出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(まい)とは、日本舞踊のうちメロディに合わせた旋回運動を主としたもの[1]明治以前は踊りとは、はっきりと区別されていたが、ダンスの和訳として舞踊という言葉ができ区別が意識されなくなった[注釈 1]

解説[編集]

古典的な神楽に大陸からの渡来芸が加わったものとされ、民衆の中から生まれた踊りに較べて専門的技能を要するものである。ゆえに世襲的に伝えられてきたものが多いが、明治維新後は家禄を失ったことにより多くは絶えてしまい、伝統芸能としては能楽の要素として残される程度である。しかし多くの民俗芸能(郷土芸能)が重要無形民俗文化財に指定されている他、その伝統を引き継ぐものは多々あり、面影をしのぶことができる。

なお室町時代から江戸時代の初期にかけては、舞(まい)といえば幸若舞を指すことが多かった[2]

舞楽[編集]

舞楽とは、舞をともなった雅楽を指している。以下は、重要無形民俗文化財に指定されている舞楽であり、口承などでは平安時代からの歴史をもつとされるものが多い。

重要無形民俗文化財指定の「舞」[編集]

以下に、重要無形民俗文化財に指定されているを掲げる。口承では、いずれも室町時代以前からの歴史をもつものばかりである。

さまざまな舞[編集]

その他、以下のような舞の芸能が各地に伝承されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「踊り」は、跳躍運動から芸能化したものである。このことを指摘したのは折口信夫である。池田(1968)p.20

参照[編集]

  1. ^ 池田(1968)p.16
  2. ^ 池田(1968)p.13

参考文献[編集]

  • 池田弥三郎 『芸能』〈『民俗民芸双書』〉 岩崎美術社、1968年4月