羽黒駅 (愛知県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
羽黒駅*
駅舎(2006年9月)
駅舎(2006年9月)
はぐろ - HAGURO
楽田 (2.3km)
(3.4km) 犬山
所在地 愛知県犬山市羽黒
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 小牧線
キロ程 17.2km(上飯田起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
3,276人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1931年昭和6年)4月29日
備考 無人駅駅集中管理システム導入駅)
*1985年明治村口より改称

羽黒駅(はぐろえき)は、愛知県犬山市羽黒にある、名鉄小牧線

歴史[編集]

開業当初の駅名は沿線の自治体名「羽黒村」に由来する。

1965年博物館明治村が開村したのを受けて、1966年から1985年まで、同村へと向かうバスの接続駅となっていた(現在駅の東側にある細長い空き地が、当時のバス乗り場の名残である。)。そのため駅名をこの時期「明治村口駅」と改称。当時は犬山駅~当駅間の1区間のみ乗り入れる、犬山線との直通座席指定特急列車も7700系等で運転されていた。1985年より同村へのバス路線は犬山駅発着に変更。それに合わせて、駅名が元の「羽黒駅」へと戻された。

駅構造[編集]

  • 1面1線の地上駅無人駅。自動券売機、改札機、精算機を備える。駅集中管理システムによって管理されている。(犬山駅の駅長室内)
  • 出入り口は1ヶ所、平安通寄りの端に設置。
  • かつては、ホームが線路東側にあり、そこにバス乗り場があった。駅東南側のマンションが建っている場所は、当時、バスロータリーであった。駅ホーム移設後はバスロータリーにバス乗り場を移転した。(現在、駐輪場になっている場所)
  • 線路は、駅に入る直前に、2面2線の駅のように、若干西側に曲がる。
のりば
路線 方向 行先
小牧線 下り 犬山行き
上り 小牧平安通方面
構内の様子

配線図[編集]

羽黒駅 構内配線略図

小牧・
上飯田方面
羽黒駅 構内配線略図
犬山駅
凡例
出典:[3]



利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は3,276人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中129位、小牧線(14駅)中8位であった[1]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は3,477人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中125位、小牧線(14駅)中5位であった[4]
  • 『小牧市統計年鑑』によると一日平均乗降人員は、以下の通り推移している。
    • 2007年度 3,216人
    • 2008年度 3,259人
    • 2009年度 3,203人

駅周辺[編集]

  • 犬山羽黒郵便局
  • 犬山市立東部中学校
  • 犬山市立南部中学校
  • 犬山市立羽黒小学校
  • 犬山市民文化会館
  • 犬山市役所羽黒出張所

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
小牧線
楽田駅 - 羽黒駅 - (五郎丸信号場) - 犬山駅

脚注[編集]

  1. ^ a b 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』 名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  2. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、1042頁。
  3. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  4. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。

関連項目[編集]