学生割引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

学生割引(がくせいわりびき)とは、学生・生徒を対象に提供される割引制度のことである。一般に学割(がくわり)と略されることが多い。

日本では、子供料金(一般的には大人料金の半額)が適用される小学生を除く、中学生、高校生、大学生などを対象にした割引制度を「学割」と呼ぶことが多い。以下、主に日本での代表的な学生割引の例を示す。この項では小学生を除外して記述する。

概要[編集]

学生割引は主として交通機関運賃に適用される。これは、通学や帰省、あるいは就職進学のための受験等で、経済的な能力のない学生の負担を減らすためである。したがって、交通機関を利用する長期の旅行のために学校が発行する割引証は、長期休暇での利用を前提にしているため、その枚数が限られている。

学生割引は、交通機関以外にも様々な業種・サービス等で実施されている。その背景には、今後、社会人になっていく学生に対し様々なサービスを優遇することにより、長期的な顧客として確保しようという考えもある。学生・生徒ら将来を担う人たちのために、教育と学習機会を提供するという意味で割引、もしくは無料になっている教育施設も少なくない。同様の制度は、日本以外の国々にも存在し、同様の理由により、多くの国では兵役の義務に就いている若者にもこうした割引が適用されている。ヨーロッパの多くの国では、博物館美術館などの社会教育施設は、学生には(一部の国では学生以外の青少年にも)無料というケースが多い。

またある程度の割引については、単純にその方が経済的に合理的である(つまり儲かる)こともあり、それを目的として学割を設定することも考えられる。これは一般に収入の低い者の方が需要の価格弾力性が高いことによる。つまり一般に収入が低いものの方が、購入には価格が重要な要素となっており、価格を下げることでより多くの顧客を獲得できるため、最も利益を上げられる価格が異なる。

例としてある入場券を考えると以下のようになる。

  • 1000円であれば、100人の低所得者と100人の高所得者がこの券を買うとする。この場合売上は20万円である。
  • 800円にすると、130人の低所得者と110人の高所得者がこの券を買う。この場合売上は19万2千円である。
  • ここで高所得者には1000円で、低所得者には800円で売れば、100人の高所得者と130人の低所得者が購入し、売上は20万4千円と上記の二つのパターンより高くなる。

このように集団によって需要の価格弾力性が異なる場合には、それぞれの集団に最適となる価格を設定することで、利益を最大化できる。ただし、所得それ自体を見極めるのは難しく、また顧客を区別することについて、高い価格を課されるものに不公平感などを感じさせることとなっては問題である。そこで、学生が一般的に収入が低いことに着目して、判別が容易でかつ(教育のためなどとして)社会的に認められる区別方法として、学生であるから割引することで利益を増大させていると考えられる。

字の通り学生を対象とした割引サービスであるため、割引適用の際には学生証など学生であることの証明が必要な場合が多い。但し、義務教育期間中の場合は年齢のみの確認で認められる場合もある。

交通機関[編集]

鉄道[編集]

学生割引乗車券[編集]

  • 鉄道事業者JR各社、青い森鉄道[1]東武鉄道名古屋鉄道近畿日本鉄道)から指定を受けた学校等(通信制以外の一般の中学・高校・大学などの学校)の学生・生徒で、運賃計算に使用した片道営業キロが100kmを超えている場合、片道、往復、または連続乗車券の該当券片、以上の各普通乗車券の運賃が大人の2割引になる。
  • 運賃計算に使用した片道営業キロが601kmを超えている場合は、1割引の往復割引も適用される。この場合の運賃計算方法は、 (1) まず往復割引として、往路および復路のそれぞれについて、大人運賃から1割引(10円未満切り捨て)し、 (2) 次に、往路及び復路のそれぞれについて、往復割引後の運賃からさらに2割引(再度10円未満切り捨て)する、という順序である。なお、割引の重複適用は、禁止が原則であるが、学生割引と往復割引の併用は唯一の例外である。
  • ただし、JR各社と青い森鉄道にまたがる通過連絡学生割引往復割引乗車券及び通過連絡を適用する学割利用の周遊きっぷ「ゆき券」・「かえり券」の場合、青い森鉄道区間については学生割引による2割引(10円未満切り上げ)のみが適用となる。
  • 学生割引は、各学校の事務室等で発行される「学生・生徒旅客運賃割引証」を事前に用意しておき、JRでは乗車券購入の際に出札窓口へ「学校学生生徒旅客運賃割引証」(学割証)を提出し、かつ学生証を提示することで割引が適用される。あくまで乗車券運賃)のみの割引で、特急券指定席券などは割引されない。
  • これに関連して、周遊きっぷで、ゆき券・かえり券それぞれの運賃割引が元々設定されている2割引から3割引に引き上げられる制度もある。ただし、経路に東海道新幹線を含む場合は、運賃計算に使用した各アプローチ券の片道営業キロが 600 km を超える場合のみ制度適用され、それ以下の営業キロでは同様に同券に設定された5分引きから2割引きに引き上げられる。

通学定期乗車券[編集]

通学定期乗車券は、鉄道事業者から指定を受けた学校等の学生・生徒で、購入時に学校長より許可がある通学証明書(学生証など)を提示することによって割引額で購入できる。ただし、通学を目的とするため、発売区間は自宅の最寄り駅から学校の最寄り駅までに限定される。

通学回数乗車券[編集]

通学回数乗車券は、放送大学、または通信制学校への通学者が利用できる。

その他[編集]

  • 学生ではないが、親元を離れて就職した満20歳未満の勤労青少年に対して、夏季年末年始の帰省のための、勤労青少年旅客運賃割引制度[2]がある。この割引率等は学生割引乗車券と同様である。ただし、お盆および年末年始の帰郷旅行の往復または連続乗車券に限られるなど、学生割引よりも適用条件が厳しい上、割引乗車券の購入に際しては、勤務先の勤労青少年証明書と、勤務先を通じて所轄の労働基準監督署に申請して割引証を発行してもらう必要がある。

航空[編集]

日本では2014年1月1日現在、スカイネットアジア航空(ソラシドエア)、スターフライヤーの二社がそれぞれ、「予約ができるヤング割」、「スター学割」という名称で発売している。学生であれば年齢制限はない。ソラシドエアの「予約ができるヤング割」は満12歳以上(に達した小学6年生を含む)から22歳未満までの人も対象としている。学校教育法第1条の規程による幼稚園を除く学校の学生および生徒、学校教育法第82条の2の規定によって設立された専修学校及び同法第83条の規定によって設立された各種学校の学生および生徒、さらにこの二社では国際学生証を保持する人も対象としている。制度上は日本国外の学生でも学生割引を受けられることになる。他の日本の交通機関では、太平洋フェリー[3]などごく一部を例外として、JRを含めほとんどの社で国際学生証を受け付けておらず、学生割引は受けられない。

類似した割引としてスカイメイト青少年割引運賃)がある。満12歳以上(に達した小学6年生を含む)から22歳未満まで(AIRDOのみ26歳未満まで)が対象である。なお、年齢制限による割引であり、学生割引ではない。対象年齢であれば社会人でも利用することができる。

航空運賃ではそれぞれの運賃が独立しているため、学生割引もスカイメイトも割引の重複適用という概念が発生しない。詳しい適用条件は上記のリンク記事を参照。

その他交通機関[編集]

鉄道航空以外の交通機関でも、路線によっては学生割引の制度がある。

鉄道以外の交通機関の学生割引措置は、あくまで営業施策の一環であり、鉄道のように必ずしも「学生・生徒旅客運賃割引証」を必要としない反面、鉄道運賃より安価で発売していることや、JRバスグループの「青春ドリーム号」のように廉価な運賃を設定している場合、学割の設定がない場合もある。

  • 長距離フェリー航路では、2等席については「学生・生徒旅客運賃割引証」の提出、あるいは学生証の提示で割引が受けられる場合がある。
  • 長距離夜行高速バスでは、学割運賃が設定されている路線も多いが、ない場合もある。

携帯電話[編集]

  • ガク割
    • KDDI、および沖縄セルラー電話(各au)の携帯電話料金割引サービス。2007年当時の主力サービスとなっていたCDMA 1X WINは対象外、CDMA 1Xのみ対象となっていた。基本料金や通話料金等が割引になる。店頭で学生証を提示することで適用された。
  • 学生割引
    • ソフトバンクモバイルの「オレンジプラン(WX)」での電話料金割引サービスである。内容はauの「ガク割」と同じである。

期間限定のキャンペーン[編集]

  • ホワイト学割
    • ソフトバンクモバイルの「ホワイトプラン」での期間限定携帯電話料金割引サービス。申込期間は2008年2月1日から9月30日までである。iPhone 3Gは対象外。新規加入から3年間、ホワイトプラン基本使用料が無料になり、パケット定額サービスが割引になる。ただし、「S!ベーシックパック(税別300円)」と「パケットし放題(税別0円~4,200円)」に加入しなければならない。2009年には「ホワイト学割 with 家族」、2010年以降は「ホワイト学割 with 家族 XXXX(西暦年)」の名称でキャンペーンを行った。それぞれの詳しい内容はホワイト学割の項を参照。
  • ガンガン学割→ともコミ学割→auの学割
    • auのCDMA 1x WIN用メール定額プランであるプランEに適用される学生割引。小学生以上の学生(当該年4月からの新小学1年生も含む)および、キャンペーン期間中に新規契約した家族は基本使用料が3年間372円(税別)となる。申込期間は2009年2月9日~5月9日である。誰でも割の契約が必要である。2010年・2011年にも同様のキャンペーンを実施した。2012年は名称が「ともコミ学割」となり、ホワイトプランのau版に相当するプランZシンプルに適用。なお、2013年以降は名称が「auの学割」となり、ホワイトプランのau版に相当するプランZシンプル、およびLTEプラン誰でも割auスマートパス[4]に適用される。

コンピュータ関連[編集]

ソフトウェア[編集]

ハードウェア[編集]

  • Apple Store for Education
    • 主にアップルの直営店、またはオンラインのApple Store for Educationで実施されるもので、Macシリーズが数%割引になる。入学シーズンにキャンペーンが行われることもある。

インターネット[編集]

博物館・美術館[編集]

※社会教育施設

  • 割引入場券
    • 各施設によって扱いは異なるが、学生証を提示するのが一般的である。公立の教育施設では、その都道府県民あるいは市区町村民であって子供・学生である場合に、入場無料のところもある。

娯楽施設[編集]

  • 映画館レジャー施設では、子供・学生料金が設定されており、学生証を提示するのが一般的である。

興業[編集]

飲食[編集]

  • 高等学校や大学等の食堂、特に学生食堂(学食)では市価よりも安く食事が出来る。これは日本以外の多くの国の大学でも同様である。ドイツの大学の学食、「メンザ」は旅行者にも知られている。

日本国外での事情[編集]

国際学生証を提示すれば、史跡、博物館、美術館、コンサートなどで各種の学生割引が受けられる場合がある。国別では、オーストラリアでは市内バスの半額、国内航空運賃の25%、ニュージーランドでは国内航空運賃の半額が割引される。各大学生協等で購入できる。身分証明として利用でき、旅行中常にパスポートを携帯しなくてもすむというメリットもある。

脚注[編集]

  1. ^ 青い森鉄道株式会社|運賃表|割引乗車券・団体乗車券
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ 例えば2014年1月16日~6月1日までに契約した場合、同年12月の利用分までは無料(通常時の月額使用料は372円/月(税別)が別途かかる)で利用可能となる。
  5. ^ 学生のお客様とご家族を対象としたキャンペーン「応援学割」を実施 - NTTドコモ