パーミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「‰」:千分率

パーミルあるいはプロミルとは、1000分の1を1とする単位。記号は(Unicode U+2030)。英語ではpermilあるいはper mil、イタリア語ではpermilleあるいはper mille(ペル ミッレ)と表記され、日本語では千分率という。プロミルはドイツ語のpromilleを片仮名表記したもの。ラテン語で「per」は「~ごとに」を意味し、「millennium」などの語源でもある「mille」は「千」を意味する。

1 ‰ = 10-3 = 1/1000 = 0.001 = 0.1%

である。したがって、例えば、

5 ‰ = 5×10-3 = 5/1000 = 0.005 = 0.5%

となる。

主な使用例[編集]

勾配、角度
  • トンネル用水路などの勾配。例えば、水平方向に1,000m進むと20m上がる(または下がる)坂道の勾配は20 ‰である。
    道路標識や道路標示はパーセントで表記されている。
  • 鉄道線路の勾配を表す単位。水平距離1,000m当たりの高低(m)を指す。一般的に道路より勾配が緩いため、この値を採っている。
  • 勾配の他にも、一部の国の特定分野で角度の表示に用いる事がある。主に数度以内の小さな角が対象である。ただし単位記号として ‰ を使っていても、ミルのいずれかのバージョンを意味する場合がある(パーミルとは最大で5%程度異なる)。
各種の計測値
統計値
その他
  • ジュエリー用貴金属の純度表示。JIS H6309による。
  • 登録免許税の税率。

関連する単位[編集]