オートデスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オートデスク Inc.
Autodesk,Inc.
Autodesk Logo.svg
種類 株式会社
市場情報 NASDAQ: ADSK
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
94903
カリフォルニア州サンラファエル McInnis Parkway 111
設立 1982年
業種 情報・通信業
事業内容 ソフトウェア開発・販売
代表者 Carl Bass (社長CEO)
売上高 19億500万ドル(2011年1月期決算)
従業員数 世界4813名(2006年5月)
決算期 1月31日
外部リンク http://usa.autodesk.com/
テンプレートを表示
オートデスク株式会社
種類 株式会社
略称 ADJ
本社所在地 日本の旗 日本
104-6024
東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランドトリトンスクエアオフィスタワーX 16F 24-25F
設立 1985年4月
業種 情報・通信業
事業内容 ソフトウェア開発・販売サポート
代表者 鬼澤盛夫(代表取締役社長)
資本金 1億円
従業員数 175人(2006年3月)
決算期 1月31日
主要株主 Autodesk, Inc. (100%)
関係する人物 キャロル・バーツ
外部リンク http://www.autodesk.co.jp/
テンプレートを表示

オートデスク (Autodesk) は、AutoCADに代表される図面作成 (CAD) ソフトウェアを主に開発している企業である。

概要[編集]

CADがまだ一般的でなかった1980年代に、PCで稼動するAutoCADをリリースし、その低廉さ使いやすさで、設計事務所を中心とする設計のすそ野市場を瞬く間に席巻するとともに、ソフトウェア市場にCADという新たな分野を確立する。

1986年のAutoCAD2.1では、アドオンプログラムの開発を可能にするAutoLispを搭載し、これにより分野により異なっていた設計手法を便利にする、様々なツールが一般において開発される可能性を開き、さらに市場を広げることに成功した。また、ここから新機能とされるものも多く生み出された。

一方で、当初リリースしていた、UNIX版、Mac版のリリースを中止し、さらにWindowsの普及とともにMS-DOS版も中止され、1997年以降は開発をWindowsに集中させた。これは、1990年代に入って、AutoCADを製造分野、建設分野、電気分野など、各業界向け機能を搭載したものに分割するとともに、Autodesk Mechanical Desktopや、Autodesk Inventor Seriesなどの3次元CADのリリースなど、多品種化を選択したことも影響している。さらに、この時期にはPro/ENGINEER、SolidWorks、Solid Edgeなどの新たなCADソフトウェアが急成長し、またその高機能を活かすことのできる高機能PCも現れたため、汎用低機能CADである従来型AutoCADでは、競争力が維持できないとの判断もあった。

しかし、AutoCADの2次元におけるシェアは非常に大きく、後続の新世代型CADでも、AutoCADのファイル形式である、DXFやDWGを読み込むことができると謳うことが、シェア拡大の重要課題となり、これを封じるため、オートデスクは何度も訴訟を起こすこととなり、これは現在も続いている。[1]

キャロル・バーツCEO時代には、ディスクリート社やエイリアス・システムズ社を次々に買収しCG関連の充実化を進め、2008年にはソフトイマージ社を買収することにより3DCG業界の3大ソフトウェアであるMaya3ds MaxSOFTIMAGE XSI(現:Autodesk Softimage)の全てを手中に収めている状態にある。 近年では、ソフトウェアの開発・販売のみならず、Web アプリケーション分野にも進出している。日本法人オートデスク株式会社

主要製品[編集]

日本法人[編集]

オートデスク株式会社は、米オートデスク社の日本法人である。組織としては、シンガポールにあるAPAC(アジアパシフィック)の直轄。米国本社と区別するため、ADJと呼ばれることがある。

代表執行役社長は鬼澤盛夫。前任の志賀徹也は米オートデスク・バイスプレジデントも退いた。本社は晴海アイランドトリトンスクエアオフィスタワーXに所在し、24Fには主に旧オートデスク、25Fには旧ディスクリート、旧エイリアスが入居。その他日本国内では、大阪に営業所が存在する(人数は極めて少ない)。

脚注[編集]

  1. ^ 2006年および2008年の訴訟について伝える記事

外部リンク[編集]