交通営団の鉄道敷地を低層部のマークシティアベニューに内包(実質地中化)し、2棟のビルを建設する営団・東京急行電鉄・京王電鉄による共同再開発が1994年に着工。2000年4月7日に『オトナ発信地』をコンセプトとして、渋谷で生活する20歳代後半以上の女性をターゲットにオープンした。

運営会社は上記三社の持分出資であり、ホテル・オフィス・マークシティモールの各商業区画は三社の共有物件である。渋谷駅部分は京王電鉄の持ち分であり京王グループの物販店が出店している。

イースト(ホテル棟)[編集]

  • 主要用途:ホテル、店舗(物販・飲食)、京王渋谷駅など
  • 構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造、地下2階・地上25階、塔屋2階建
    • 最高高さ:99.67m
    • 敷地面積:5,499.19m²
    • 建築面積:5,416.83m²
    • 延床面積:45,926.38m²
    • マークシティモール約35店舗、渋谷エクセルホテル東急(客室数408室、収容人員685名)、駐車場24台

開業直後から連絡橋直下の1階マークシティイースト入口前がTBSテレビ深夜番組 ランク王国のインタビュースポットとなっている。
また、同じくTBSテレビとフジテレビ(2013年5月23日~)が同所3階(井の頭線渋谷駅へあがるエスカレーター部分の屋上)にお天気カメラ情報カメラ)を常設している。他局はすべて駅前スクランブル交差点に設置している中、TBSとフジテレビが離れた場所に設置していることで、他局とは違うアングルから渋谷駅前の表情を番組に反映させている。

ウェスト(オフィス棟)[編集]

  • 主要用途:事務所、店舗(物販・飲食)、駐車場東京メトロ銀座線車両基地など
  • 構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造、地下1階・地上23階、塔屋3階建
    • 最高高さ:95.55m
    • 敷地面積:8,921.18m²
    • 建築面積:7,839.25m²
    • 延床面積:93,594.11m²
    • マークシティモール約30店舗、オフィス賃貸面積:27,313.55m² 基準階面積:2,353.95m² 天井高:2,650mm、駐車場430台

5階にバスターミナルがあり、高速バス(主に新宿高速バスターミナル発着の京王バス共同運行便が中心)や東京空港交通リムジンバスなどが発着している。メトロ車両基地は3階。

主要テナント[編集]

マークシティアベニュー[編集]

飲食店[編集]

WEST[編集]
EAST[編集]

東横のれん街[編集]

長年東急百貨店東横店東館で営業していた食品売場が、2013年3月の東館閉鎖に伴い、マークシティ内地下1階に2013年4月4日移転オープンした。連絡通路を通じて、東横店地下1階の「TOKYU Food Show」と一体運用となっている。

渋谷エクセルホテル東急[編集]

  • EAST棟の5-25階部分。客室は全408室。

オフィス[編集]

  • WEST棟の11〜23階部分。オフィスロビーは5階である。

バスターミナル[編集]

5階にあるバスターミナル

乗入路線[編集]

東急玉川線渋谷駅跡を活用したバスターミナルが5階にあり、高速バス空港連絡バスが発着している。

空港リムジンバス[編集]

東北方面[編集]

東海方面[編集]

北陸方面[編集]

近畿方面[編集]

中国・四国方面[編集]

その他[編集]

City Shuttle 渋谷循環バス(無料)

以前は、この他に、東急バスが運行する無料の渋谷循環バスが渋谷エクセルホテル東急の玄関前に乗り入れており、当施設とセルリアンタワー(セルリアンタワー東急ホテル)、渋谷駅東口(東急百貨店東横店・東館1階)、東急百貨店本店の間を10〜15分間隔で運行していた(現在は渋谷駅東口(東急百貨店東横店・東館1階)、東急百貨店本店の間のみ運行)。

旧バスターミナル[編集]

この施設ができる前にもバスターミナルが存在しており、大井町駅行、幡ヶ谷折返所行、道玄坂歩行者天国実施中の成城学園前駅行・狛江駅行・調布駅南口行や、東急バス運行の高速バス(ミルキーウェイ)などが発着していた。

現在のバスターミナルよりも前のバスターミナルは、東急玉川線(玉電)廃止後の玉電渋谷駅をバスターミナルに改築したものである。 渋谷駅を発着する系統は1969年5月の玉川線代行バス輸送開始直前では、1日の発着回数が5,000回に達し、これに代行バスの発着が加わる事となったため飽和状態となった。この状況を解決するため、玉川線渋谷駅跡地を利用し既存バスターミナルの混雑緩和を図る事になった。

1970年品川線(渋谷〜品川区役所間)の使用を開始し、同年10月より東名急行バスも東急電鉄旧本社前の乗り場より移転・使用開始となった。なお東名急行バスは1975年に廃止されている。

その後、幡ヶ谷線や成城線(歩行者天国時)、東急百貨店送迎バス、夜行高速バスも東急バスターミナルに発着した。現在では再開発により渋谷マークシティとなっており、バスターミナルとしての役割はマークシティ5階の高速バス乗り場に受け継がれている。ミルキーウェイは東急バスターミナル廃止からマークシティ開業にかけて、渋谷駅東側の明治通り路上にある渋谷東急イン前に停留所を設けて発着していた時期がある[1]。バス停位置は都営バス池86系統早81系統バス停よりもやや原宿寄りであった。

このバスターミナルの廃止後、跡地は井の頭線渋谷駅ホームの拡張に使われ、連絡通路も井の頭線渋谷駅やマークシティへの連絡通路に改築された。

沿革

アクセス[編集]

駐車場[編集]

駐車場がWESTの6〜10階にあり、最大430台まで収容できる。料金は最初の20分(午前1〜7時は30分)まで200円で、それ以降は20分毎に200円ずつ加算される。(12時間毎に最大2,500円)

鉄道[編集]

JR・渋谷駅玉川改札(2005年3月29日撮影)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、東急バスはマークシティ開業前の1998年9月限りで夜行高速バスから全面撤退している。

外部リンク[編集]