名鉄小坂井支線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小坂井支線
配線図
配線図
路線総延長 1.2 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V(直流
STRq STRq STRq STRq STRq
JR東海東海道本線
STRl ABZq+r STRlg
←JR東海:飯田線
kKRZu+r ABZql eABZq+l BHFq
0.0 伊奈駅 名古屋本線
exSTRq
小坂井支線
BHF
1.2 小坂井駅
STR
JR東海:飯田線

小坂井支線(こざかいしせん)とは、愛知県宝飯郡小坂井町(現・豊川市)の伊奈駅から同県同郡同町の小坂井駅までを結んでいた名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線

概要[編集]

開業時は全線複線だった[1]飯田線に乗り入れる豊川稲荷への正月輸送の臨時急行や[1]中部天竜駅へ向かう「天龍号」、近鉄名古屋線から豊川への直通団体列車[2]、更に当時営業されていた田口鉄道線(後に豊橋鉄道へ合併し、1968年廃止)の鳳来寺駅へのもみじ狩り団体列車などが走っていたが、豊川線の全通により1954年廃止された[2]

なお、伊奈 - 豊橋間は、小坂井支線廃止から10余年後の1967年に、優等列車運転を中心に据えたダイヤ(急行は1974年まで一旦廃止)に転換され、普通列車が1日数本に激減(1974年に一旦増発されたが以後徐々に減便、最終的には夜間の豊橋発のみになる)し、2014年3月現在、伊奈始発の豊橋行1本が平日朝の6時台に「急行」の種別で運行[3]しているのみで、普通列車はダイヤ上では消滅している。

路線データ[編集]

※路線廃止時点のもの

  • 路線距離(営業キロ):全長1.2km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:2駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 電化区間:全線(直流1500V)

歴史[編集]

駅一覧[編集]

伊奈駅 - 小坂井駅

接続路線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 徳田耕一『名鉄の廃線を歩く』JTB、2001年、p.110
  2. ^ a b c 徳田耕一『名鉄の廃線を歩く』JTB、2001年、p.111
  3. ^ 伊奈駅時刻表駅探
  4. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1926年4月9日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 澤田幸雄 「名鉄の駅,構内設備の思い出」(『鉄道ピクトリアル No.816 2009年3月号臨時増刊』電気車研究会、2009年)p.144
  6. ^ 日本鉄道旅行地図帳 追加・訂補 7号 東海 - 鉄道フォーラム
  7. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1927年6月11日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 徳田耕一『名鉄の廃線を歩く』JTB、2001年、p.171

関連項目[編集]