書物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

書物(しょもつ、book)とは、文字を書いたりなど描いたり、またはそれらを印刷し、綴じたもののこと[1][2]

概説[編集]

書物は、広辞苑では「文字や図画などを書き、または印刷して一冊に綴じたもの[1]」と説明されており、続いて「本。書籍。図書。典籍」と、ほぼ同義の言葉を並べている。 大辞泉では、特に説明文も無しに冒頭から、「書籍[3]」としている。

ユネスコでは、「book」の統計をとるために(便宜的に)「表紙を含めて49ページ以上の非定期の印刷刊行物」と線引きしている。(この定義ではページ数がそれより少ない冊子や、リーフレットや、定期刊行物などが除外されている)。

不特定多数を対象に作成された・図書・書籍などの編纂物や、制度的重要書を意味する「典籍」([4])と同義語として扱われることも多い。

近年では電子媒体なども含む。

分類[編集]

書物は様々な分類方法がある。

書字方式による分類[編集]

形態による分類[編集]

流通による分類[編集]

  • 書籍
    • 単行本: 全集・叢書などのシリーズではない単発の本。
    • 全集叢書双書): シリーズものとして編まれた本。
  • 雑誌
    • ムック: 書籍と雑誌の中間形態の本(分類上は雑誌)
  • 洋書: 通常の書物も国外では通常の流通から外れることが多い
  • 同人誌

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 広辞苑 第五版 p.1351 【書物】
  2. ^ 「綴じる(とじる)」の意味についてはWikitionary「綴」も参照。
  3. ^ 大辞泉
  4. ^ 『重編國語辭典修訂本』(教育部國語推行委員會)で「籍」を検索 http://dict.revised.moe.edu.tw/cgi-bin/newDict/dict.sh?cond=%C4y&pieceLen=50&fld=1&cat=&ukey=291946575&serial=1&recNo=21&op=f&imgFont=1