名鉄小牧線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名古屋鉄道 小牧線
味鋺駅から地下へ潜る新線
味鋺駅から地下へ潜る新線
路線総延長 20.6 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V(直流
tSTRq
tSTRq
地下鉄名城線
平安通駅
地下鉄:上飯田線
tSTR
名古屋市電御成通線
tBHF+GRZq
0.0 上飯田駅
tSTR
0.1 上飯田駅 -2003
exWBRÜCKE tWSTR
矢田川
exBHF tSTR
0.9 瀬古駅 -1942
exWBRÜCKE tWSTR
庄内川
tSTRe
旧線 -2003
exKRWl eKRWg+r
名鉄第二種
STR
 ・上飯田連絡線第三種区間
BHF+GRZq
2.3 味鋺駅
STR
↓名鉄第一種区間
eABZrf
勝川線
eDST
2.6 二子信号場 -2003
KRZu
東海交通事業城北線
AKRZu
名古屋第二環状自動車道
BHF
3.7 味美駅
eABZlf exKHSTr
名古屋空港線 (未成線)
eBHF
4.5 春日井口駅 [* 1]
BHF
5.4 春日井駅
eABZrg exKBSTr
航空自衛隊小牧基地 -1973
eDST
6.0 豊山駅 -1968
eDST
(6.2) 豊山信号場 -2000
BHF
6.9 牛山駅
BHF
7.8 間内駅
eKRWgl exKRW+r
旧線
BHF exBHF
9.0 小牧口駅
tSTRa exABZrg
岩倉支線
exBHF
9.8 小牧駅
etKRZ exABZrf
鷹来線(未成線)
uexSTR tSTRe exBHF
10.3 上新町駅 [* 1]
uexSTR eKRWg+l exKRWr
uexSTRlf emKRZu uexSTRlg
AKRZu uexAKRZu
東名高速道路
11.3 小牧原駅
uexSTRq emKRZu uexSTRrf
桃花台新交通桃花台線
BHF
12.4 味岡駅
BHF
13.3 田県神社前駅
BHF
14.9 楽田駅
eBHF
16.0 楽田原駅 [* 1]
BHF
17.2 羽黒駅
eBHF
18.7 五郎丸駅 [* 1]
DST
(18.9) 五郎丸信号場
xkABZq+r
xkABZq+l
20.1 東犬山駅 -1946
kABZg+lr
広見線犬山線
BHF
20.6 犬山駅
STR
犬山線

  1. ^ a b c d 1944年休止、1969年廃止

小牧線(こまきせん)は、愛知県名古屋市北区上飯田駅から愛知県犬山市犬山駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線である。

運賃計算区分はB(運賃計算に用いる距離は営業キロの1.15倍)。すべての駅でmanacaなどの交通系ICカード全国相互利用サービス対応カードが使用できる。なお、地下線である上飯田駅 - 味鋺駅間は新線区間となるが、加算運賃は設定されていない。

路線データ[編集]

  • 管轄・路線距離(営業キロ):全長20.6km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:14駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:上飯田駅 - 小牧駅間
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 閉塞方式:車内信号式(上飯田駅 - 味鋺駅間)、自動閉塞式(味鋺駅 - 犬山駅間)
    • 上飯田駅 - 味鋺駅間は名鉄唯一のATC設置区間である。
  • 交換可能駅:田県神社前駅・楽田駅・五郎丸信号場
  • 最高速度:75km/h(上飯田駅 - 味鋺駅間)、95km/h(味鋺駅 - 犬山駅間)
  • 最小曲線半径:300m(味美駅 - 春日井駅間)

運行形態[編集]

ほぼすべての列車が上飯田駅から平安通駅までの名古屋市営地下鉄上飯田線と直通運転しており、上飯田線と一体化した運行がされており、両線を総称して、または小牧線を指して「上飯田線」と呼ばれることも多い[要出典]。現在は普通列車のみの運行である。上飯田線平安通駅 - 犬山駅間(所要は昼間時間帯で下り37分・上り34分)の列車を毎時4本運行しているほか、平安通駅 - 小牧駅間(所要約15分)の列車が平日朝に毎時4本、夕ラッシュ時と土曜・休日の朝に同2本加わる。後者の時間帯は平安通駅 - 小牧駅間が10分毎、小牧駅 - 犬山駅間が約15分毎の運行となるので、運転間隔調整のために犬山駅発着列車の半数は小牧駅で約5分停車する。

駅集中管理システムの導入によって車掌による発券や改札作業が不要となったことから、各駅のホームの映像を運転席のモニタに電送するシステムを導入した上でワンマン運転を実施している。また、発車時には上飯田線と共通の車載乗降促進メロディを使用するほか、上飯田駅にはホームゲートが設置され、電車の到着・発車時に一緒に開閉する。

通常は名鉄の他線と直通する列車はないが、毎年8月10日日本ライン夏まつり納涼花火大会の際に犬山線新鵜沼駅への延長運転が行われている(犬山駅から先はワンマン運転を行わない)。過去には、各務原線新岐阜駅(現在の名鉄岐阜駅)や新鵜沼駅、広見線新可児駅まで直通する列車や明治村口駅(現・羽黒駅)発着で犬山線に直通する特急列車も定期運行していた。上飯田線への乗り入れ開始前までは、毎年3月15日に開催される田縣神社の豊年祭の観客輸送のため、犬山線直通の急行を臨時運行したり、前述の犬山線直通の特急が小牧駅まで臨時延長運転することもあった。

利用状況[編集]

上飯田駅(青)、小牧駅(桃色)、田県神社前駅(緑)の年間乗車人員の推移[1]。上飯田連絡線の開業で利用者数を伸ばした小牧駅とは対照的に、それまで終端駅だった上飯田駅は中間駅になったことで減少に転じた。
そのほかの駅の年間乗車人員の推移[1]。各駅とも相互直通運転開始とともに利用者数が増加しているが、なかでも味鋺駅、味美駅の増加が目立つ。

2003年(平成15年)3月27日、名古屋市営地下鉄上飯田線との相互直通運転の開始により利便性が飛躍的に向上し、それまで減少傾向にあった利用者数は大幅な増加に転じた。2008年度末には当路線の利用者数が1985年以降では最高となり、当路線の一日平均利用者数としては初めて4万人を突破した。

愛知県の統計によれば、2003年度(平成15年度)の一日あたりの輸送人員は30,860人であった[2] 。また国土交通省中部運輸局の統計によれば、2008年度(平成20年度)の一日あたりの輸送人員は40,391人である。

しかし、当路線は普通列車のみの運行になっており、名古屋中心部に行くには乗り換えを余儀なくされることもあり、また近年は少子高齢化による日本の人口が減少傾向であり、また2008年に起きたリーマンショックの影響で企業が経費削減の目的で従業員の解雇や交通費の削減を行っていることなどにより、概ね好調だった利用率も極端な落ち込みはないものの、横ばい状態が続いている。

小牧線輸送実績[2][3]
年度 年間輸送人員
(千人)
一日平均輸送人員
(人)
備考
1985年(昭和60年) 11,681 32,002
1986年(昭和61年) 11,426 31,304
1987年(昭和62年) 11,352 31,101
1988年(昭和63年) 11,440 31,342
1989年(平成元年) 11,470 31,424
1990年(平成2年) 11,322 31,019
1991年(平成3年) 11,813 32,364
1992年(平成4年) 11,804 32,340
1993年(平成5年) 11,813 32,364
1994年(平成6年) 11,595 31,767
1995年(平成7年) 11,524 31,486
1996年(平成8年) 11,065 30,315
1997年(平成9年) 10,430 28,575
1998年(平成10年) 9,857 27,005
1999年(平成11年) 9,317 25,526
2000年(平成12年) 8,832 24,197
2001年(平成13年) 8,369 22,929
2002年(平成14年) 8,195 22,452
2003年(平成15年) 11,264 30,860 上飯田線開業
2004年(平成16年) 12,383 33,926
2005年(平成17年) 13,395 36,698
2006年(平成18年) 13,945 38,205 [4]
2007年(平成19年) 14,345 39,301
2008年(平成20年) 14,743 40,391
2009年(平成21年) 14,335
2010年(平成22年) 14,560 39,890 [5]

使用車両[編集]

現行車両[編集]

2003年の上飯田線開業以後は、ステンレス車両かつVVVF車のみで運行されている。このような路線は名鉄では唯一であったが、2014年に瀬戸線の車両が4000系に統一され、唯一ではなくなっている。

一部の駅では6両分に延長可能になっているものの、犬山駅を除く、ほぼすべての駅においてホーム長が4両までの対応となっており、いずれの形式も4両固定編成が単独で運用され、増解結は行われない。

過去の車両[編集]

上飯田線開業以前は、おもに以下の車両により運行されていた。2両や3両の編成も存在し、小牧駅で増解結することがあった。

この他、旧3700系3400系7700系7300系5500系などの運行もあった。

3500系や6000系などの方向幕には、運用がなくなった現在でも臨時での乗り入れに備え、上飯田と小牧のコマが残っている。ただし、いずれの車両も、必ずしもA-A基準を満たす、いわゆる地下鉄対応車両ではない。

歴史[編集]

開業[編集]

1931年(昭和6年)、名岐鉄道(現在の名古屋鉄道の前身の一つ)が城北電気鉄道(押切町 - 大曽根 - 坂下町間および勝川町 - 小牧町間免許保有)と尾北鉄道(小牧町 - 犬山町間免許保有)の事業を統合し、 上飯田駅 - 勝川駅間および味鋺駅 - 新小牧駅(現在の小牧駅)間を城北線として開業した。上街道沿いのこの地域は、明治時代に中央本線の誘致に失敗した経緯があり、鉄道の敷設は地元の悲願であった。当時は非電化路線で、ガソリンカーキボ50形)による運行であった。

その他の区間の免許については、開業直後に失効したため、経路を改め、1931年(昭和6年)2月24日、上飯田 - 東大曽根町(現在の大曽根駅付近)間について軌道敷設の特許を取得した。1931年(昭和6年)4月29日には、新小牧駅 - 犬山駅間が開通し、上飯田駅 - 犬山駅間を大曽根線、味鋺駅 - 勝川駅間を勝川線とそれぞれ改称した。しかし、上飯田 - 東大曽根町間の延伸計画は立ち消えとなり、代わりに、1944年(昭和19年)7月11日名古屋市電御成通線が上飯田駅まで開業した。

設備の近代化と小牧線への改称[編集]

第二次世界大戦下において、ガソリン供給が難しくなると、1942年(昭和17年)7月1日まず、上飯田駅 - 新小牧駅間が電化された。その後は、戦争の深刻化に伴い、数多くの駅が休止に追い込まれた。

おもに鷹来町にあった陸軍陸軍造兵廠鷹来工廠へ通勤する工員輸送対策として鷹来線が計画され、1945年(昭和20年)5月1日、鷹来線との連絡のため小牧線(のちの岩倉支線)の新小牧駅への乗り入れが完成し、小牧駅(旧)が廃止され、新小牧駅は小牧駅と改称した。

戦後、1947年(昭和22年)11月24日、小牧駅 - 犬山駅間が電化され、1948年(昭和23年)5月16日、大曽根線は小牧線と改称した。同時に、これまで小牧線と呼ばれていた岩倉駅 - 小牧駅間は岩倉支線と改称した。

その後、1954年(昭和29年)には、閉塞方式に名鉄初の単線自動閉塞を導入し、1956年(昭和31年)にかけては、全線に列車集中制御装置 (CTC) を導入し、1964年(昭和39年)10月1日には、架線電圧を600Vから1500Vに昇圧した。

このほか1965年(昭和40年)に博物館明治村が開業し、羽黒駅を明治村口駅に改称して連絡バスとのアクセス駅とした。特急列車の乗入れも行われたが、1985年(昭和60年)に連絡バスの発着が犬山駅に変更されたことにより役目を終え、元の羽黒駅に戻された。

上飯田連絡線の建設[編集]

1964年(昭和39年)4月25日に岩倉支線が、1971年(昭和46年)2月1日に名古屋市電御成通線が廃止されると他の鉄道線との接続が終点の犬山駅だけになり、起点の上飯田駅はバスが接続するだけとなった。通勤時間帯は、時間の読めないバスを避けて、最寄り(徒歩10分)の名古屋市営地下鉄名城線平安通駅まで歩く人も多くおり、乗り換えの不便さが嫌われて名古屋市内へ向かう路線にもかかわらず、ローカル線然とした運行形態が続いていた。この状態を解消するために、上飯田駅 - 味鋺駅間の地下線化と、上飯田駅 - 平安通駅間を結ぶ地下新線(上飯田線)が整備されることとなった。なお、この整備の際には駅間の長い上飯田駅 - 味鋺駅間に瀬古駅を設ける(新設ではなく復活)話も浮上したが、結局設置は見送られた[6]

2003年(平成15年)、上飯田線との相互直通運転を前に名古屋鉄道の路線では初めて無人駅に遠隔操作による駅集中管理システムを導入。線内の全駅に自動券売機自動改札機自動精算機が設置され、名古屋地区共通の共通乗車カードシステム「トランパス」が導入された。また、上飯田駅には可動柵(ホームゲート)が設置された。

同年3月27日に上飯田駅 - 味鋺駅間の地下新線が複線で開業し、旧来の同区間の地上単線区間は廃止された。この結果、小牧駅以南の区間がすべて複線となった[7]。同時に、名古屋市営地下鉄上飯田線との相互直通運転をワンマン運転で開始し、名城線の平安通駅まで直通するようになり、飛躍的に利便性が向上した。なお、上飯田駅 - 味鋺駅間の地下線区間は上飯田連絡線株式会社が保有することとなったため、当該区間は名古屋鉄道が第二種鉄道事業者となっている。

年表[編集]

  • 1931年(昭和6年)
    • 2月11日:名岐鉄道城北線上飯田駅 - 新小牧駅(現在の小牧駅)間開業。
    • 4月29日:新小牧駅 - 犬山駅間が開業。大曽根線と改称。
  • 1942年(昭和17年)
    • 追分駅を楽田原駅に改称。
    • 4月1日?:上飯田駅 - 味鋺駅間の瀬古駅廃止。
    • 7月1日:上飯田駅 - 新小牧駅間が電化。
  • 1944年(昭和19年):味美駅 - 春日井駅間の春日井口駅、牛山駅 - 新小牧駅間の間内駅、小牧口駅、新小牧駅 - 味岡駅間の上新町駅・小牧原駅、味岡駅 - 楽田駅間の久保一色駅、楽田駅 - 羽黒駅間の楽田原駅、羽黒駅 - 東犬山駅間の五郎丸駅が休止。
  • 1945年(昭和20年)
    • 5月1日:新小牧駅を小牧駅と改称。小牧線(のちの岩倉支線)の小牧駅が廃止され、大曽根線の小牧駅に乗り入れ。
    • 10月1日:春日井駅 - 牛山駅間に牛山信号場開設。
  • 1946年(昭和21年)3月1日広見線の犬山口駅 - 東犬山駅 - 富岡前駅間廃止に伴い、乗換駅である羽黒駅 - 犬山駅間の東犬山駅廃止。
  • 1947年(昭和22年)11月24日:小牧駅 - 犬山駅間が電化。間内駅営業再開。
  • 1948年(昭和23年)5月16日:大曽根線を小牧線、岩倉駅 - 小牧駅間の小牧線を岩倉支線と改称。
  • 1951年(昭和26年)
    • 2月18日:牛山信号場を貨物駅に変更し豊山駅開業。
    • 10月11日:休止していた小牧原駅営業再開。
  • 1954年(昭和29年)
    • 閉塞方式に名鉄初の単線自動閉塞導入。
    • 11月1日:豊山駅 - 小牧駅間に名鉄初の列車集中制御装置 (CTC) を導入。
  • 1955年(昭和30年)
    • 7月1日:上飯田駅 - 豊山駅間にCTC導入。
    • 10月20日:小牧駅 - 楽田駅間にCTC導入。
  • 1956年(昭和31年)2月10日:楽田駅 - 犬山駅間にCTC導入、これにより全線で導入。
  • 1964年(昭和39年)
    • 5月:休止していた小牧口駅営業再開。
    • 10月1日:架線電圧を600Vから1500Vに昇圧。
  • 1965年(昭和40年)3月1日:休止していた久保一色駅を田県神社前駅として営業再開。
  • 1966年(昭和41年)11月3日:羽黒駅を明治村口駅に改称。
  • 1968年(昭和43年)10月1日:豊山駅廃止。
  • 1969年(昭和44年)4月5日:休止中の春日井口駅・上新町駅・楽田原駅・五郎丸駅廃止。
  • 1974年(昭和49年)11月26日:明治村口駅 - 犬山駅間の単独立体交差事業(高架)が完成。国道41号との平面交差が解消。
  • 1977年(昭和52年)5月29日:間内駅 - 小牧駅間が複線化。
  • 1979年(昭和54年)
    • 4月1日:味鋺駅 - 味美駅間が高架化、味美駅 - 豊山信号場間が複線化。春日井駅 - 牛山駅間に豊山信号場開設。
    • 8月:連続立体交差化事業の国庫補助が確定。
  • 1980年(昭和55年)7月:小牧線関連の都市計画策定(連続立体交差事業・高架事業)。
  • 1981年(昭和56年)12月:小牧線の連続立体交差事業の認可が下りる。
  • 1982年(昭和57年)
    • 7月:小牧線の高架事業に関する3者間の事業協定締結(愛知県・小牧市・名鉄)。
    • 10月:高架事業工事着工。
  • 1983年(昭和58年)3月:連続立体交差事業工事着工。
  • 1985年(昭和60年)10月9日:明治村口駅を羽黒駅と改称。
  • 1987年(昭和62年)6月14日:小牧駅 - 田県神社前駅間の単独立体交差事業(高架)が完成。小牧原駅と味岡駅が高架駅となった。1989年完成の連続立体交差事業との境界は、東名高速道路となっている。
  • 1989年(平成元年)4月23日:間内駅 - 小牧原駅間の連続立体交差事業(南側掘割区間795m・中央地下区間1150m・北側掘割区間555m)が完成。小牧口駅が掘割区間に移設され、小牧駅は地下駅として旧駅の150m東側に移設された。
  • 1990年(平成2年)3月:連続立体交差事業完了。
  • 1991年(平成3年)10月21日:昼間時、上飯田駅 - 小牧駅15分間隔、小牧駅 - 犬山駅30分間隔から全線20分間隔の運転に変更する。
  • 1997年(平成9年)2月8日:二子信号場 - 味美駅間が複線化。味鋺駅 - 味美駅間に二子信号場開設。
  • 2000年(平成12年)10月18日:豊山信号場 - 間内駅間が複線化。豊山信号場廃止。
  • 2002年(平成14年)3月:小牧駅 - 犬山駅間を15分間隔の運行とするため、田県神社前駅構内に列車行き違い用設備と羽黒駅 - 犬山駅間に五郎丸信号場を開設。
  • 2003年(平成15年)3月27日:上飯田駅 - 味鋺駅間が地下化され名古屋市営地下鉄上飯田線と相互直通運転を開始。この前後から「駅集中管理システム」を導入、稼動開始。味鋺駅 - 二子信号場間複線化、二子信号場廃止。昼間時15分間隔に増発。
  • 2004年(平成16年)5月8日:間内駅 - 小牧口駅間の限度額立体交差事業(高架)が完成。
  • 2005年(平成17年)6月29日:上飯田駅以外の全駅で「乗車券確認システム」を導入。名鉄初の不正乗車防止システム。
  • 2011年(平成23年)2月11日:ICカード乗車券「manaca」供用開始。
  • 2012年(平成24年)2月29日:トランパス供用終了。

駅一覧[編集]

  • 全駅愛知県に所在。
  • 普通列車のみ運行。全列車とも各駅に停車。
  • 線路… |:単線区間 ◇:単線区間の交換可能駅・信号場 ∧:これより下は複線 ∥:複線区間 ∨:これより下は単線
駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 線路 所在地
名古屋市営地下鉄上飯田線平安通駅まで直通運転
上飯田駅 - 0.0 名古屋市営地下鉄Nagoya Subway Logo (Kamiiida Line).svg 上飯田線 (K01) 名古屋市
北区[* 1]
味鋺駅 2.3 2.3  
味美駅 1.4 3.7   春日井市
春日井駅 1.7 5.4  
牛山駅 1.5 6.9  
間内駅 0.9 7.8  
小牧口駅 1.2 9.0   小牧市
小牧駅 0.8 9.8  
小牧原駅 1.5 11.3  
味岡駅 1.1 12.4  
田県神社前駅 0.9 13.3  
楽田駅 1.6 14.9   犬山市
羽黒駅 2.3 17.2  
五郎丸信号場 - (18.9)  
犬山駅 3.4 20.6 名古屋鉄道犬山線広見線
  1. ^ 上飯田 - 味鋺間で名古屋市守山区を通過するが、駅は現存しない。

廃駅[編集]

  • 瀬古駅(上飯田駅 - 味鋺駅間)1942年4月1日廃止。
  • 春日井口駅(味美駅 - 春日井駅間)1944年休止、1969年4月5日廃止。
  • 豊山駅(春日井駅 - 牛山駅間)1968年10月1日廃止。貨物駅。
  • 上新町駅(小牧駅 - 味岡駅間)1944年休止、1969年4月5日廃止。
  • 楽田原駅(楽田駅 - 羽黒駅間)1944年休止、1969年4月5日廃止。
  • 五郎丸駅(休止時、羽黒駅 - 東犬山駅間)1944年休止、1969年4月5日廃止。
  • 東犬山駅(五郎丸駅 - 犬山駅間)広見線の犬山駅への起点変更に伴い、1946年3月1日廃止。

過去の接続路線[編集]

東海地震への対応[編集]

小牧線では上飯田駅 - 小牧駅間が東海地震の防災対策強化地域に含まれており、東海地震に関する警戒宣言が発令された場合、同区間では列車の運行が休止されることになっている[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 愛知県統計年鑑
  2. ^ a b あいちの陸上交通(統計資料) - 愛知県
  3. ^ 愛知県累年統計表
  4. ^ 数字でみる中部の運輸2009 輸送状況(平成18年度) (PDF) - 中部運輸局
  5. ^ 数字でみる中部の運輸2012 輸送状況(管内) (2)事業者・路線別輸送実績 (PDF) - 中部運輸局
  6. ^ 瀬古駅設置(復活)に備え、新線の一部の区間にてトンネルのシールドが変えてあるなどの工夫がなされている。
  7. ^ 1992年(平成4年)運輸政策審議会答申第12号名古屋圏における高速鉄道を中心とする交通網の整備に関する基本計画についてにおいては、小牧駅 - 犬山駅間の複線化が答申路線A(2008年までに整備することが適当である路線)として盛り込まれているが、同区間のみでの需要が少ないと判断されたために着工には至っていない。
  8. ^ 列車運行に支障がある場合の取扱い 名古屋鉄道

参考文献[編集]

  • 今尾恵介監修『日本鉄道旅行地図帳 7号 東海』新潮社、2008年、p.50 - 駅の改廃

関連項目[編集]

外部リンク[編集]