犬山市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いぬやまし
犬山市
犬山市旗
犬山市旗
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
団体コード 23215-7
面積 74.97km²
総人口 74,554
推計人口、2014年1月1日)
人口密度 994人/km²
隣接自治体 春日井市小牧市
丹羽郡大口町扶桑町
岐阜県多治見市各務原市可児市
加茂郡坂祝町
市の木 カナメモチ
市の花 サクラ
犬山市役所
所在地 484-8501
愛知県犬山市大字犬山字東畑36
北緯35度22分43秒東経136度56分40.2秒
犬山市役所(2009〜)

犬山市役所(〜2009)2009年までの庁舎
外部リンク 犬山市

犬山市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

犬山市(いぬやまし)は、愛知県北西部の。「尾張小京都」と称される歴史のある都市である。

地理[編集]

犬山市中心部周辺の空中写真。
1987年撮影の9枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

愛知県北端の市。市内の西半分は平地、東半分は山地で占められる。木曽川濃尾平野へと注ぎ出る場所に位置し、木曽川の堆積物による犬山扇状地が形成されている。

河川[編集]

[編集]

[編集]

隣接する自治体[編集]

人口[編集]

Demography23215.svg
犬山市と全国の年齢別人口分布(2005年) 犬山市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 犬山市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
犬山市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 50,594人
1975年 58,731人
1980年 64,614人
1985年 68,723人
1990年 69,801人
1995年 71,342人
2000年 72,583人
2005年 74,294人
2010年 75,151人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

犬山城からの景色
犬山城(国宝

『郷土読本犬山』によると犬山の名称は以下の3説がある。

  • 犬を使った狩りに最適だったことから「いぬやま」に
  • 平安時代の丹羽郡小野郷が山間部であるということから小野山から転じて「いぬやま」に
  • 大縣神社の祭神「大荒田命」が犬山の針綱神社の祭神の一人玉姫命の父にあたり、大縣神社から見て犬山が戌亥の方角に当ることから、「いぬいやま」が転じて「いぬやま」に

「犬山」の表記で最古期の文献は1336年の『南山巡狩録』などがある

沿革[編集]

  • 1868年 - 犬山藩成立。それまでは尾張藩の一部であった。
  • 1871年 - 旧犬山藩(県)が名古屋県に合併。名古屋県下の16村の行政区分に分離。
  • 1889年 - 「稲置村」から「犬山町」に改称
    • 五郎丸村、橋爪村が合併し岩橋村
    • 継鹿尾村、栗栖村、富岡村が善師野村に合併
    • 前原村、塔野地村が合併し岩田村
    • 池野村が今井村に合併
    • 羽黒村、羽黒新田村が合併し羽黒村
    • 学伝村が、「楽田村」に改称
  • 1890年 - 池野村が今井村より分立
  • 1906年 - 木津村、上野村、岩橋村を犬山町に合併。善師野村、岩田村、今井村が合併し「城東村 」となる
  • 1954年 - 犬山町と城東村、羽黒村、楽田村、池野村が合併し、「犬山市」となる

行政[編集]

市町村合併[編集]

2002年秋、犬山市、江南市岩倉市大口町扶桑町での3市2町の合併へ向けて話し合いに入り、合併協議会に参加したが、2003年、実質的に犬山市のみこの協議会から離脱する形で8月5日に合併協議会が解散した。

姉妹都市・提携都市[編集]

姉妹都市[編集]

友好都市[編集]

教育[編集]

  • 犬山市では学力向上施策として、市費負担で少人数学級、ティームティーチングの導入、独自の副教材作成などの取り組みを行っている。NHK教育ハートをつなごう」で犬山市の発達障害の児童への支援が特集されたことがある。なお、2007年度の全国学力テストにおいて、愛知県全体としてはほぼ全国平均レベルであった。しかし、これらの改革の旗振り役であった当時の石田芳弘市長が2007年愛知県知事選挙に立候補(落選)したことで辞任し、現在の田中市長になってからは方針が変更されつつあり今後の動向が注目されている。

2007年4月24日に全国の小中学校の生徒を対象にして実施された全国学力テストにおいて、犬山市教育委員会は市内全14校での同テストへの不参加を決定した。これは公立の学校としては日本で唯一のことであった。その後が市長が交代したことに伴い教育委員会も方針を変更し、2009年度から同テストへ参加している[1]

    • 犬山市教育委員会は『全国学力テスト、参加しません。』(明石書店)という書籍を出版し、「競争によって学力向上を図ろうとする考え方は、豊かな人間関係のなかで人格形成と学力の保障に努めてきた犬山の教育理念と相いれない」という立場を明らかにした[2]しんぶん赤旗でも、文部科学省が決めたルールで子どもや教師、学校、地域を競争させ、国が定める基準で評価し、学校の教育活動や地方の教育施策にしばりをかけようという制度だ」という批判の声があった[3]
    • これに対し、全国学力テストへの参加を推進した田中市長は「テストを受けたい児童生徒や受けさせたい保護者がいるにもかかわらずその権利を行政が奪ってはいけない。テストに参加しないというのであればもっと保護者に説明をし、納得した上で決定すべきではなかったか」というコメントを出している[4]

大学[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

生涯学習[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

中心駅は名鉄の3路線(電車運行上は各務原線を含む4路線)が集まる犬山駅。犬山市役所も犬山駅近隣に所在する。

バス[編集]

道路[編集]

高速道路の場合には小牧インターチェンジまたは小牧東インターチェンジが最寄となる。小牧東インターは明治村、入鹿池の近隣である。

一般国道[編集]

主要地方道[編集]

一般県道[編集]

各種施設[編集]

体育施設[編集]

図書館[編集]

会館・公民館[編集]

公民館

  • 南部公民館
  • 犬山西公民館
  • 塔野地公民館
  • 善師野公民館

学習施設

  • 犬山南地区学習等供用施設
  • 城東地区学習等供用施設
  • 羽黒地区学習等供用施設
  • 上野地区学習等供用施設
  • 楽田地区学習等供用施設
  • 丸山地区学習等供用施設

観光[編集]

博物館明治村の旧帝国ホテル中央玄関

神社[編集]

寺院[編集]

古墳・城郭・庭園など[編集]

街道[編集]

博物館[編集]

娯楽施設[編集]

継鹿尾山方面から望む日本モンキーパークと木曽川

特産・名産[編集]

その他[編集]

マスコット[編集]

行事・祭事[編集]

スポーツイベント[編集]

スポーツ・文化団体[編集]

出身有名人[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]