女性専用車両

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

女性専用車両(じょせいせんようしゃりょう)は、公共交通機関において、女性専用として提供されている車両である。

日本の女性専用車両の乗車風景(京王電鉄新宿駅にて撮影)
車両表示の例(JR東日本の場合)

概要

女性専用車両は指定した車両において女性以外の乗車を禁止するもので、鉄道車両バスタクシーなどにおいて設定されている。但し、事業者によっては男性の同伴、幼児身体障害者の乗車が認められることもある。そのほか交通機関としては車両以外にもフェリー空港ラウンジ等で同等のサービスを導入している事業者も存在する。その理由は宗教上の戒律によるもの、痴漢などの性犯罪暴力から女性を保護するもの、サービス向上による女性客の取り込み等が挙げられる。また国や事業者によっては男女別に車両を分離し、男性専用車両を設定することもある。
本項では便宜上「宗教的な意味合いによるもの」と「その他の導入例」に大別し、各国の状況を示していく。

宗教的な意味合いによるもの

イスラム教ヒンズー教では男女の同席が忌避されるため、これらの宗教の信者の多い国では、戒律に基づき女性専用車両(男女別車両)を設定している例がある[1]

  • パキスタンでは、カラチの鉄道に終日女性専用車両が設定されている。同国の国教ともいえるイスラム教の「男女同席せず」の戒律に基づいたものであり、女性専用車両にしか女性客は乗車しないため、他の車両は事実上「男性専用車両」となっている。また同様に同地の路線バスは車内に仕切りが設けられ、前半分が女性席、後ろ半分が男性席となっている。
  • イランでは、首都テヘランの地下鉄にイスラム教の戒律に基づいて女性専用車両が先頭と最後方のあわせて2両に終日設定されている。女性が女性専用車以外に乗車するのは自由。市内バスでは後に同国大統領となるアフマディーネジャードがテヘラン市長の時に、男性が前、女性は後ろに分かれて乗車するように決めたという[2]
  • エジプトカイロ地下鉄では先頭1両目(時間帯により2両目も)に女性専用車両が設定されている。イスラム教の戒律に基づいて設定されているが、男性であっても男児なら女性専用車両に乗車できる点や、女性客が女性専用車両以外の車両に乗車していることがある。
  • イスラエルでは、超正統派ユダヤ教徒の多い地区に、前半分は男性、後半分は女性に分けられたバスが運行されている。夫婦と子は一緒に座る事ができる。但し、バス路線全体からみればごく例外的な運用に留まっている。

その他の導入例

ジャカルタの女性専用車両。女性を象徴するモチーフが車体に施されている。(KRLジャボタベック
リオ・デ・ジャネイロの女性専用車両。プラットフォームの乗車位置と車体にピンク色の案内が施されている。
インドの例。警戒色によって男性の立ち入り禁止を強調している。

日本

日本における女性専用車両は、1912年(明治45年)に東京の中央線において朝夕に限り導入された「婦人専用電車」が最初とされている。その後短期間に興廃が繰り返されたが、1980年代末には大阪で痴漢を咎めた女性が逆に性犯罪の被害者となる事件が発生。それを機会に結成された団体などが性犯罪防止を鉄道各社に訴えた。 この動きが底流のひとつとなり、21世紀の女性専用車両を形作ることになった。2000年(平成12年)には京王電鉄京王線で試験導入された「女性専用車両」を皮切りに関東・関西の鉄道事業者を中心に導入が相次ぐ。また、札幌、名古屋、福岡など各都市圏においても拡がりを見せた。 法的には鉄道営業法第34条2号の「婦人ノ為ニ設ケタル待合室及車室等ニ男子妄ニ立入リタルトキ」という文言があるものの、21世紀現在の女性専用車両においては国土交通省は「鉄道営業法34条2号」は適用されるものではない、との見解がなされ、各事業者が任意に設定した制度として扱われる。 本来痴漢対策として導入された女性専用車両だが、痴漢件数については各路線毎に増減がみられ、明確な結果が出ていない。また、混雑悪化などを理由として設定を縮小・変更したケースもある他、モラルの低下や男性に対する差別的待遇等も懸念されている。

韓国

韓国韓国鉄道公社 (KORAIL) 及びソウルメトロでは、1992年から広域電鉄において朝の6時30分 - 9時に限り[要出典]女性・老人・障害者専用車両が設置された。だが一旦導入はされたものの、いつの間にか有名無実化していた。ソウルメトロは改めて2008年から位置付けを明確化して全路線に導入を検討していると報じられている[3][4]。しかし、ソウル鉄道公社が10の女性団体を対象にアンケート調査を実施したところ、賛成は2団体、反対4団体、返事留保2団体、未回答2団体との結果が得られた(回答は6団体のみが行ったが中央日報は賛成が少ない事を強調している)。反対の理由は、地下鉄性的暴行予防は、キャンペーンやPRなどの手段が必要で、女性専用車両で解決できる問題ではない事、一般車両に乗車する女性は、性犯罪の対象としても良いという歪曲された認識が生まれる事もあり得ることであった。これを受けて、鉄道公社は当初計画を見直し、改めて一般にもアンケートを行った上で結論を出す事とした[5]

台湾

台湾鉄路管理局では、2006年6月より台北市付近の電聯車(電車)に終日女性専用車両を設置した。しかし、男性差別であるなどの反対意見から約3ヶ月で廃止となった[6][7]

フィリピン

フィリピンマニラ・ライトレールでは女性専用車両が終日運行されている。プラットホーム上に女性専用車両である旨の案内板が設置されている。なお、フィリピンもイスラム教徒が多いが、首都・マニラがあるルソン島よりも南部のミンダナオ島に多く居住している。[要出典]

タイ

タイバンコクの路線バスではラッシュ時に限り女性専用バスが運行されている。また、タイ国鉄は2002年からバンコク - チェンマイ間の寝台急行列車に女性専用車両を投入した[8]

インド

  • インドでは、女性の地位はいまだ低いが、女性を保護しようという動きが近年出てきており[9]ニューデリーチェンナイなどの大都市の通勤電車に女性専用車両がある。「レディース・スペシャル」と呼ばれる女性専用列車も運行されている[10]
  • 後述のモスクワとロンドン同様に「女性専用タクシー」も登場した。車体の色がピンクに塗装され、車内に化粧品芳香剤なども置かれ、運賃は普通のタクシーより割高になっている。運転手は女性が務めている。男性運転手を嫌がる女性客の要望により登場したものである。

ロシア

  • 長距離列車に酔客対策として「女性専用コンパートメント」がある。
  • 首都モスクワには2006年8月より前述のインドや後述のロンドンと同様に車体がピンクに塗られた女性専用タクシー「ローズタクシー」がある[11]。インドやロンドンと同様に運転手は女性が務めている。インドやロンドンの場合と異なり、女性に同伴している男性(父親・夫・恋人・息子など)なら一緒に乗車できる。日本やイギリスの交通機関の女性専用サービスを見ての発案だと言う。

ブラジル

  • リオデジャネイロの通勤電車に車体の色がピンクで塗装された女性専用車両がある。
  • サンパウロでは2005年、地下鉄に試験導入がなされた。同地では1990年代に女性専用車両を導入したものの、ラッシュ時に男性が乗車した事で定着には至らなかった。導入を進めた理由は、性的な嫌がらせへの対策であるが、以前の試みは同国の憲法に抵触する事が指摘され、乗客や従業員のモラルの低さもネックとなっている[12]

イギリス

  • イギリスでは、1995年から首都ロンドンに「会員制女性専用タクシー」がある。普通のタクシーと同じ車(いわゆるロンドンタクシー)を使用しているが、車体の色はピンク(普通のタクシーは黒色)で、女性が運転手を務めている。利用時は会員が電話で自宅や勤務先などに呼び出す。これは会員制なので、会員以外の女性は利用できず、駅や空港などでの客待ち営業や市中での流し営業も行わない。モスクワ・ロンドンともに無許可で営業しているタクシー(いわゆる白タクシー)に乗車した客が運転手に乱暴されたり、金品を奪われる事件が多発したのが登場したきっかけである。

チェコ

  • チェコ鉄道では2012年2月初旬に複数の運行ダイヤで女性専用車両を導入している。同年2月23日に東欧チェコの父親らの団体である「ファーザーズ・ユニオン」はフェイスブック上で「男性を特定の車両から隔離することは、人道に対する罪であり、一部の集団に対するアパルトヘイト(隔離政策)および差別の疑いがある」と主張し、チェコ鉄道を刑事告訴したことを発表した。一方、チェコ鉄道側では性別隔離だとの考えは全くなく、むしろ差別とは全く逆であるとしている[13]

インドネシア

  • ジャカルタ首都圏の鉄道網であるKRLジャボタベックでは2010年8月、女性専用車両(KKW : Kereta Khusus Wanita)が導入された。インドネシアにおけるイスラム教徒の人口は世界最大であるが、導入の目的は「セクハラ対策」とされている。[14]該当編成のうち両端の2両が指定されており、また女性と同伴の幼児は性別を問わず乗車可能である。2012年10月には、全車両が女性専用車両である編成も追加導入された[15]が、その7ヶ月後に廃止された[16]

実施路線一覧

鉄道

  • 毎日、終日にわたり実施
事業者名 路線名 時間帯 使用列車 設定車両
マレー鉄道 KTMコミューター 毎日終日 全列車 6両編成は先頭から3・4両目の車両
3両編成はそれぞれ先頭から2両目の車両

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 飯塚正人 (1999年). “イスラームの女性観と現実”. 一橋大学・中東・中央アジアの社会と文化・シラバス. 2011年9月18日閲覧。
  2. ^ 田中宇の国際ニュース解説:イラン訪問記(田中宇、2006年4月14日)
    http://tanakanews.com/g0414iran.htm
  3. ^ <取材日記>ソウル地下鉄「女性専用車」に集まる視線”. 中央日報 (2007年10月31日). 2014年10月9日閲覧。
  4. ^ 韓国旅行コネスト:ソウル地下鉄に女性専用車、来年から導入へ(2007年10月31日)
  5. ^ 中央日報:女性専用車両、女性が反対?(2008年3月7日)
  6. ^ 自由電子報(中国語、2006年8月3日)
  7. ^ 女性専用車両が不評…3か月で存続危機 - 読売新聞、2006年9月4日
  8. ^ 地球の歩き方海外特派員レポート > タイ王国 バンコク:コラム(2002年11月30日)
    http://www.libertytimes.com.tw/2006/new/aug/3/today-life7.htm
  9. ^ インドチャネル:女性の特権(株式会社インド・ビジネス・センター)
    http://www.indochannel.jp/travel/trip/06.html
  10. ^ 産経新聞:インド主要都市に女性専用列車(田北真樹子、2009年10月7日朝刊15版8面)
  11. ^ モスクワ便り:【Volume.11】女性専用タクシー(株式会社JSN、2007年3月)
    http://www.jsn.co.jp/russian/moscow/vol11.html
  12. ^ ぶらじる社会:サンパウロ市地下鉄で女性専用車両を試験導入へ(有限会社イー・ブラジルによる翻訳記事、2005年9月6日)
    http://www.brazil.ne.jp/contents/sociedade/sociedade002_2005090616.htm
  13. ^ 女性専用車両は「性差別」、チェコ男性ら鉄道会社を刑事告訴 - AFP BBNews、2012年2月23日
  14. ^ ジャカルタで女性専用車両が登場、痴漢対策で”. ロイター (2010年8月20日). 2014年3月25日閲覧。
  15. ^ Kereta khusus perempuan diluncurkan”. BBC Indonesia (2012年10月1日). 2014年3月25日閲覧。
  16. ^ 『鉄道ダイヤ情報 2014年3月号』 交通新聞社2014年