夕陽号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夕陽号(国際興業)現在の車両
夕陽号(国際興業)現在の車両
夕陽号(庄内交通)現在の車両
夕陽号(庄内交通)現在の車両

夕陽号(ゆうひごう)は、東京都(一部便は埼玉県さいたま市を経由)と山形県鶴岡市酒田市を結ぶ夜行高速バスである。

全ての座席が指定のため、乗車には事前の予約が必要。

運行会社[編集]

※:同社担当便で多客期における増発便車両(貸切車タイプ)運用は、2014年3月31日まで庄内交通観光バス・ハイヤーの担当であったが、翌4月1日より庄内交通観光バス・ハイヤーが庄内交通に合併したため、現在は増発便も庄内交通の担当となっている。
※:同社担当便で多客期における増発便車両(貸切車タイプ)運用については国際興業観光バスが担当。

概要[編集]

当初は、庄内交通と東京急行電鉄(当時。現・東急バス)との共同運行で、愛称も「日本海ハイウェイ夕陽号」だった。東急では同路線を「ミルキーウェイ号酒田線」と案内していた。その後、1998年に東急は酒田線を含む全ての夜間高速バスから撤退し、しばらくは庄内交通のみの単独運行となっていた。一方、1992年10月1日から庄内交通と国際興業の共同運行により、酒田・鶴岡 - 大宮・赤羽間「庄内・日本海ハイウェイ夕陽号」の運行を開始したが、1999年に渋谷発着の路線と統合された。統合後は、都心の経由地も渋谷 - 池袋 - 大宮の順に停車している。

2009年には新たに東京駅秋葉原駅上野駅発着の系統も運行を開始しており、2012年には新宿駅への乗り入れも開始している。

運行開始時は、玉電跡地の東急バスターミナルからの発着だった(現在発着の渋谷マークシティはこの跡地に建っている)。東急バスターミナル閉鎖後には、渋谷東急イン前などが乗り場だったこともある。

なお、日本で初めてボルボ・アステローペが使用された夜行高速バスでもある(庄内交通が導入)。

運行経路[編集]

池袋・渋谷線(1号・2号)

渋谷駅渋谷マークシティ - 池袋駅西口 - 大宮駅東口 ⇔ 庄内観光物産館 - 東京第一ホテル鶴岡 - 庄内町余目駅前 - イオン酒田南店 - 酒田庄交バスターミナル → さかた海鮮市場前(下り便のみ停車)

東京・新宿線(51号・52号)

新宿西口高速バスターミナル - 東京駅丸の内北口オアゾ前) - 秋葉原駅 - 上野駅 ⇔ 庄内観光物産館 - 東京第一ホテル鶴岡 - 庄内町余目駅前 - イオン酒田南店 - 酒田庄交バスターミナル → さかた海鮮市場前(下り便のみ停車)

歴史[編集]

使用車両[編集]

  • 庄内交通は原則ハイデッカー車(三菱ふそう・エアロエースまたはエアロバス)が使用されている。初代車両は夜行路線としては初の採用例となったボルボ・アステローペであった。初代車両代替時にもアステローペで代替(路線統合時に赤羽線の車両を使用)されたが、2007年度に所定車は三菱エアロバスに統一された。現在の三菱エアロバスは3代目の車両である。
  • 東急は三菱スーパーエアロIIを使用していた。最後部2列以外は独立横3列シート、最後部2列は喫煙席に設定の上横4列シート(最後部列は横5列)となっており、カーテンで仕切ることができるようになっていた。
  • 国際興業は原則独立横3列シート27~29人乗りのスーパーハイデッカー車またはハイデッカー車(いすゞ・ガーラ)が使用されている。かつては独立横3列シート29人乗りのいすゞ・スーパークルーザースーパーハイデッカーが使用されていた。
  • 当系統は2つの系統を統合した経緯から[要出典]週末等に続行便を運行することがしばしばある。
  • お盆、年末年始等の最ピーク期には更なる増便が実施されることがあり、専用車両ではない一般観光バス車両(4列シート・概ね4号車以降)によって運行される場合があり、多いときには10台前後で運行し、台数が多いため、一度にバスターミナルへ入線できず到着号車順に乗車することになる。また渋谷マークシティに入線できる車両に限りがあるため、池袋駅西口発着となる場合もある。

使用車両画像一覧[編集]

利用状況[編集]

渋谷・池袋・大宮 - 鶴岡・酒田系統
年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2002(平成14)年度 365 1,300 28,943 79.3 22.3
2003(平成15)年度 366 1,332 29,683 81.1 22.3
2004(平成16)年度 365 1,501 33,171 90.9 22.1
2005(平成17)年度 365 1,454 31,996 87.7 22.0
2006(平成18)年度 365 1,506 33,615 92.1 22.3
2007(平成19)年度 366 1,644 35,836 97.9 21.8

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]