常滑市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とこなめし
常滑市
Aichi Tokoname05n4272.jpg
土管坂
Flag of Tokoname Aichi.JPG
常滑市旗
Tokoname logo.svg
常滑市章
1955年昭和30年)6月1日制定
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
団体コード 23216-5
面積 55.65km²
総人口 56,509
推計人口、2014年1月1日)
人口密度 1,020人/km²
隣接自治体 知多市半田市
知多郡美浜町阿久比町武豊町
市の木 クロマツ
市の花 サザンカ
常滑市役所
所在地 479-8610
愛知県常滑市新開町四丁目1番地
北緯34度53分11.6秒東経136度49分56.4秒座標: 北緯34度53分11.6秒 東経136度49分56.4秒
Tokoname city office.JPG
外部リンク 常滑市

常滑市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
中部国際空港俯瞰

常滑市(とこなめし)は、愛知県西部に位置するである。詳しくは知多半島西岸の中央部に位置し、西側は伊勢湾に面している。伊勢湾の海上埋立地に中部国際空港(セントレア)を有している。

窯業が主要な伝統産業である。常滑焼日本六古窯の一つ(他は瀬戸越前信楽丹波備前の五つ)に数えられ、この中でも常滑焼は最も古く最大の規模である。

地理[編集]

知多半島西海岸の中央部に位置し、西側は伊勢湾に面している。伊勢湾に沿って北側に知多市、南側に美浜町があり、知多半島中央部の丘陵地帯を越えた先に阿久比町半田市武豊町があり、互いに市域・町域を接している。

海岸は遠浅の海岸になっているが、伊勢湾北部に沿ってコンビナートが建設された名古屋港口埋立地は常滑市の北の知多市が南限で、中部国際空港及び中部臨空都市空港対岸部(通称「前島」)のある常滑沖を除いて埋め立ては進んでいない。このため環境省とは別に愛知県が絶滅危惧種に指定している海浜植物(スナビキソウやマルバアカザなど)が残存している。

丘陵の連なった知多半島特有の地形のため、平地は海沿いの比較的狭い部分に限られ、市域の大部分は丘陵地である。丘陵は低くなだらかで、市内最高所でも標高100mに満たない。海側に面する市北部の丘陵地はほとんどすべて農地と宅地用に造成された。 この点、海側の丘が一部そのまま残されている東海市(聚楽園付近)、知多市(日長-古見付近)と異なる。 気候は一年を通じて比較的温暖であるが、冬には三重県鈴鹿山脈方面から「鈴鹿おろし」と呼ばれる風が伊勢湾を越えて吹き寄せ、まれに降雪もある。

市の中心部には、レンガ煙突が点在するなど、窯業で栄えた古くからの町並みがそのまま残っている。この地域はやきもの散歩道として整備されており、登り窯や黒板塀、「土管坂」などの情緒ある風景が見られ、前衛作家などのギャラリーも多く存在する。

2005年に中部国際空港(セントレア)が開港。これに合わせて鉄道(名鉄空港線)および道路(セントレアラインなど)の整備が行われ、交通アクセスの利便性が向上した。その一方、市域南部には鉄道駅が存在せず、この地域では路線バスが唯一の公共交通機関となっている。

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

古代から近世まで[編集]

地名の初見は、猿投神社大般若経巻70の奥書に「于時応永四年丁丑五月十三日 於尾張国智多郡堤田庄常滑郷宮坂草庵,□□□畢」とある。 また、言継卿記弘治3年3月16日条に「とこなべ」、天正9年3月7日付越前竜沢寺勧化帳に「トコナベ」という名が見られる。

常滑市域を含む知多半島中部では粘土を豊富に産出するため古くから陶器が生産された。平安時代後期頃から中世にかけて常滑市とその周辺で生産され始めた「古常滑」と呼ばれる焼き物は太平洋に沿って日本全国に広まり、北は青森から南は鹿児島まで、全国の中世遺跡において出土する。

室町時代には三河守護である一色氏尾張の知多半島に支配を広げ、市域北部の港町である大野に大野城(宮山城)を築いた。のちに一色氏の被官である佐治氏が主家にかわって大野城主となり、佐治氏のもとで大野は伊勢湾西岸の港湾として繁栄した。

戦国時代には、知多郡緒川(現東浦町)の領主水野氏の一族が現常滑市域中心部に常滑城を築き、大野城の佐治氏と伊勢湾東岸の水運を二分した。しかし常滑水野氏は本能寺の変直後に明智光秀に味方したことから没落し、佐治氏も四代一成の時に小牧・長久手の戦い羽柴秀吉と敵対し大野城を追われた。また、常滑の焼き物も茶の湯が流行する中で新しい嗜好からは好まれなくなり、安土桃山時代から江戸時代前期にかけて瀬戸焼などに押され衰退した。

江戸時代には、現市域の村々は尾張藩領に入った。常滑の諸村は平地が少なく開墾の余地に乏しいことから廻船酒造木綿生産などの工業、商業が行われる町場的な性格が強く、常滑焼も江戸時代後期になって復興した。この時代にはかつて広く分散していた焼き物の生産地が現市域中心部にあたる常滑村に集中するようになり、焼き物の煙突が立ち並ぶ現在の常滑市街地の原型が形作られた。

近代から現代へ[編集]

常滑焼の土管
常滑焼の甕
INAX(現:LIXIL)常滑本社
1987年(昭和62年)撮影の常滑市中心部周辺の空中写真。中部臨空都市の埋め立て建設前の様子。1987年撮影の9枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

明治時代になると土管タイルなども生産されるようになり、近代的な窯業の町に発展した。中でも1924年創立の地元製陶会社「伊奈製陶」(のちINAX、現在のLIXIL)は便器など衛生陶器の分野において全国第2位のシェアを占め、タイルにおいては国内はもとより世界的にもトップとなる大企業に成長する。

戦後には、「昭和の大合併」により、1954年常滑町鬼崎町(おにざきちょう)、西浦町(にしうらちょう)、大野町(おおのまち)と三和村(みわむら)の4町1村が合併して常滑市が成立した。1957年に南の小鈴谷町(こすがやちょう)の一部を編入し現在の市域に拡大した。

2005年2月17日、沖合の埋立地に中部国際空港(セントレア)が開港した。これに合わせて中部臨空都市の開発や、鉄道・道路等の整備が行われている。

2010年2月11日、お笑いコンビのナインティナイン矢部浩之『常滑親善大使』に就任した。(「ナインティナインのオールナイトニッポン」でもコーナー化された。)

明治22年以前 明治22年10月1日 明治22年 - 明治45年 大正1年 - 大正15年 昭和1年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在


大野村 大野村 大野村 大野町 大野町 大野町 大野町 昭和29年4月1日
合併・市制
常滑市
常滑市 常滑市
西之口村 西之口村 西之口村 明治39年5月1日
合併 鬼崎村
鬼崎村 昭和26年10月1日
町制 鬼崎町
蒲池村
榎戸村 榎戸村 榎戸村 榎戸村
鬼ケ崎
新田
多屋村 常滑村 多屋村 多屋村
常滑村 常滑村 常滑村 明治23年12月17日
町制 常滑町
常滑町 常滑町
瀬木村
北条村
樽水村 佐合村 樽水村 樽水村 明治39年5月1日
合併 枳豆志村
明治44年12月10日
町制・改称
西浦町
西浦町 西浦町
西阿野村 西阿野村 西阿野村
古場村 中橋村 古場村 古場村 古場村
熊野村 熊野村
檜原村 檜原村
苅屋村 苅屋村 苅屋村
久米村 米田村 久米村 久米村 明治39年5月1日
合併 三和村
三和村 三和村
矢田村 矢田村 矢田村
小倉村 金山村 金山村
前山村
宮山村
石瀬村
小鈴ケ谷村 三谷村 小鈴谷村 小鈴谷村 明治39年6月16日
合併 小鈴谷村
上野間を除く)
小鈴谷村
上野間を除く)
昭和27年7月1日
町制 小鈴谷町
上野間を除く)
昭和32年3月31日
常滑市に編入
広目村 広目村
大谷村 大谷村 大谷村
坂井村 稲早村
(一部)
坂井村 坂井村

展望[編集]

近年ではINAXの常滑本社工場をはじめとして工場の閉鎖、中小工場の廃業が相次ぎ、経済の停滞傾向が著しい時期があり、これに対して窯業家や市民によって焼き物の町としての観光化と窯業の再活性化に向けた努力が行われている。

人口は1975年には5万5000人を突破したが、その後は頭打ちから減少に転じ、1990年代後半から2000年代前半にかけて5万1000人を割り込んだ。しかし、2005年の中部国際空港(セントレア)の開港にともない、労働人口が少しずつ流入し、加えて新興住宅地(かじま台、北汐見坂、虹の丘、飛香台など)の開発により定住人口も増加に転じている。

最近では、市街地において商業施設や飲食店の増加が見られるほか、中部臨空都市への事業所や商業施設の進出も進んでいる。

行政[編集]

  • 市長 片岡憲彦(2007年12月1日就任、2期目)

市財政は窯業などの事業者からの税収のほか、常滑駅の近くに設置されたボートレースとこなめ(旧:常滑競艇場)で開催される市の競艇事業に支えられてきた。しかし近年は競艇の売上が落ち込み、進む高齢化に対して市の財政は悪化している。

中部国際空港の開港によって税収が増加し、平成18年度は地方交付税の不交付団体となったが、こうした税収の増も、地方交付税交付金の減少分の補填に留まると試算されている。

平成の市町村合併では当初知多半島5市5町の合併研究会が設置されたが廃止され、次いで知多南部2市4町による研究会が近い将来の合併を見送ったため、当面は現在の規模が維持されることになった。

経済[編集]

概要[編集]

窯業[編集]

常滑の伝統的な産業は窯業である。

江戸時代後期に復興した常滑焼は、幕末に中国から導入された技術で斜面に連房式登り窯が作られ、大量生産が開始された。明治時代以降、陶管(陶製土管)やタイルの生産が開始され、常滑の陶管は全国の上下水道管のシェアの大部分を占めるなど、産業資材や衛生陶器の分野において全国屈指の生産地に成長する。また、茶器、花器、、置物などの民具の生産も盛んであり、江戸時代に生産が開始された朱泥の急須湯飲みなどの茶道具は常滑を代表する焼き物である。

窯業の工場は伝統的な中心地である常滑地区を中心に市域の各地に点在しており、南部の小鈴谷地区では清酒「ねのひ」の盛田による醸造業も行われている。

農業[編集]

農業は、知多半島の地理的条件から田畑が狭く、また大きな河川がないためにため池に頼り、水不足に悩まされてきた。しかし現在は愛知用水によって農業用水が供給され、土地基盤整備事業による区画の整理や、農業用ダムの建設、機械化が行われて、近郊農業地帯になっており、主な特産品は、キャベツタマネギイチジクなどである。また、市内にあいち知多農業協同組合(JAあいち知多)の本部が置かれている。

漁業[編集]

漁業は、知多半島西岸の伊勢湾海上で行われる海苔養殖が特に盛んである。 海苔養殖業の他に底引き網漁業、採貝漁業、刺し網漁業、潜水漁業などがあり、主な水産物アサリアナゴガザミクルマエビシャコタイラギなどである。

漁業協同組合(北から)

空港開港と近年の動き[編集]

中部国際空港の開港に合わせて、地元の要望により中部臨空都市の開発が愛知県によって行われている。これにより、空港島内には物流事業者およびホテルが進出している。空港対岸部(通称「前島」)への企業誘致は当初はほとんど進んでいなかったが、2006年6月にイオンの進出が発表されて以降、結婚式場や飲食店が出店。その後、めんたいパークとこなめNTPマリーナりんくう、コストコ中部空港倉庫店が出店したほか、ユミコア日本触媒や名古屋メッキ工業などの研究所や工場の立地が進められている。

市街地では、空港アクセス道路の国道155号247号に沿って、ロードサイド型の店舗の進出が続き、2007年11月に、カインズモール常滑2013年10月に、ヤマナカ常滑青海店が開業した。

常滑市に本社を置く企業[編集]

地域[編集]

南北に細長い常滑市では、中学校の校区や公民館などの公共施設において常滑市に合併する以前の5町1村の枠組みが原則的に踏襲されており、北から青海地区(せいかい、旧大野町と三和村)、鬼崎地区(おにざき、旧鬼崎町)、常滑地区(とこなめ、旧常滑町)、南陵地区(なんりょう、旧西浦町と小鈴谷町)に分かれる。

人口[編集]

Demography23216.svg
常滑市と全国の年齢別人口分布(2005年) 常滑市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 常滑市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
常滑市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 54,168人
1975年 54,865人
1980年 54,345人
1985年 53,077人
1990年 51,784人
1995年 50,854人
2000年 50,183人
2005年 51,265人
2010年 54,858人
総務省統計局 国勢調査より

公共施設[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

交通[編集]

空港[編集]

中部国際空港を発着する高速バス、船舶については中部国際空港の項を参照。

鉄道路線[編集]

中心市街に設置された常滑駅は、常滑線の下り終着駅である。中部国際空港の開港に際して常滑線を延伸させる形で空港線が設置され、常滑線と一体運行されている。

※市南部に知多新線が通っているが、市内に駅はない。上野間駅(美浜町)が最寄駅となる。

路線バス・空港バス[編集]

  • 知多バス(知多乗合
    • 安城中部空港線(南安城駅 - 安城駅 - 三河安城駅 - 三河高浜駅 - 中部国際空港)
    • 刈谷中部空港線(知立駅 - 刈谷駅 - 緒川駅 - 中部国際空港)
    • 常滑線(知多半田駅 - 成岩橋 - 常滑駅 - 中部国際空港)
    • 常滑南部線(河和駅 - 上野間駅 - 常滑駅 - 中部国際空港)

道路[編集]

有料道路[編集]

一般国道[編集]

主要地方道[編集]

一般県道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

祭事・催事[編集]

  • 春の祭礼
    春には合併以前の旧町村を受け継ぐ各地区で祭礼があり、知多地域の周辺市町と同様、町内ごとの山車が引き回される。開催日程は、3月第3週の苅屋地区を皮切りにゴールデンウィーク期間中である5月4日の大野・蒲池地区まで毎週となっている。
    なお、常滑市の山車は知多型名古屋型に分かれる。
  • 常滑焼まつり(毎年8月に開催)
  • 柴船権現まつり(毎年5月に開催)
  • 常滑天王まつり(毎年7月に開催)
  • アイアンマン70.3セントレア常滑ジャパン(日本初のハーフアイアンマントライアスロン大会。2010年より開催。2013年にはコースを知多市、常滑市としてアイアンマン70.3セントレア知多・常滑ジャパンを開催)

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光