大江橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大江橋駅
駅入口(2008年10月12日)
駅入口(2008年10月12日)
おおえばし - Oebashi
渡辺橋 (0.5km)
(0.6km) なにわ橋
所在地 大阪市北区中之島二丁目
所属事業者 京阪電気鉄道
中之島高速鉄道
所属路線 中之島線
電報略号 大江(駅名略称方式)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
5,825人/日
-2012年-
開業年月日 2008年(平成20年)10月19日
乗換 淀屋橋駅
大阪市営地下鉄御堂筋線京阪本線

配線図

渡辺橋駅

2 1


STRg STRf
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr
STRg STRf

なにわ橋駅

大江橋駅(おおえばしえき)は、大阪市北区中之島二丁目にある、京阪電気鉄道中之島線である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅改札口は地下1階、ホームは地下3階にある。駅出入口や改札口の外側は、中之島線の各駅共通の特徴である不燃性木材とガラスで構成された壁面となっている。ホームの壁面は、駅周辺にある日本銀行大阪支店や大阪市役所の壁面にも使われている「石」を使用して、中之島の「現代」をイメージしている。

改札口の外側にはアンスリー天牛堺書店がある。かつてはアンスリーの隣にサブウェイも存在したが、開業から半年ほどで閉店している。

また空調の熱源として堂島川の水を汲み上げて熱交換して川に戻し、太陽光を光ファイバーや光ダクトを通してコンコースを照らして省エネを図っている。

のりば[編集]

1 中之島線(上り) 京橋枚方市三条出町柳方面
2 中之島線(下り) 中之島ゆき

利用状況[編集]

2012年(平成24年)度の1日平均乗降人員は5,825人である。

各年度の1日平均乗車・乗降人員数は下表のとおり。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
2008年 7,258 3,297 [1]
2009年 7,104 3,101 [2]
2010年 7,321 3,271 [3]
2011年 7,326 3,343 [4]
2012年 5,825 2,900 [5]

駅周辺[編集]

当駅は、梅田北新地エリアへの最寄り駅の一つである[6]

北区 中之島一丁目

北区 中之島二丁目

北区 堂島浜一丁目

北区 西天満二丁目

バス路線[編集]

一般路線バス[編集]

大阪市営バス大江橋停留所が御堂筋の大江橋を渡ったところに設置されている。但し、53号系統の停留所のみ京阪中之島線の整備復旧工事完了に伴って、2009年6月1日から中之島通(日本銀行北側)に移設された。また、大阪市役所前と淀屋橋交差点周辺には淀屋橋停留所が設置されている。

大江橋
淀屋橋

高速バス[編集]

海部観光ANAクラウンプラザホテル大阪に停留所を設置しており、同社が運行する高速バスが乗り入れている。

大阪梅田ANAクラウンプラザホテル前

歴史[編集]

その他[編集]

  • 当駅と淀屋橋駅は同じ距離として、運賃が計算される。また、当駅または淀屋橋駅を跨ぐ定期券を利用する場合、同一駅とみなして相互に乗降することが可能である[7]
  • 淀屋橋駅とは地上を経由しての乗り換えとなっているが、同駅との地下連絡通路を設ける案が内閣官房に設置された都市再生本部で提案されている[8]
  • 改札外のコンコースには、かつて中之島に立ち並んだ蔵屋敷跡が描かれた「中之島蔵屋敷跡分布図」が設置されている。これは、大阪中之島ロータリークラブから国際ロータリー100周年記念事業として中之島高速鉄道に寄贈されたものである。
  • 行楽シーズンや京都競馬場重賞レース開催時などに運転される臨時列車以外、特急・急行は当駅に入線しない。また、近接する淀屋橋駅には特急が入線するが、特段の案内は行われていない。京阪中之島線#運行形態も参照。

隣の駅[編集]

京阪電気鉄道
中之島線(中之島 - 京橋間は種別を問わず各駅に停車)
通勤快急(平日下りのみ運転)・快速急行・通勤準急(平日下りのみ運転)・準急・区間急行・普通
渡辺橋駅 - 大江橋駅 - なにわ橋駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]