越中八尾曳山祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

越中八尾曳山祭(えっちゅうやつおひきやままつり)は、富山県越中国富山市八尾地域で毎年5月3日に行われる江戸時代中期より続く八尾八幡社の春季祭礼神事)である。平成5年(1993年)までは5月5日に行われていた。

概要[編集]

八尾市街地の内6町が曳山、1町が獅子頭(獅子舞)をそれぞれ保有し祭礼を執り行っている。巡行路は東上がり西上がりがあり毎年交代で行われる。各曳山の巡行順は毎年変更(前年の6番山が翌年1番山になる)となり、獅子舞、神輿、曳山の順に巡行する。

上新町(かみしんまち)が寛保元年(1741年)花山車を製作し在原業平の人形と役者を乗せ練り廻したのが起源とされ、その後他の町も順次曳山を制作し祭礼に加わり、明治時代中期には6基となり現在に至っている。なお祭礼行事は、上新町の過去帳により、寛保元年以前から行われていたことがわかっている。

坂の街の家の軒下には松飾りが挿され、朝方より獅子舞、神輿、そして6基の曳山が曳山囃子を演奏しながら厳かに曳き廻され、夜には提灯山となって夜空をほのかに染めながら夜半まで曳き廻される。曳山囃子には三味線横笛太鼓が用いられる。曲は町内毎に十数種類あり、それぞれの場面によって弾き分けられる。当時の名工が手掛けた彫刻漆工彫金金箔などを纏った絢爛豪華な曳山は、江戸時代富山藩の御納所(おなんどころ)と呼ばれ養蚕業蚕種)と和紙で豊かな財力を誇った八尾町民文化の繁栄の証であり誇りである。

曳山を曳く時に「ほりきの みっつの よーかんぼー」と掛け声を掛けるが、意味は諸説あって現在ではよく判らなくなっている。

曳山は日本の道100選に選ばれた諏訪町本通り、東新町の石畳の情緒ある道を曳き廻すほか、辻々の角回しではそれぞれの街角を曳き手が指示者の合図のもと太鼓が打ち鳴らされる中、呼吸を合わせ一気に力ずくで車輪を軋ませ、日中は屋根の四隅に提げられた瓔珞(ようらく)を大きく揺らしながら、夜は提灯を大きく揺らしながら回すが、日中の曳き廻しでは東新町(ひがししんまち)の石畳の狭い坂の辻、提灯山となってからは八尾八幡社奉納時の出入りの角回しが一番の見所である。

明治5年(1872年)までは3月16日、昭和37年(1962年)までは4月20日に執り行われていた。

6基の曳山は昭和40年(1965年1月1日「八尾町祭礼曳山」として富山県有形民俗文化財に指定されている。また平成23年(2011年)11月には八尾町曳山保存会が「地域文化功労者文部科学大臣表彰」を受けた。

獅子舞[編集]

獅子は雄と雌二頭の夫婦獅子で二人獅子である。雄獅子には角が1本ある。神輿、曳山を先導し巡行路を清める露払いの役目をしている。

鏡町(かがみまち)[編集]

  • 起源 明和7年(1770年
    • 明治時代に入り、それまで獅子舞を受け持っていた諏訪町(すわまち)が新たに曳山を新造し、曳き回しに参加したため、獅子を明治13年(1880年)に同町より譲り受け、獅子舞を引き継ぎ祭礼に参加することとなった。

神輿[編集]

  • 文化10年(1813年)の作
    • 現在では車輪が付けられ引かれているが、昭和40年代までは人が担いでいた。

曳山[編集]

6基の曳山は高さ約6.8〜7.5m、長さ約2.5m(前後の梶棒間約5.5m)、幅約2.75m(車輪間)、重さ約4t、二層構造屋台形式の彫刻山(棟覆山)で屋根は八ツ棟造り。屋根の四隅には瓔珞(ようらく)が提がっている。上層の4本柱には各町の紋が入った天幕が張られ、中には御神体人形)が供えられる。また神係と言われる神様のお世話係、曳山大工と言われる組み立ての責任者、柱係と言われる4本柱の管理者、そして子供達が乗り込む。下層の御簾が三方に掛けられた中には三味線、横笛、太鼓の囃し方が乗り曳山囃子を演奏しながら、若者達が各町揃いの法被を羽織って曳く。なお、日中は曳山から出された綱に子供達も繋がり曳山を引っ張る。

曳山下層後部に飾られた大彫、上層(御神体)後方の見越(けんけし)、2枚ずつ4面に飾られた八枚彫、小脇彫など多数の彫刻には細かい細工に金箔や彩色が施され、漆や彫金も多く用いられており大変煌びやかで絢爛豪華そのものである。車輪は4輪の大八車(外車)様式の輻車(やぐるま[スポーク式])で、車輪にも漆や彫金などが施されている。安永の曳山車騒動の影響もあり江戸時代までは地車(内車)だった。夜には彫刻をはずし各曳山に約400もの提灯を付けた提灯山となる。現在の絢爛豪華な曳山は慶応から大正時代にほぼ完成されていった。なお曳山の組み立てにはは一本も使わず麻縄や(こうぞ)の皮を使用して組み立てていく。

坂の町を曳き廻すため、坂の斜度がきつい所を進む場合上層の4本柱に柱係が助け縄を掛け、坂上の下から引っ張ることによって柱が傾きによって歪まないように保護している。

上新町(かみしんまち)[編集]

  • 起源:寛保元年(1741年
  • 御神体:在原業平・共女
  • 大彫:「関羽書を読むの図」
  • 見越:「武内の宿禰に龍神が乾珠・満珠を奉る図」
    • もとは花山車であったが安永7年(1778年)に屋台山(棟覆山)へ造り変えた。
    • 富山藩主前田家の雛人形であったものを御神体として使用している。この人形は曳山の起源より50年程古い歴史があることが昭和35年(1960年)の調査で判明した。
    • 屋根の上には金色(こんじき)の大鳳凰が乗せられている。

東町(ひがしまち)[編集]

西町(にしまち)[編集]

  • 起源:延享3年(1746年
  • 御神体:恵比須
  • 大彫:「鹿に寿老人
  • 見越:「浦島太郎
    • 西町の曳山のみ下高欄付きの二重高欄になっている。そのため他の曳山よりも囃し方が乗り込む場所が狭い。
    • 御神体の恵比須は城端曳山祭が行われる南砺市城端の西上より明和8年(1771年)に譲り受けたものである。

今町(いままち)[編集]

  • 起源:安永4年(1775年
  • 御神体:菅原道真
  • 大彫:「琴高仙人」
  • 見越:「周の文王、太公望呂尚迎えの図」
    • 現在の曳山は二代目で曳山を文久2年(1862年)に造り替えた際、初代曳山は同年、現在の富山市大久保地区に古物商を介して譲り渡した。初代は現在も高砂山(富山市有形民俗文化財)として「高砂山願念坊祭り」(毎年4月第2日曜日)にて曳き廻されている。高砂山は現在の八尾曳山とほぼ同じ二層構造の屋台形式だが、車輪は大八車(外車)様式ではなく地車(内車)で、江戸時代当時の曳山の姿を残している。

諏訪町(すわまち)[編集]

  • 起源:明治2年(1869年
  • 御神体:神功皇后武内宿禰・後の応神天皇(武内宿禰が抱いている赤子)
  • 大彫:「樊噲鴻門破りの図」
  • 見越:「金龍、周の武王を護るの図」
    • 元々は獅子舞を執り行っていたが、曳山を製作したことから、獅子を鏡町に譲り渡した。
    • 大彫は上新町より明治7年(1874年)に譲り受けたものである。

下新町(したしんまち)[編集]

  • 起源:明治16年(1883年
  • 御神体:大黒天
  • 大彫:「伯陽」
  • 見越:「張良
    • 現在でも提灯山の光源に唯一ローソク(燃えた時に手が届かず、すぐに消火できない一部分は白熱電球)を使用している。白熱電球の光と違いゆらぎのあるほのかな明かりが特徴である。
    • 現在の大黒天は二代目である。元々は御神体として「楠公親子桜井駅決別」の人形を乗せていたが、大正13年(1924年)初代の大黒天に変更、昭和33年(1958年)には現在の大黒天に変更した。
    • 大彫と見越(けんけし)「神武天皇東征の図」は、大正3年(1914年)の大洪水で流されたが、のちに下流の四方(よかた)の浜で地元の漁師に発見された。大彫は彩色し再び曳山に取り付けられ現在も使用、見越は富山市八尾町宮越の本法寺に寄進され衝立に加工されて保存されている。なお平成21年(2009年)より10年間の期限で越中八尾観光会館(曳山展示館)にて一般公開されている。

越中八尾観光会館(曳山展示館)上新町[編集]

昭和59年(1984年)上新町にあった元富山県蚕業試験場跡地に開館。入館すると右手に曳山展示室があり、1年交代で曳山3基が常設展示されているほか、曳山工芸品や史料、鏡町の獅子頭などが展示されている。ロビーを挟んで左手には400人程収容のホールがあり、おわら関係など、さまざまなイベントに使用されている。また平成16年(2004年)4月に増築された奥の3つの展示室では、パネルにて各曳山の紹介、曳山の部材の展示ほか、地元八尾出身の版画家・画家、林秋路の紹介と作品展示、八尾に繁栄をもたらした養蚕業の歴史紹介や養蚕道具などが展示されている。

  • 開館時間 午前9時〜午後5時 有料  
  • 休館日 年末年始(12月29日〜1月3日)

その他[編集]

  • 5月3日は午前6時より翌日午前0時まで八尾市街地中心部は全面車両通行禁止となる。
  • 曳山祭りを執り行う7町は9月1日から3日まで行われる越中八尾おわら風の盆11支部の一つでもある。
  • 毎年2月に「越中八尾冬浪漫」というイベントが開催されているが、越中八尾観光会館(曳山展示館)ホールでの民謡セッション(有料)にて各町内の曳山・獅子囃子、他地区から招いた民謡、また越中おわら節が披露される。
  • 越中おわら節には八尾曳山を題材にした唄がある。
  • 夜の提灯山見物には気温が下がることもあるのでもう一枚上に羽織る服を持っていった方が良い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 越中八尾曳山ガイドブック(有限責任中間法人 越中八尾観光協会・八尾町曳山保存会)平成20年(2008年)8月発行

外部リンク[編集]