運賃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

運賃(うんちん)とは、交通機関(運輸会社など)との運送契約に基づき、旅客貨物の運送の対価として、交通機関に支払う金銭のこと。交通サービス・用役に対する対価として考えられている。個人向けの運賃は、鉄道では旅客営業規則、それ以外では運送約款に基づき算出されることが多いが、法人向け運賃は個々の運送契約によってまちまちであることが多い。

このほか、到達時分や設備など、サービスの違いにより、別途料金特別急行券など)が発生する場合がある。

鉄道の旅客運賃は、一般的に普通列車一般車両自由席を利用する運送のための対価をいい、急行列車特別車両などを利用するために支払う料金と区別される。なお、名古屋市大阪市など、地下鉄やバスを運営する日本の地方公営企業の中には運賃を料金と称している事業者もある。

旅客運賃の詳細については運賃制度乗車券航空券も参照。

鉄道(旅客)[編集]

概説[編集]

鉄道の運賃は、駅間ごとに定められた営業キロの総和に応じて決められるのが一般的である。これ以外の方式としては

  • 乗車1回あたりの運賃のみを定める(均一運賃均一制運賃などと呼ぶ)。路面電車に採用例が多い。また北神急行電鉄北神線芝山鉄道線のように途中駅のない路線は必然的に均一運賃となる。
  • 区間ごとに特段の運賃を定める(いわゆる三角表方式)。駅数が少ない路線などに採用される。
  • 路線をブロックに分割し、その利用するブロック数で運賃を定める(区間制と呼ばれる)。日本の鉄道路線では数は少ない(筑豊電気鉄道線の普通・定期運賃や叡山電鉄の普通運賃などにその例がある)。

といったものがある。

営業キロに応じて運賃を定める場合でも、どのように運賃と営業キロを対応させるかによって2つのタイプに大分出来る。

  • 1つは、運賃が初乗り区間付近を除き営業キロにほぼ比例する形で運賃を定めるもので、対キロ制と呼ばれる。JRではJR九州の100km以下の運賃を除いてこの方式を採用しているが、それ以外の日本の鉄道事業者においてはこの方式を採用するものは少ない。
  • もう1つは、初乗り運賃を定め、これにキロ数にほぼ比例した運賃を加算していくもので、対キロ区間制と呼ばれる。日本では私鉄で主流であるが、JRでは唯一JR九州の100km以下の運賃がこの方式を採用している。

また線区ごとに収益に差がある場合などに、一部区間において営業キロをそのまま利用せず、営業キロより割り増しされたキロ数を適用した上で運賃を計算する場合がある(日本の場合、JR四国・JR九州の地方交通線や、名古屋鉄道にその例がある)。詳細は「営業キロ」の項を参照のこと。

2社にまたがる場合で双方が最低運賃の区間の場合、双方の運賃をそのまま合算すると距離の割に運賃が高くなるために、救済措置として乗り継ぎ割引を適用した連絡乗車券が発売されることもある。

遠距離逓減制[編集]

鉄道の運賃は多くの場合、長距離で利用するほど「運賃÷利用キロ数」が低くなるように設定されている。これを遠距離逓減制(えんきょりていげんせい)と言う。

対キロ制運賃の場合、キロ数に比例して定められる運賃を全区間において同一にせず、一定のキロ数を越えた分については低い運賃を比例させるといった方法が取られる。

対キロ区間制運賃の場合はそもそも制度上「運賃÷利用キロ数」は低くなっていく(「運賃=一定額+(距離比例額×キロ数)」であるため、これをキロ数で割ると「運賃÷利用キロ数=(一定額÷利用キロ数)+距離比例額」となる)。ただ、それでも距離が長くなると距離に比例する運賃を下げることもある。

遠距離逓減制のため、同一区間を乗車する場合においては、切符は2枚に分かれているよりも1枚になっていた方が安くなる場合が多い(「途中下車」も参照)。しかし、運賃計算制度の構造上2枚に分けた方が運賃が安くなる場合もある。

子供・障害者の運賃およびIC運賃[編集]

子供の運賃[編集]

子供(概ね小学生まで)の運賃は、大人の半額の運賃となっている場合が多いが、子供であっても年齢や同伴者によって、子供運賃を収受する場合と無料になる場合がある。

JRグループでは以下のようになっており、私鉄でも概ね同一である。

  • 大人 - 12歳以上。ただし12歳の小学生は小児。
  • 小児(こども) - 6歳以上12歳未満。ただし小学校未入学の6歳は幼児。小児運賃が必要。
  • 幼児 - 1歳以上6歳未満。大人または小児に同伴される場合、大人・小児1人につき幼児2人まで無料で、3人以上の場合は超過人数分の小児運賃が必要。幼児が大人・小児の同伴なしで乗車するときは小児運賃が必要。1人で普通車・グリーン車の座席指定席や寝台を利用するときは小児運賃・料金が必要。
  • 乳児 - 1歳未満。無料。ただし1人で普通車・グリーン車の座席指定席や寝台を利用するときは小児運賃・料金が必要。

半額としたときに生じる10円未満の端数は事業者により、切り捨てる場合と切り上げる場合がある。

障害者割引運賃[編集]

障害者身体障害者手帳および療育手帳所持者)やその介護者に対しては運賃を大人運賃の5割引とすることがある。ただし、第1種/第2種の別、乗車距離(100キロを超えるか否か)などにより適用する場合としない場合があり、その条件は各社により異なる。

IC運賃[編集]

SuicaPASMOなどのICカードで入出場する場合に限り適用される運賃。入出場ともに同じICカードを使い、カード読取機(自動改札機に併設されたカード読取機を含む)を利用することが条件となる。自社のICカードだけでなく、相互利用カードを利用する場合にも適用される。

2014年4月1日消費税率改定に対応した運賃改定の際に、東日本旅客鉄道(JR東日本)や首都圏の多くの鉄道事業者が導入した。

通常の運賃は10円単位であるが、IC運賃は1円単位となっている。きっぷで入出場する際の運賃より安い場合が多いが、区間によっては高い場合もある。

運賃計算における特例[編集]

通常の運賃計算のルールを適用すると利用実態にそぐわない場合などに、以下のような特例を設けて対処されることがある。

通過連絡運賃[編集]

他社線を挟んで2区間に分割された1社の路線を利用する場合に、その2区間のキロ数を通して計算すること。2区間に分割されることによって運賃が急増することを抑えるものである。詳細は連絡運輸#通過連絡運輸を参照。

分岐駅通過の特例[編集]

運賃計算の特例ではなく、乗車券の効力の特例であるが、分岐駅を通過する列車に乗車して分岐する他線区に乗り換えをするとき、途中下車しないことを条件に、最寄りの停車駅と分岐駅間の区間外乗車を認める制度のこと。乗り継ぐ前の列車か乗り継いだ後の列車の少なくとも一方がその分岐駅に停車せず通過することが条件である。

JRでは各社で合わせて52か所ある。私鉄にも数例ある。

  • 例えば、北宇和島駅 - 宇和島駅の例では、北宇和島駅を通過する特急列車を利用して松山駅方面から予土線方面に行くとき、宇和島駅と北宇和島駅間を別途運賃を払わずに往復乗車ができる。ただし、宇和島駅では途中下車が出来ない。また、北宇和島駅に停車する列車同士の乗り継ぎの場合や、定期券の場合にはこの特例はない。
  • なお、料金(特急料金急行料金グリーン料金など)についてこのような特例はない。

特定の分岐区間に対する区間外乗車[編集]

分岐駅を経由する列車に乗車して分岐する他線区に乗り換えをするとき、途中下車しないことを条件に、その近傍の指定した駅と分岐駅の間の区間外乗車を認める制度のことである。上記の「分岐駅通過の特例」と異なり、乗り継ぐ前の列車と乗り継いだ後の列車のどちらも分岐駅に停車する場合であっても適用される。JRに8か所あるが、各区間ごとに条件が定められている場合もあるほか、片方の線区において分岐駅に停車する列車がそもそもない区間もある。

特定の列車による折り返し区間外乗車[編集]

特急列車など、途中で折り返して一部の区間を重複して運行する列車に乗車する場合、途中下車しないことを条件に、その重複する区間のキロ数を含めないで運賃・料金を計算する制度のことである。運賃だけでなく、特急料金やグリーン料金などの各種料金の計算にも適用される。JRに5か所ある。

  • たとえば、特急「ソニック」で小倉駅を経由してその先まで乗車する場合、西小倉駅 - 小倉駅間を往復(重複)して乗車することになるが、この区間のキロ数を含めずに運賃・特急料金などを計算する。

経路特定区間[編集]

ある区間に対して複数の経路が存在する場合、旅客営業規則等に定められた区間についてはいずれの経路を通る場合でも短い方の経路によって計算を行うもの。乗客はいずれの経路を通ってもよく、途中下車の条件を満たす乗車券の場合はいずれの経路途上でも途中下車が可能。詳細は該当項目を参照。似た制度として、列車を限って短い経路で計算する列車特定区間、複数のルートのどちらかで計算された乗車券で別のルートを経由できる選択乗車がある。

磁気式プリペイドカード利用時の運賃計算[編集]

改札口を通過可能な磁気式プリペイドカード導入各社(関西のスルッとKANSAI、関東のパスネットなど)ではカードで入場した場合には途中で改札口を通過しない限り、もっとも安い経路の運賃が適用される。これは、入場した際に乗車駅をカードに記憶させ、下車駅で出場する際に乗車駅をもとに精算するというカードのシステム上、実際の乗車経路の把握が困難なためである。

たとえば東京地下鉄(東京メトロ)の大手町駅から半蔵門線~(直通)~東武伊勢崎線北千住駅間を利用した場合、乗車券購入であれば東京地下鉄190円+東武鉄道160円の350円となるが、パスネットでは東京メトロ千代田線の大手町~北千住運賃の190円が適用された(北千住が東京地下鉄と東武鉄道の共同使用駅であるため)。この取り扱いは、現行のSuicaやPASMOでも殆ど同様である。なおパスネットの改札口における取り扱いは舞浜リゾートラインを除き2008年3月14日終電をもって廃止された。

IC乗車券の運賃計算[編集]

IC乗車券(Suicaなど)についても磁気式プリペイドカードと同様にシステム上、、実際の乗車経路の把握が困難なため、運賃計算の原則は磁気式プリペイドカードと同様である。しかしながら、JR~私鉄~JRと改札内で乗り継ぐ場合には、きっぷを予め購入した場合と運賃が異なる場合がある。たとえばJR東日本三鷹から中央本線東京メトロ東西線~総武本線津田沼と乗車した場合、連絡切符を予め購入した場合は590円であるが、SuicaまたはPASMO使用の場合には直通列車に乗った場合には全区間でJR線を利用したものとして780円を、西船橋駅で乗換え改札を通った場合にはJR+東京メトロ+JRの運賃を合算した620円が引き落とされることとなる(磁気式プリペイドカードの場合にはJRと私鉄を相互利用できるものは存在しないのでこの問題はない)。

加算運賃[編集]

加算運賃(かさんうんちん)とは、鉄道会社が特に定めた区間に対して特定額だけ加算される運賃である。

このような区間が設定される理由として、路線建設時の減価償却及び維持に莫大な費用がかかるというものがある。また大規模改良工事に際して完成後に便宜を受ける利用者から運賃を前取りする、「特定都市鉄道整備促進特別措置法」(昭和61年法律42号、通称「特々法」)に定める特定都市鉄道整備積立金制度にもとづく加算制度もある(現在、この制度による加算適用区間はない)。

JRの場合は単に乗車区間に対しての設定となっているが、私鉄の場合は対距離(キロ数)で定めているところもある。

加算運賃を設定された区間は短距離の乗車では距離に対して運賃が高くなりすぎるため、路線によっては運賃の加算額を引き下げたり、特定区間運賃を適用したりしている。例えば本四備讃線瀬戸大橋線児島駅宇多津駅間には加算運賃100円が指定されているが、児島駅と、宇多津駅およびその周辺の駅との相互乗車においては特定区間運賃を定めて運賃を下げている。

加算運賃の設定例

カッコ内は記載の全区間を通しで利用した場合の加算運賃(大人運賃)。

  • *印は、利用区間によっては加算運賃の減額等の措置があるもの。
  • #印は、加算運賃が対キロで設定されている区間・会社(他は乗車区間に対して設定)。
JR各社
千歳線新千歳空港駅南千歳駅(140円)
関西空港線:全線(210円*)
本四備讃線瀬戸大橋線):児島駅宇多津駅(100円*)
宮崎空港線:全線(120円)
京成電鉄
本線京成成田駅成田空港駅(140円*)
東成田線:全線(70円)
京浜急行電鉄
空港線天空橋駅羽田空港国内線ターミナル駅(170円*)
京王電鉄
相模原線京王多摩川駅橋本駅(80円#)
相模鉄道
いずみ野線:全線(70円# 一部二重加算)
名古屋鉄道
豊田線:全線(60円#)
空港線:全線(80円)
知多新線:全線(70円#)
羽島線:全線(30円)
近畿日本鉄道
詳細は近畿日本鉄道の運賃を参照。(#)
京阪電気鉄道
鴨東線:全線(60円)
中之島線大江橋駅中之島駅(60円)
南海電気鉄道
空港線:全線(220円*)
大阪府都市開発(泉北高速鉄道)
泉北高速鉄道線光明池駅和泉中央駅(20円)
阪神電気鉄道
阪神なんば線 : 西九条駅大阪難波駅(90円*)

特定区間運賃[編集]

特定区間運賃(とくていくかんうんちん)とは、鉄道事業者が特に定めた区間(主に、競合する他社並行路線が存在する区間)に対して、キロ数で出される運賃よりも安く設定された運賃のことである。

特定区間運賃は「○○駅~○○駅間は○○円」というように設定されている。このような区間が設定される最も多い理由は、並行する他の路線(特に、JRに対する他社大手私鉄の並行路線)との競争上、通常のキロ数の計算による運賃では高すぎて不利になる場合である。なお、特定運賃区間内にある任意の2駅間を利用する場合で、乗降する区間の正規運賃が、計算上特定区間運賃より高くなった場合でも、特定区間運賃が採用される。

2014年4月1日現在の特定区間運賃の一覧は以下のとおり。()内はICカード利用時の運賃である。

会社 区間 営業距離 正規運賃 特定区間運賃
JR東日本[1] 東京駅 - 西船橋駅 20.6km 390円(388円) 310円(302円)
上野駅 - 成田駅 66.4km 1,140円(1,144円) 920円(918円)
新宿駅 - 高尾駅 42.8km 720円(712円) 550円(550円)
新宿駅 - 八王子駅 37.1km 640円(637円) 480円(474円)
渋谷駅 - 吉祥寺駅 15.6km 310円(302円) 220円(216円)
渋谷駅 - 桜木町駅 31.2km 550円(550円) 470円(464円)
渋谷駅 - 横浜駅 29.2km 470円(464円) 390円(388円)
新橋駅 - 久里浜駅 68.5km 1,080円(1,080円) 920円(918円)
新橋駅 - 田浦駅 58.4km 920円(918円) 800円(799円)
浜松町駅 - 横須賀駅 59.3km 920円(918円) 800円(799円)
品川駅 - 逗子駅 58.4km 920円(918円) 800円(799円)
品川駅 - 横浜駅 22.0km 390円(388円) 290円(288円)
横浜駅 - 田浦駅 31.5km 550円(550円) 470円(464円)
横浜駅 - 逗子駅 26.1km 470円(464円) 340円(340円)
JR東海[2] 名古屋駅 - 岡崎駅 40.1km 760円 620円
名古屋駅 - 安城駅 32.3km 580円 470円
名古屋駅 - 金山駅 3.3km 190円 170円
金山駅 - 尾張一宮駅 20.4km 410円 370円
名古屋駅 - 尾張一宮駅 17.1km 320円 300円
名古屋駅 - 岐阜駅 30.3km 580円 470円
金山駅 - 岐阜駅 33.6km 570円 540円
枇杷島駅 - 岐阜駅 26.3km 500円 430円
名古屋駅 - 桑名駅 23.8km 410円 350円
名古屋駅 - 四日市駅 37.2km 670円 470円
JR西日本[3] 大阪駅 - 京都駅 42.8km 710円 560円
大阪駅 - 高槻駅 21.2km 390円 260円
大阪駅・北新地駅 - 神戸駅 33.1km 550円 410円
大阪駅・北新地駅 - 宝塚駅 24.5km 410円 330円
茨木駅 - 神戸駅 47.7km 800円 710円
高槻駅 - 神戸駅 54.3km 920円 810円
京都駅 - 神戸駅 75.9km 1,240円 1,080円
京都駅 - 城陽駅 20.2km 410円 360円
京都駅 - 新田駅 18.1km 320円 290円
京都駅 - 奈良駅 41.7km 760円 710円
JR難波駅 - 奈良駅 41.0km 710円 560円
天王寺駅 - 奈良駅 37.5km 640円 470円
天王寺駅 - 和歌山駅 61.3km 1,080円 860円
京成電鉄[4] 八広駅 - 菅野駅 10.1km 260円(258円) 190円(185円)
八広駅 - 谷津駅 20.1km 370円(370円) 320円(319円)
八広駅 - ユーカリが丘駅 35.1km 540円(535円) 490円(483円)
空港第2ビル駅 - (成田空港線経由) - 成田空港駅 1.0km 210円(206円) 150円(144円)
京成幕張本郷駅 - 千葉中央駅 10.8km 260円(258円) 230円(226円)
新京成電鉄 北習志野駅 - 京成津田沼駅 5.5km 180円(174円) 170円(165円)
京急電鉄 品川駅 - 横浜駅 22.2km 310円(308円) 300円(298円)
品川駅 - 京急川崎駅 11.8km 240円(237円) 230円(227円)
京急川崎駅 - 横浜駅 10.4km 240円(237円) 230円(227円)
名古屋鉄道 金山駅 - 名鉄一宮駅 22.0km 450円 440円
名鉄名古屋駅 - 名鉄一宮駅 18.4km 400円 370円
名鉄一宮駅 - 名鉄岐阜駅 13.4km 350円 300円
新木曽川駅 - 名鉄岐阜駅 8.6km 300円 240円
阪神電気鉄道 神戸三宮駅 - 元町駅 0.9km 140円 130円
広島電鉄 広電五日市駅 - 広電廿日市駅 3.3km 140円(130円[5] 120円(110円[5]

このような並行他社路線が存在する区間では、さらに一般よりも割引率を高めた回数券を発売して、旅客の誘致に力を入れることが多い。ところが、「ある2駅間の運賃」で設定されるため、1駅区間からはみ出した駅までの運賃は正規の距離計算をもって運賃をあてることになり、運賃の差が大きくなることが多い。

  • (例)JR中央線高尾駅新宿駅42.8kmは特定運賃550円(550円)が適用されるが、隣の代々木駅まで(42.8km+0.7km=43.5km)の通し運賃は720円(+170円)(712円(+162円))に跳ね上がる。

競合する場合とはまったく逆に、複数の事業者が線路を共用する場合も、会社ごとに運賃が違うと煩雑になるため、特定運賃が設定されることがある。その区間は以下のとおりである。

共用路線 対象区間 特定運賃
京成成田空港線北総鉄道北総線 京成高砂駅 - 印旛日本医大駅 北総鉄道#運賃を参照
JR常磐緩行線東京メトロ千代田線 北千住駅 - 綾瀬駅 140円(133円)
東京メトロ南北線都営地下鉄三田線 目黒駅 - 白金高輪駅 170円(165円)
JR七尾線のと鉄道七尾線 七尾駅 - 和倉温泉駅 190円
JR関西空港線南海空港線 関西空港駅 - りんくうタウン駅 370円
JR伯備線井原鉄道井原線 総社駅 - 清音駅 190円

さらに、前述のように本四備讃線瀬戸大橋線児島駅とそれ以南の周辺の駅での相互乗車においても特定区間運賃が定められている。これは本四備讃線の児島駅宇多津駅間には加算運賃が適用されており、距離に対して運賃が高くなりすぎることへの救済措置である。

このような加算運賃が適用されている場合も、距離に対して運賃が高くなりすぎることへの救済措置として、特定運賃が設定されることがある。その区間は以下のとおりである。

会社 区間 営業距離 正規運賃 特定区間運賃
JR西日本JR四国 上の町駅 - 宇多津駅 21.3km 550円 520円
上の町駅 - 丸亀駅 23.9km 550円 520円
JR四国 児島駅 - 宇多津駅 18.1km 460円 430円
児島駅 - 坂出駅 22.7km 550円 520円
児島駅 - 多度津駅 24.9km 550円 520円
京成電鉄[4] 京成成田駅 - 成田空港駅 8.1km 330円(325円) 260円(258円)
空港第2ビル駅 - (本線経由) - 成田空港駅 1.0km 210円(203円) 150円(144円)
京急電鉄 京急蒲田駅 - 羽田空港国際線ターミナル駅 4.5km 330円(324円) 300円(294円)
大鳥居駅 - 羽田空港国際線ターミナル駅 2.6km 310円(303円) 290円(283円)
京急蒲田駅 - 羽田空港国内線ターミナル駅 6.5km 370円(365円) 340円(335円)
糀谷駅 - 羽田空港国内線ターミナル駅 5.6km 330円(324円) 310円(304円)

JR各社[編集]

JR各社の場合、基本的には、各社ごとの乗車するキロ数(営業キロ、換算キロ、擬制キロの3種類。小数点切り上げ)を計算し、キロ数から運賃表に当てはめて算出することができる(後述のような例外あり)。

JR発足時には旧国鉄が残した旅客営業規則(略して「旅規」という)をそのまま引き継ぎ、以下のように運賃改訂を実施している。

  • 1989年4月1日 - 消費税導入による
  • 1996年1月10日 - JR北海道JR四国JR九州(いわゆる三島会社)の運賃改定
  • 1997年4月1日 - 消費税率3%→5%への改定による
  • 2014年4月1日 - 消費税率5%→8%への改定による。JR東日本はICカード使用時のIC運賃を新規導入

当初は全国一律の運賃体系であったが、1996年1月10日の三島会社運賃改定で全国一律の形態が崩れている。また2014年4月1日の消費税率改定時にJR東日本はきっぷ・定期券の新運賃についてはJR東海・JR西日本の新運賃と揃えているが、ICカード利用時にはきっぷ・定期券の運賃と異なるIC運賃を新規に導入し、二重運賃となっている。

JRの旅客運賃・料金の種類[編集]

  • 旅客運賃
    • 普通旅客運賃
      • 片道普通旅客運賃
      • 往復普通旅客運賃
      • 連続普通旅客運賃
    • 定期旅客運賃
      • 通勤定期旅客運賃
      • 通学定期旅客運賃
      • 特殊定期旅客運賃
        • 特別車両定期旅客運賃
        • 特殊均一定期旅客運賃
    • 回数旅客運賃
      • 普通回数旅客運賃
        • 一般普通回数旅客運賃
        • 特別車両普通回数旅客運賃
    • 団体旅客運賃
    • 貸切旅客運賃
ここまでが狭義の鉄道旅客運賃。
  • 急行料金
    • 特別急行料金
      • 指定席特急料金
      • 立席特急料金
      • 自由席特急料金
      • 特定特急料金
    • 普通急行料金
  • 特別車両料金
    • 特別車両料金(A)
    • 特別車両料金(B)
  • 寝台料金
    • A寝台料金
    • B寝台料金
  • コンパートメント料金
  • 座席指定料金

JRの旅客運賃計算法[編集]

  • 発着区間がJR北海道・東日本・東海・西日本(本州三社)の場合
    • 幹線 - 乗車区間の営業キロ数に応じた幹線の運賃。JR北海道は独自の運賃(以下同じ)。
    • 地方交通線 - 乗車区間の営業キロ数に応じた地方交通線の運賃。
    • 幹線と地方交通線を連続して乗車 - 乗車区間の幹線区間の営業キロ数と地方交通線区間の換算キロ数を足し合わせたキロ数(運賃計算キロ)に応じた幹線の運賃。
    • 電車特定区間 - 電車特定区間の運賃。
    • 山手線内・大阪環状線内 - 山手線・大阪環状線内の運賃。
  • 発着区間がJR四国・九州の場合
    • 幹線 - 乗車区間の営業キロ数に応じた運賃。
    • JR四国の瀬戸大橋線にまたがる区間 - 加算運賃。一部の区間は特定運賃。
    • 地方交通線 - 乗車区間の擬制キロ数に応じた運賃。
    • 幹線と地方交通線を連続して乗車 - 乗車区間の幹線区間の営業キロ数と地方交通線区間の擬制キロ数を足し合わせたキロ数(運賃計算キロ)に応じた運賃。
  • 発着区間がJR東日本・東海・西日本(本州三社)とJR北海道・JR四国・JR九州(三島会社)にまたがる場合 - 乗車全区間の営業キロ・運賃計算キロに応じた本州三社の運賃体系に基づく運賃と、三島会社の乗車区間の営業キロ・運賃計算キロに応じた加算額との合計。
    • JR北海道内の乗車区間が地方交通線のみの場合 - JR北海道の乗車区間の営業キロ数に応じた地方交通線の加算額を加算。
    • JR北海道内の乗車区間に幹線が含まれる場合およびJR四国・JR九州 - 各社の乗車区間の営業キロ・運賃計算キロに応じた加算額を加算。
  • 特定の区間に対する運賃割引・割増
  • 往復割引運賃 - 片道のJR線営業キロ数が600キロを超える区間の往復乗車券を購入する場合、往路・復路の運賃がそれぞれ1割引になる[1]
  • 学生割引運賃 - JRから指定を受けた中学・高校・大学・専修・各種学校の学生・生徒が、学校が発行する「学生・生徒旅客運賃割引証」を窓口ヘ提出して、JR線営業キロ数が100キロを超える区間の乗車券を購入する場合、運賃が2割引になる。往復割引との重複適用も可[2]

航空(旅客)[編集]

国内線と国際線で運賃形態が異なる。

航空運送の分野では、搭乗する人の年齢や搭乗する目的など、鉄道などの運賃に比べ多くの多彩な割引運賃を設定している。 以下に大手航空会社の国内線での一例を掲げるが、これ以外にも、離島割引や法人向け割引、国際線乗り継ぎ割引なども設定されている。航空業界では期間や便の追加設定および変更、制度そのものの急な改廃や休止が多いので、詳しくは各航空会社の最新情報を確認してほしい。なお、2011年4月1日以降の購入分(発券分)より、予約変更ができない運賃については航空券購入後に変更があった場合でも、差額の収受または払い戻しはしない。

主な運賃一覧
形態 特徴 JALでの名称 ANAでの名称
普通運賃 満12歳以上の人に適用される通常運賃 大人普通運賃 片道運賃、プレミアム運賃
普通運賃 満3~11歳の人に適用される通常運賃 小児普通運賃 小児運賃、プレミアム小児運賃
同一路線限定運賃 満12歳以上で、同一路線を単純往復する場合の割引運賃 往復割引 往復運賃
同一路線限定運賃 満12歳以上で、東京-大阪間を7日間以内に単純往復する場合の割引運賃 シャトル往復割引 シャトル往復運賃
同一路線限定運賃 各航空会社の提携カードで決済し、同一路線を2回搭乗する場合の割引運賃 JALビジネスきっぷ ビジネスきっぷ
事前購入型特定便限定運賃 搭乗日の3日前(一部路線・タイプは前日)までに予約・購入すると割引になる運賃 特便割引1(ワン)-タイプA・B・C、特便割引3(スリー)-タイプA・B・C 特割A/B/C、プレミアム特割A/B
事前購入型特定便限定運賃 搭乗日の28日前までに予約・購入すると割引になる運賃 先得割引-タイプA・B 旅割A/B
事前購入型特定便限定運賃 搭乗日の45日前までに予約・購入すると割引になる運賃 スーパー先得 スーパー旅割
対象者限定運賃 株主優待券の利用で割引になる運賃 株主優待割引(大人・小児) 株主優待割引運賃(大人・小児)、プレミアム株主優待割引運賃(大人・小児)
対象者限定運賃 割引対象者本人と一部の介護人に適用される割引運賃 身体障がい者割引 身体障がい者割引運賃、プレミアム身体障がい者割引運賃
対象者限定運賃 家族の介護のために搭乗する場合に割引になる運賃 介護帰省割引 介護割引
対象者限定運賃 各航空会社の会員を含む2~4名様のグループで同一便に搭乗し、同一区間を往復する場合の割引運賃 おともdeマイル割引 いっしょにマイル
当日限定運賃 満65歳以上で、当日空席がある場合に搭乗手続きができる割引運賃 当日シルバー割引 シニア空割
当日限定運賃 満12歳以上22歳未満で、当日空席がある場合に搭乗手続きができる割引運賃 スカイメイト スカイメイト割引
乗継割引運賃 指定された同一日中の便の組み合わせを一括予約・購入すると割引になる運賃 特別乗継割引 特定便乗継割引
乗継割引運賃 指定された同一日中の便の組み合わせを搭乗日の7日前までに一括予約・購入すると割引になる運賃 乗継割引7(セブン) 乗継特割
乗継割引運賃 指定された同一日中の便の組み合わせを搭乗日の28日前までに一括予約・購入すると割引になる運賃 乗継割引28 乗継旅割

先得割引-タイプAと旅割Aの取消手数料、特別乗継割引と特定便乗継割引の予約変更の可否のように、両者の利用条件は必ずしも一致しない。

鉄道・航空以外(旅客)[編集]

タクシーは、初乗り運賃と、走行キロ数と乗車時間に応じて加算される運賃よって料金が算出される。日本のタクシーの基本的な運賃制度については、日本のタクシー#タクシーの運賃を参照。

他の交通機関では、鉄道旅客運賃で主流の乗車キロ数から算出される方式ではなく、路線の区間ごとに運賃が決められている(いわゆる三角表方式)ことが多い。一部路線バスコミュニティバスでは均一料金の場合もある。

貸し切りバスについては、基本的には時間と走行距離をもとに算出されるといわれている。

貨物運賃(国内)[編集]

基本的には、重量や大きさと運送距離によって算出される。通信販売を行う企業など、恒常的に多くの荷物を発送する荷主に対しては、割引などの優遇措置が行われることが多い。

一般市民の利用も多い宅配便では、距離区分はおおよそ日本の地方ごと(北海道、北東北、南東北、関東、信越、北陸、東海、関西、中国、四国、九州、沖縄)のブロックに区分けされ、同一ブロックや陸続きの隣接ブロック当ての荷物に対しては最も安い運賃が適用される。

貨物運賃(貿易)[編集]

基本的には、重量や大きさと運送距離によって算出される点は国内と変わらないが、コンテナ輸送の場合では、積地・揚地の荷動き量(コンテナの多少)に左右され、主要港間の運賃が地方港に比べて安くなる傾向がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 普通旅客運賃(特定区間) (PDF) - 東日本旅客鉄道
  2. ^ 消費税引き上げに伴う運賃・料金改定の認可申請 (PDF) - 東海旅客鉄道
  3. ^ 大阪付近の特定区間の普通旅客運賃現行改定案比較表 (PDF) - 西日本旅客鉄道
  4. ^ a b 鉄道旅客運賃の上限変更認可及び運賃改定について (PDF) - 京成電鉄
  5. ^ a b ()内はPASPY利用時の運賃である。ICOCA利用時は現金と同額となる。

関連項目[編集]