行灯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
和紙を使った行燈

行灯行燈(あんどん、: Oriental lamp)は照明器具の一つ。持ち運ぶもの、室内に置くもの、に掛けるものなど様々な種類がある。もともとは持ち運ぶものだったため「行灯」の字が当てられ、これを唐音読みして「あんどん」となった。携行用は後に提灯に取って代わられた為、据付型が主流となった。

概要[編集]

行灯を開き、火皿が見える状態(写真右)

一般的に普及したのは江戸時代である。それまでは火皿が覆われていなかった。金属などで作られた枠に和紙を貼り、風で光源の炎が消えないように作られている。光源は主に灯明(とうみょう)で中央に火皿をのせる台がある。石もしくは陶製の皿に油を入れ、木綿などの灯心に点火して使用する。蝋燭を使用するものもあったが当時は高価であったため、主に菜種油などが使用された。庶民はさらに安価だが、燃やすと煙と異臭を放つ鰯油(魚油)などを使っていた(化け猫が行灯の油をなめるという伝説は猫が脂肪分を効率よく摂取するためにこれらをよく舐めていたことに由来すると考えられている[1])。さらに下層では「暗くなったら寝る」という有様だった。

照明器具とはいっても現在のものとは比較にならないほど暗いもので、電球の50分の1程度といわれている。

現在でも和風旅館などでインテリアとして見かけるが、防災上、および実用上の観点から光源はほぼ電球が使用される。

行灯の種類[編集]

電球を使用した置行灯
置行灯(おきあんどん)
最も一般的な室内型。多くは縦長の箱型をしており、内部には灯明をおく、上部には持ち運び用の取っ手が付いている。下部に引き出しなどを備えたものもあり、灯心、蝋燭などを収納した。小型のものは雪洞(ぼんぼり・せっとう)とも呼ばれる。
掛行灯(かけあんどん)
店の軒先などに掛け、屋号や商品名を書いて看板としたもの。夜間も店を開けている飲食店などに多かった。
遠州行灯(えんしゅうあんどん)
置行灯の一種。円筒形をしているが完全に囲わず、一部が空いている。ここから点火・消火の操作を行ったり、行灯自体を回して光量の調節ができる。一説には小堀遠州の発明による名称とも。
有明行灯(ありあけあんどん)
小型の行灯で、就寝時、枕元に置いて使用する。こうしておかないと用を足しに立ったり何か突発的な事態が発生した時に即応できない。窓が付いており、光量を調節できるものが多かった。名前は「夜が明けて有明の月が出てもまだ点いている」ことから。

行灯から派生した事項[編集]

工場における「アンドン」[編集]

工場や生産現場において各所に表示ランプが付いていることがあり、これもアンドンと呼ぶ。これは何か異常が発生した際、作業者がスイッチを押すとその現場のランプが点灯し、同時にモニタリングルームの表示板も点灯、管理責任者が速やかに現場にかけつけることができるシステムである。

様々なタイプがあるが、一例としては上から順に緑、黄、赤のランプが縦に積み重なったものがあり、、緑は異常なし、黄は責任者を呼ぶ事態発生、赤は責任者要請に加えてラインストップ、を意味する。

その他行灯に関わる事項[編集]

夜高行燈と呼ばれる巨大な行燈。写真は砺波夜高祭り
  • 夜高行燈 - 富山県砺波地方に伝わる祭。極彩色の美しい行灯が練り歩く。
  • 昼行灯 - 役に立たない人を示す表現。大石内蔵助が赤穂藩家老時代、仕事をしないことからこう呼ばれたという。必殺シリーズで、中村主水も同様の理由でその様に呼ばれている。
  • 行灯凧 - 四角形の枠に紙を張った
  • アンドンクラゲ - 3センチ程のほぼ立方体のかさを持つ箱虫綱に属するクラゲ。有毒で、刺される被害がよく発生する。
  • タクシーや観光バスの社名表示灯消防車の所属表示灯は、通称で行灯と呼ばれる。
  • ホンダ・スーパーカブスズキ・バーディーなどのビジネスバイクのうち、1990年代以前のモデルにはヘッドライト直下のステム付近に1灯のスモールランプ(ポジションランプ)が配置されており、こうしたモデルを通称して行灯カブ等と呼ぶ。
  • 舞台やテレビ・映画のセットの内、箱形(見えない側のふたは作らない事もある)で中に照明器具を入れる構造の物を大小を問わず一般に「行灯造り」と言う。日常的には省略して「行灯」と呼ぶ。

脚注[編集]

関連項目[編集]