名鉄豊田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名古屋鉄道 豊田線
200系(三好ヶ丘駅付近)
200系(三好ヶ丘駅付近)
路線総延長 15.2 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V(直流
最高速度 100 km/h
停車場・施設・接続路線

特記なき路線は名鉄


豊田市駅/右:新豊田駅
STR STR
三河線
0.0 梅坪駅 /右:愛環梅坪駅
STRq ABZrf STR
←三河線 ↓豊田線
STRq KRZo STRrf
愛知環状鉄道:愛環線
BHF
2.0 上豊田駅
BHF
3.8 浄水駅
BRÜCKE
国道155線架道橋 45.3m 国道155号
TUNNEL1
福谷トンネル 505m
BHF
6.2 三好ヶ丘駅
TUNNEL1
黒笹トンネル 348m
BHF
8.1 黒笹駅
AKRZo
東名高速架道橋 49.6m 東名高速道路
WBRÜCKE
愛知池橋梁 256m 愛知池
BHF
10.4 米野木駅
TUNNEL1
梨ノ木トンネル 390m
BHF
12.2 日進駅
TUNNEL2
高松トンネル 260m
TUNNEL2
平子トンネル 191m
STRrg KRZo ENDEeq
日進車庫跨線橋 487.7m
BST STR
名市交日進工場
tSTRa tSTRa
tSTRlf tABZlg
tBHF+GRZq
15.2 赤池駅
tSTR
名市交鶴舞線

橋梁、隧道の詳細は
『鉄道ピクトリアル』No.370、p.18による

豊田線(とよたせん)は、愛知県日進市赤池駅から愛知県豊田市梅坪駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線。開通当初は、豊田新線(とよたしんせん)と称していた。

概要[編集]

名古屋市営地下鉄鶴舞線と直通運転を行っており、名古屋市や豊田市への通勤・通学路線でもある。また、沿線に多くの大学があり、それらの大学への通学目的の利用も多い。全線が立体交差で踏切が存在しないが、すべて高架という訳ではなく、丘陵地帯の地形に合わせ、トンネルや掘割なども多数ある。また30以上の急勾配も随所に存在する。

運賃計算区分B(運賃計算に用いる距離は営業キロの1.15倍)で、さらに加算運賃を適用する。manacaなどの交通系ICカード全国相互利用サービス対応カードが使用できる。

なお、『鉄道要覧』による起点は赤池駅だが、列車運行および旅客案内、列車番号の設定においては、梅坪駅から赤池駅へ向かう列車が下り、逆方向が上りとなっている。

加算運賃[編集]

新線であるため、建設費を回収するためにキロ程で算出された運賃に加えて加算額を加算する。普通運賃(大人)への加算額は、営業キロに応じて下表の通りとなっている。

しかし、地下鉄線と合算すると割高感があり(例:2006年7月時点で伏見 - 豊田市は地下鉄290円 + 名鉄500円 = 790円)、これを少しでも解消すべく、また建設費の回収も進んで来ていることから、2006年12月16日より普通運賃で10 - 50円引き下げられた(伏見 - 豊田市は地下鉄290円 + 名鉄450円 = 740円となった)。

なお、一部列車が地下鉄鶴舞線経由で直通している犬山線上小田井駅以遠との通過連絡は自動券売機に設定されていない。ただし、赤池駅の駅長室と有人駅の窓口で購入することはできる。

営業キロ 加算額
0.1キロ - 2.9キロ 20円
3.0キロ - 5.9キロ 30円
6.0キロ - 8.9キロ 40円
9.0キロ - 11.9キロ 50円
12.0キロ - 15.2キロ 60円

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):15.2km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:8駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 閉塞方式:自動閉塞式
  • 最高速度:100km/h
  • 最急勾配:34‰(梅坪駅 - 上豊田駅間ほか)
  • 軌条:50kgN(開通当初は一部に20mレールを敷設)
  • 主な橋梁・トンネル
    • 愛知池橋梁(米野木 - 黒笹間)
    • 黒笹トンネル(黒笹 - 三好ヶ丘間)
    • 福谷トンネル(三好ヶ丘 - 浄水間) - 延長505m。名鉄で最も長い山岳トンネル。

東海地震への対応[編集]

豊田線では(豊田市駅 -)梅坪駅 - 赤池駅間の全線が東海地震の防災対策強化地域に含まれており、東海地震に関する警戒宣言が発令された場合、列車の運行が休止されることになっている[1]

歴史[編集]

1927年設立の新三河鉄道が八事 - 挙母(豊田)間の鉄道敷設免許を取得したのが起源である。同社は名古屋市東部で路面電車(後に名古屋市電へ譲渡)を運行していた尾張電気軌道を合併し、親会社の三河鉄道と連携して、名古屋 - 挙母 - 岡崎間の連絡を目指したが結局果たせず、敷設免許は三河鉄道を経て名古屋鉄道が引き継いだ。戦後しばらく日の目を見なかったが、1979年に名鉄が開業させた。

なお、名鉄は本来免許通り八事までの建設を計画していたが、都市交通審議会で名古屋市内の天白まで公営地下鉄を建設することが答申されたことと、用地買収の過程で市交通局の車庫を日進町(現・日進市) 赤池地区に確保する必要が出て来たため、名鉄と名古屋市が協議を行い、八事 - 赤池の免許を名古屋市に無償譲渡し、その見返りとして瀬戸線の東大手 - 栄町の免許を得たという経緯がある。また、同線の試運転にはモ805-ク2313の2両編成が使われた。ただしATCが導入されていないため赤池駅には入線できずトンネル入口付近で折り返していた。その車両は豊田市の鞍ヶ池公園静態保存されている。この車両のほかにも6000系(現在はmanaca未対応区間でのワンマン運転に対応済み)が試運転で乗り入れ、1987年には5700系が回送列車として黒笹駅まで一度だけ乗り入れた。

年表[編集]

  • 1926年(大正15年)10月9日 西三鉄道[2]が、八事 - 挙母(現・豊田市駅)間の鉄道敷設免許取得[3]
  • 1927年(昭和2年)9月11日 三河鉄道の系列会社として、新三河鉄道設立。西三鉄道の免許を引き継ぐ。
  • 1932年(昭和7年)12月26日 八事 - 挙母間の工事施工認可[4](注:経営困難のため、本格的着工はできなかった)。
  • 1937年(昭和12年)
    • 10月22日 新三河鉄道から親会社の三河鉄道へ鉄道敷設免許を譲渡[5]
    • 12月16日 新三河鉄道解散。
  • 1941年(昭和16年)6月1日 三河鉄道と名古屋鉄道が合併。
  • 1972年(昭和47年)
    • 5月 八事 - 赤池間の鉄道敷設免許を名古屋市へ無償譲渡(名鉄は、見返りに瀬戸線の東大手 - 栄町間の免許を譲受)。
    • 10月 名鉄豊田新線 - 地下鉄3号線(鶴舞線) - 犬山線の相互直通運転について、名古屋市交通局と協定締結。
  • 1973年(昭和48年)10月 豊田新線建設着工(注:41年ぶりの再着工)。
  • 1979年(昭和54年)7月29日 豊田新線として梅坪 - 赤池間が開業。名古屋市営地下鉄鶴舞線と相互直通運転開始。
  • 1986年(昭和61年)9月29日 豊田線に改称。
  • 1993年(平成5年)8月12日 鶴舞線の全通により犬山線と相互直通運転開始。
  • 2003年(平成15年)10月1日 トランパス導入[6]
  • 2011年(平成23年)2月11日 ICカード乗車券「manaca」供用開始。
  • 2012年(平成24年)2月29日 トランパス供用終了。

運行形態[編集]

名鉄三河線名古屋市営地下鉄鶴舞線と直通運転を行い、豊田市駅 - 上小田井駅間を往復する運行を基本としている。ただし、平日のほぼ全時間帯、および土曜、休日の早朝・深夜には名鉄犬山線方面まで直通する列車がある。上り列車は全て豊田市駅行きであり、梅坪駅や途中駅での折り返しはない。日中は毎時4本(平日15分毎、土休日13分または17分毎)であるが、朝夕は増発される。土休日は地下鉄鶴舞線が10分毎の運転となるので、運転間隔の調整のため直通列車の半数は赤池駅で約3分停車する。なお、赤池駅は名古屋市交通局が管理しているため、名鉄の旅客案内上は無人駅となっている。

当線は急勾配は多いが平面線形が良好なため、全列車が各駅停車ながらも線内のみの所要時分は18分で、表定速度は50km/hと名鉄の普通列車としては高く、河和線の急行とほぼ同等である。なお豊田市駅 - 伏見駅間の標準所要時分は45分となっている。

毎年夏に行われる豊田おいでんまつりの最終日など、イベント開催時には通常運行設定がない豊田市駅発赤池駅止まりの臨時列車が運行される時がある。

車両[編集]

3050形(犬山線)
自社車両
乗り入れ車両
名古屋市交通局

利用状況[編集]

名鉄豊田線輸送実績
年度 通勤定期
(千人)
通学定期
(千人)
定期外
(千人)
年間輸送人員
(千人)
一日平均輸送人員
(人)
備考
2006年(平成18年) 5,745 6,759 6,291 18,795 51,493 05年度以前不明
2007年(平成19年) 5,944 6,736 6,793 19,473 53,204
2008年(平成20年) 6,246 6,912 7,014 20,172 55,265

駅一覧[編集]

  • 下り方向(梅坪→赤池)に記述。
  • 全駅愛知県に所在。
  • 普通列車のみ運行。全列車各駅に停車。
駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
梅坪駅 - 0.0 名古屋鉄道:三河線 豊田市
上豊田駅 2.0 2.0  
浄水駅 1.8 3.8  
三好ヶ丘駅 2.4 6.2   みよし市
黒笹駅 1.9 8.1  
米野木駅 2.3 10.4   日進市
日進駅 1.8 12.2  
赤池駅 3.0 15.2 名古屋市営地下鉄Subway NagoyaTsurumai.png 鶴舞線 (T20)

脚注[編集]

  1. ^ 列車運行に支障がある場合の取扱い”、名古屋鉄道、2014年10月16日閲覧。
  2. ^ 免許状下付時点で新三河鉄道名義となっている
  3. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1926年10月13日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  5. ^ 12月16日許可「鉄道敷設権譲渡」『官報』1937年12月23日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 「鉄道記録帳2003年10月」、『RAIL FAN』第51巻第1号、鉄道友の会、2004年1月1日、 19頁。

関連項目[編集]