山車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本三大曳山の一つ(秩父夜祭の山車)
日本三大曳山の一つ(高山祭の屋台)
日本三大曳山の一つ(祇園祭の長刀鉾)
本来の「山」の意味が残る山あげ祭の大山(2006年/当番町:泉町)

山車(だし)は、日本で祭礼の際に引いたり担いだりする出し物の総称。花や人形などで豪華な装飾が施されていることが多い。地方によって呼称や形式が異なり、曳山(ひきやま)・祭屋台(まつりやたい、単に屋台とも)などとも称される。神幸祭などの行事では、この山車が町の中をねり歩き行列となることもある。

厳密に言うと、山の形状を模したり、上に木を立てて山の象徴としたものを「山」。それらがないものが「屋台」と分類される。ただし、実際は祭礼ごとに形状に関係なく、名称がどちらかに統一されている場合が多い。

山車の別名[編集]

地方によって様々な呼ばれ方をする。

山のつくもの
  • やま(山、山車、軕)、ひきやま(曳山、曳き山)、かきやま(舁き山、担ぎ山)、やまほこ(山鉾)。
  • やまかさ山笠)(北部九州地方)
車のつくもの(上記を除く)
笠のつくもの(上記を除く)
台のつくもの

山車(だし)の語源は、神殿境内の外に出す出し物であるからとする説と依り代である髯籠(ひげこ)を出していたからだとする説などがある。山車は「出し物」全般を指すが、車の字がついていることから曳き山を指すことが多い。

山(山車の原型)[編集]

(やま)は自然の山岳を模して造られた依り代で、祭礼などで用いられる。山車の原型。

古来の民間信仰では、神は山岳や山頂の岩や木を依り代として天から降臨するという考えがあり、山上や山麓に斎場を設け祭祀が行われていた。これらは山岳信仰として、或いは山岳を神体とする神社として残っている。代表的な例では大神神社(三輪山)などがあり、小さな神社でも山麓にあるものは山頂に磐座や神木を持つことが多い。

村落が発達すると平野部においても祭祀が行われるようになり、臨時の斎場が設けられた。このときにも降臨を仰ぐために依り代を立てており、これが恒久化して現在の神社のような施設ができる。この依り代の1つに、山岳を模して造られた(やま、造り山・飾り山)がある。恒久的である神殿内部の依り代と並行して、この山は神の降臨を表現する、或いは、再確認する臨時の依り代として祭礼などで用いられるようになる。

記録に残っている最初の山は『古事記』の垂仁天皇の条にある「青葉山」で、出雲国造の祖である岐比佐都美が葦原色男(大国主)を祀る庭として青葉で飾った山を造ったとある。体形的な祭礼の物では、『続日本後紀天長10年(833年)11月戌申条、仁明天皇大嘗会に曳きたてられた「標山(しるしのやま・ひょうのやま・しめやま)」がある。標山には移動神座のような役割があり、山車の原型であるといわれている。大嘗会には中断された時期があり、このときに標山は廃止されたようである。

民間の祭礼にも同じようなものが登場し、形態は山との関連と運行形態から一時的に祭壇のような築山を設ける「置き山」、引く形式の「曳き山」、担ぐ形式の「舁き山」などと呼ばれ、また「だし」とも呼ばれるが、その漢字には山車が使われた。現在の祭礼では、巡行されない置き山は数が少なく、巡行される山車がほとんどである。

本来の意味の残る希有な例として、栃木県那須烏山市の「烏山の山あげ行事」(通称「山あげ祭」、国の重要無形文化財)がある。この祭では元来築山を街に作り奉納していたが、経済の隆盛とともに地元特産の和紙(程村紙)を使って木材と竹で作った枠に貼付け「山をあげる」ようになった。その大きさは最大で幅は道幅一杯の7m、高さは10m以上に及ぶ。現在は奥行き100mに渡って複数の「山」と舞台装置を組み合わせ、余興(所作狂言、神楽など)が奉納されている。また、これらの「山」は他所の曳山などと同様、町中を巡行する。全て手作りの幅7m、高さ10m以上、奥行き100mの山と舞台装置一式を毎回組み立てて、余興を催し、解体、移動を一日最大6回、3日間の祭礼で最大16回に渡ってくり返し、移動総延長は20kmにも及ぶ。6町年番制で町ごとに山を含む舞台装置は全て異なるが、全ての「山」には滝が描かれ、全ての町にあまねく山の恵みが行き渡るように、との願いが込められている。古くは祭りのたびに山を焼き、灰を縁起物として配っていた。

富山県 射水市放生津八幡宮高岡市二上射水神社では古代信仰の形態である築山行事が現在も行われている。放生津八幡宮祭礼曳山ならびに御車山は、この築山行事の形態を移動できるように発展させたものと考えられており、起源はよくわかっていないが、放生津八幡宮の築山神事は江戸時代初期より行われていたことが、享保6年(1721年)の東八幡宮記録や築山古老伝記に記録されている。

放生津八幡宮では大きな松の木、二上射水神社では大きな3本の杉の木の前に臨時の築山(祭壇)を設置し神様を迎え入れる。どちらの築山も祭壇が2段になっており、下段には共にそれぞれ面をつけた仏門守護の四天王持国天増長天広目天多聞天)を配し、上段中央には共に唐破風屋根の神殿()の上に、放生津八幡宮は鬼女(狂女)の面に白髪を振り乱し、金襴の内掛けを着た姥神(オンババともいわれる)を、二上射水神社は斧を振り上げた天狗を祀り神事を行う。なおいずれの築山神事も神事が終わるとそれぞれのが暴れるとされるため、築山は大急ぎで解体される。

なおこの行事は能登にある石動山(せきどうざん)の伊須流岐比古(いするぎひこ)神社でも行われていたが明治期に廃絶、富山県でも放生津八幡宮と1956年昭和31年)より復活した二上射水神社で行われているだけであり、いずれも1982年(昭和57年)1月18日に富山県の無形民俗文化財に指定されている全国的にも珍しい行事である。

山車[編集]

山車には、曳き山、舁き山などが含まれ、読みの意味から考えると山(置き山)なども含まれる。最も一般的なものは車輪の付いた曳き山で、その他にはかき棒のついた舁き山などがある。呼称は冒頭であげたようなものがあるが、同じものでも地域によって呼称が異なっていたり、異なったものに同じ呼称が用いられていることもあり、非常に複雑である。

山車は風流として練りだされたものが増え、全国各地で様々なものが存在する。依り代としての役割が薄れたものが多いが、稚児人形が乗っていたり、依り代として用いられるものが装飾に施されているなどの名残がある。

曳き山(ひきやま)[編集]

曳き山の山車の中には非常に凝ったからくりを持つものもあり、また大きさも普通の神輿サイズからその10倍以上の大きさ(重量で数トン程度)のものまで様々である。中でも、石川県七尾市の青柏祭の曳山(でか山)は重量約20トンであり、日本最大とされる。大きな物が生まれた理由として、引くという形式から巨大なものが運行可能であるということ、依り代としてより目立つ背の高いものが用いられた名残、氏子同士の風流としての競い合いの結果などがあげられる。

台車の形状は地域や地区によって、車輪が台車の内についているものや外についているもの、車輪が木製のものや金属製のもの、車輪の大きさ、台車本体の木材の組み方などの違いがあり、数多くの種類がある。

車輪の数としては四輪が一般的であり、それに補助の車輪がついているものもある。ほかには滋賀県大津市大津祭での曳山や三重県北部の石取祭に使われる山車が三輪であり、静岡県森町から磐田市にかけての遠州中東部で引き回される二輪屋台浜崎祇園山笠のように六輪あるものもある。また、それに伴って運行方法、運行形態も異なるものになっている。小城祇園においては、旧来は車輪がついていない山の下に丸太を次々に敷き挽いて運行するという珍しいものだったが、現在は普通に車輪のついた曳き山となっている。

多くの場合、山車は人力で引いて動かすが、中にはエンジンやハンドルがついており自動車のように運転できるものもある。

重要有形民俗文化財に指定された山車[編集]

現在も日本全国で行われている祭礼(行事)のうち、5件の祭礼で使用されている山車計66基が重要有形民俗文化財に指定されており、これらを曳き出すいずれの祭礼は重要無形民俗文化財の指定も受けている(同指定を受けている祭礼については後節も参照)。なお、以下には山車と呼称しないものも含む。

その他[編集]

伊勢神宮では、神嘗祭の時期に行われる「初穂曳き」や式年遷宮に関連して行われる「お木曳き」、「お白石曳き」などの行事の際に山車が使用されるが、これらの祭祀は厳粛に執り行われる祀りであって、一般的な祭り(山車祭り)とは異なる。

山車祭り[編集]

山車が使用される主な祭行事一覧[編集]

太字日本三大曳山祭後節も参照)、なお以下には山車と呼称しない祭も含む

東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方

重要無形民俗文化財に指定された山車祭り[編集]

現在も日本全国で行われている祭礼のうち、国の重要無形民俗文化財に指定されている山車祭り(ここでは山車をメインに据えた祭を指す、なお山車と呼称しないものも含む)は以下の33件ある。また祇園祭と日立風流物の2件は、ユネスコ無形文化遺産2009年平成21年)に登録されているが、文化庁は上記2件を含む重要無形民俗文化財に指定されている32件(会津田島祇園祭を除く)の山車祭りを一括して「山・鉾・屋台」行事として2015年の登録を目指し提案することを2014年(平成26年)3月13日に発表し[2]、同年3月27日正式に提案の決定、登録の可否は最短で2015年秋頃の予定だったが[3]、6月4日に登録を行ったところ、各国より61件もの登録が寄せられたため、登録審査は2016年の秋頃になるとユネスコより連絡を受けた[4]

ギャラリー[編集]

世界の山車[編集]

インド[編集]

インドでは、リグヴェーダの時代から神様の乗り物をラタ(Ratha)という。また、英語では、テンプル·カーと呼ぶ。ラタ(Ratha)をモチーフにした建築物もある。 インドのヒンドゥー教寺院の祭で、神様をのせ華麗に装飾された山車を、たくさんの人たちが引いて歩く。大きさや高さは様々だが、最大の物は高さ29メートルと、重さが300トン超えの山車もある[5]。だだし、インドにおける山車を引く習慣は仏教起源であると推測されてる。[6]ヒンドゥー教の4大巡礼地の一つに数えられるプリーでは、年に一度、ラタ・ヤトラという大きな祭りが催される。



脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 牧村史陽・編『大阪ことば事典』講談社(講談社文庫)1998年、415,416頁。
  2. ^ http://www.bunka.go.jp/bunkazai/shoukai/pdf/unesco_jyoyaku_140313.pdf 文化庁報道発表
  3. ^ http://www.bunka.go.jp/bunkazai/shoukai/pdf/mukeibunkaisan_ichiran_140327.pdf 文化庁報道発表
  4. ^ 「ユネスコ無形文化遺産 登録審査16年に先送り」北日本新聞 2014年(平成26年)6月5日31面
  5. ^ http://www.dinamani.com/tamilnadu/article1046568.ece
  6. ^ http://hinduism.about.com/od/rathyatra/a/rathyatra.htm

参考文献[編集]

  • 新湊の曳山(新湊市教育委員会)昭和56年10月発行
  • 高岡御車山(高岡市教育委員会)平成12年3月31日発行

関連項目[編集]