プリンセスロード号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プリンセスロード号(神姫バス)
プリンセスロード号(神姫バス)
新宿 - 姫路線(京王バス東)
新宿 - 姫路線(京王バス東)

プリンセスロード号(プリンセスロードごう 英称:Princess Road)は、神姫バスが運行する夜行高速バスの統一名称である。愛称は、「姫路」を直訳したもの(「姫」→Princess および「路」→Roadから)。

この項目では東京方面系統の姫路・神戸 - 渋谷・新宿線のみ記す。

全便座席指定制のため、乗車には予約が必要。

運行会社[編集]

運行経路および停車停留所[編集]

新宿新宿高速バスターミナル) - 渋谷渋谷マークシティ) - (首都高速3号渋谷線) - (東名高速道路) - (新東名高速道路) - 東名高速道路 - (伊勢湾岸自動車道) - (東名阪自動車道) - (新名神高速道路) - (名神高速道路) - (阪神高速3号神戸線) - 三ノ宮駅 - (第二神明道路) - (加古川バイパス) - 加古川駅(北口) - (姫路バイパス) - 姫路駅

※途中海老名SAと神姫バス三ノ宮バスターミナルで休憩する。

歴史[編集]

  • 1989年3月3日 - 渋谷線運行開始。当初は神姫バスと東京急行電鉄の共同運行で渋谷駅発着。東急バス運行便の愛称は同社の夜行バスの統一名称「ミルキーウェイ」であった。
  • 1991年5月21日 - 東急電鉄のバス部門独立で東京側の運行会社を東急バスに移管。
  • 1998年7月1日 - 東急バス撤退。神姫バスの単独運行に。東急バスで使用されていた車齢の若い夜行用車両2台を神姫バスに移籍、神姫バス車両の不足を補う。東急バスは同年に夜行バス部門から完全撤退。
  • 2000年4月 - 渋谷の乗降場を渋谷マークシティ開業に伴い、同ビル5階の高速バス乗り場に変更。
  • 2003年12月 - 新宿線運行開始。京王バス東と共同運行。
  • 2007年3月22日 - 両系統を統合、新宿・渋谷 - 三ノ宮・姫路系統に1本化。
  • 2010年2月2日 - 加古川駅(北口)に停車。

使用車両[編集]

神姫バス・京王バス東ともに、原則三菱ふそう・エアロクィーンI独立3列シート車両を使用する。 神姫バス便は仕切りカーテン装備、一部車両はコンセント装備。

競合路線[編集]

本項では東京 - 神戸間で競合する路線を記す。

その他、大宮駅立川駅と神戸三宮を結ぶ京阪神ドリームさいたま号がある。

その他[編集]

  • 渋谷線運行開始当初は神姫便を「プリンセスロード」、東急便を「ミルキーウェイ」と称していたが、東急撤退に伴い「プリンセスロード」に名称を統一した。
  • 京王運行便は「プリンセスロード」という名称を名乗っていない。
  • 東京側の発券業務は京王バス都営バスはとバスが担当。
  • 2007年の渋谷系統と新宿系統の統合パターンは、やはり東急が撤退し暫く庄内交通が単独運行し後に国際興業と庄内交通の共同運行の大宮系統と統合された「夕陽号」でも見られた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]