演芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

演芸(えんげい)とは、観衆を前にして演じる芸能大衆芸能とも呼ばれる。個々の演芸の起源は様々だが、江戸時代中期に寄席と呼ばれる演芸のための常設の興行場が成立し、以降、演芸は体系化されていった。

歴史[編集]

古くから(例:奈良時代の散楽)、後に「演芸」と呼ばれる演目と「伝統芸能」と見なされる演目の境目はあいまいであった。明治から大正期にかけても「演芸」という言葉には揺れが見られ、雑誌「演芸画報」「新演芸」のように演芸を銘打ち、内容は演劇ということもあった。「演芸」という言葉がある程度定義づけられるのは、興行関係一切を取り締まりしていた警察によってである。

種類[編集]

演芸の種類には以下のようなものがある。これらの中には伝統芸能とみなされているものも数多くある。

演者について[編集]

演芸を演じる者の全般的呼称としては演芸家または芸人がある。このうち、観客に笑いを起こす芸を専門に扱う芸人をお笑い芸人と言う場合があるが、この呼称は芸人当人による謙遜の意味合いや芸域を特定しまいとする精神なども含まれていた。つまり本来は、第三者が使うべき言葉ではないとも言える。しかし現在では、芸人に対して親しみの情を込める意味合いや、芸人かつテレビタレントであること、落語・漫才・漫談・コントのボーダーレス化の反映などを意味してお笑い芸人との呼び名を使う場合なども起きている。

演芸の多くは師匠から弟子に芸を引き継いでいく形態を取り、その芸脈を保っている。しかし近年では、テレビ局や芸能プロダクションなどの主催する演芸コンテストや、俳優声優歌手などの異業種から、師匠を持たずに演芸の世界に進出する者も数多く現れてきている。この現象は、演芸の新たな観客層の開拓にもなっているが、一方で伝統的な芸能の衰微を危惧する声もある。

演芸の行われる場所[編集]

江戸時代初期の演芸は屋外で行われた。江戸中期からは公許の演芸場でも行われるようになり、演芸の発信地として機能していった。また幕末から明治初期まで大都市の盛り場に存在したヒラキは、浪曲を始めとした後の多くの演芸が寄席に進出する足がかりになる。

ラジオの登場以降、ラジオの寄席番組なども大衆が演芸を楽しむ場になっていった。昭和になると、レコードに落語や漫才を吹き込んだものが発売されるなどの現象も起き始めた。第二次大戦後、ラジオテレビなどのマスメディアによる演芸番組がもてはやされるようになっていった。また、専属の演芸家を抱える放送局や芸能プロダクションも増えていった。と同時に、寄席などの演芸場は徐々に減少していった。

寄席の減少にはテレビの影響があったことは間違いないが、演芸家にとって収入を得る場と観客の質が変化しただけだという意見もある。またテレビは、演芸の持つ大衆性・即時性・即興性・演出手法などを取り入れつつ発達していった経緯もあり、演芸の概念がマスメディアに拡大されたという意見もある。その論拠としては、テレビのバラエティ番組クイズ番組は観客をスタジオに招く形態のものがほとんどであり、観客の反応をも含めて放送することで、演芸の形態を保っているということ、そういった番組では出演者として実際に芸人を起用する場合が多いことなどが挙げられる。

とはいえ、観衆として演芸を楽しむ場としては、寄席など、直にその芸に接することのできる場所に勝るものはない、と言う意見は根強く、また説得力も持っている。現代ではライブ感覚で演芸を行う場が新設されたり、演劇用の劇場やライブハウスなどで、演芸興行する事例(ライブと呼ばれる)も増え、演芸の新しい潮流になっている。

関連項目[編集]