千字文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千字文
Chenzihmyon sans-serif.svg
中国語
中国語 千字文
朝鮮語
ハングル 천자문
漢字 千字文
ベトナム語
ベトナム語 Thiên tự văn
チュノム 千字文

千字文』(せんじもん)は、子供漢字を教えるために用いられた漢文長詩である。1000の異なった文字が使われている。 

原文および和訳はウィキソース参照

概要[編集]

南朝 (502549) の武帝が、文章家として有名な文官周興嗣 (470521) に文章を作らせたものである。周興嗣は,皇帝の命を受けて一夜で千字文を考え,皇帝に進上したときには白髪になっていたという伝説がある。文字は、能書家として有名な東晋王羲之の字を、殷鉄石に命じて模写して集成し、書道の手本にしたと伝えられる。王羲之の字ではなく、鍾繇の文字を使ったという異説もあるが、有力ではない。完成当初から非常に珍重され、以後各地に広まっていき、南朝から唐代にかけて流行し、宋代以後全土に普及した。

内容[編集]

[編集]

千字文は「天地玄黄」から「焉哉乎也」まで、天文地理政治経済社会歴史倫理などの森羅万象について述べた、4字を1句とする250個の短句からなる韻文である。全体が脚韻により9段に分かれている。

用字[編集]

全て違った文字で、一字も重複していない。

ただし、数字では「一」「三」「六」「七」、方角では「北」、季節では「春」、地理では「山」が無いなど、初学者に必要な漢字が抜けている[1]

233文字が日本の常用漢字外である[2]

千字文の書写[編集]

千字文はかつて、多くの国の漢字の初級読本となった。注釈本も多数出版されている。また、書道の手本用の文章に使われ、歴代の能書家が千字文を書いている。中国では智永)、褚遂良)、孫過庭(唐)、張旭(唐)、懐素(唐)、米元章北宋)、高宗南宋)、趙子昂)、文徴明)などの作品が有名で、敦煌出土文書にも千字文の手本や習字した断片があり、遅くとも7世紀には普及していた。日本でも巻菱湖江戸)、市河米庵(江戸)、貫名菘翁(江戸)、日下部鳴鶴明治)、小野鵞堂(明治)などの作品がある。書道の手本としては、智永楷書草書の2種の書体で書いた『真草千字文』が有名である。その後、草書千字文、楷書千字文など、様々な書体の千字文が作られた。また、篆書隷書楷書草書で千字文を書いて並べた『四体千字文』などもある。

徽宗草書千字文』

異なる千字文[編集]

その後、『続千字文』(侍其良器、宋時代)、『集千字文』(徐青藤、明時代)など類似本が創作されたが、周興嗣作の千字文が最も普及している。

番号としての利用[編集]

千字文は、日本のいろは順などと同様に、番号として使われることがあった。

  • 正統道蔵および万暦続道蔵は、5485巻を512のに分け、それぞれの帙を千字文の「天」から「纓」までの字で区別する。
  • 科挙においては、受験者の個室へ行く通路を千字文で区別した[3]
  • 白鴿票中国語版という富くじの一種では、千字文の最初の80文字(天から皇まで)からいくつかをハトに選ばせ、いくつ当たったかによって賞金を得るしくみであった。同様の富くじにはほかに山票があった。

他国への影響[編集]

日本[編集]

古事記』には、和邇吉師応神天皇 (270310) の治めていた頃の日本へ千字文と『論語』10篇を伝えたとされているが、これは千字文が成立する以前である。この矛盾については、記事自体をただの伝説であると捉えられたり、いくつかの事実を反映しているという意見や、別の千字の文が伝えられたという説がある。考古学では各地から見つかる律令期から奈良時代木簡のなかに、文字の練習や書籍の文字を書き写したものがあり、それを習書と総称するが、この習書木簡に多く観られるのが『論語』と『千字文』であるため、漢字を学ぶ手本として比較的はやく大陸からもたらされたと考えられている[4]

正倉院光明皇后が寄進したときの目録『国家珍宝帳』(751年)には「搨晋右将軍羲之書巻第五十一眞草千字文」があり、国宝の『眞草千字文』がそれだと推定されている。正倉院文書にも千字文を習字した断片があるので、8世紀には習字手本として使用されていた。最澄延暦寺に納めた図書目録にも、唐から持ち帰った拓本の千字文が記録されている。平安時代の日本国現在書目録(890年頃)には、6種類の注釈本が記載されている。南北朝時代には注釈付本が出版され、天正二年(1574年)には習字のための「四体千字文」も刊行された。江戸時代には多数の注釈本が刊行された。

類似本も、12世紀三善為康の『続千字文』以後、生田萬(江戸時代)の『古学千字文』、無名氏『和千字文』などが作られた。

朝鮮[編集]

千字文が朝鮮半島へ入った年代は特定することができない。

この本は仏教と共に入り、漢字が朝鮮語において普及する際に使用されはじめた。世宗15世紀訓民正音(ハングル)を発布するまで、漢字はずっと朝鮮の唯一の文字であった。宣祖の命令で韓濩(かんこ、15441605)が木版印刷し、1583年以後、千字文は子供の教育に教科書として使用された。大多数の朝鮮の学者、民衆は依然として漢字を使用し、それは20世紀の初期まで続いた。

千字文中の“日”から“水”の44の伝説は三永通寶の背面(朝鮮王朝時代の硬貨)に1つ1つ記録された。千字文はその特有な漢字が現す形式をもって、すべての漢字にとって、文字はその意味(訓)を体現し、音をも体現している。 韓国の言語はしばしば変遷したが、語彙相対的な訓(セギム)をすべての版本で変えずに維持した。無論、16世紀に書となった光州版と韓石峰版の千字文は一部の漢字の説明に対して少し違いがある。韓石峰版と光州版との訓の違いは大体以下のようである。

  1. 定義がさらに広範囲にわたって、あるいは全ての単独の漢字の語義の範囲は変化が発生した。
  2. 以前の定義は同義の字に取って代わられた。
  3. 一部の語音に変化が生じた。

これらの変化の中から朝鮮の固有語漢字語に取って代わるのを見ることができる。ただ、とても珍しい語彙の意味が含まれているのは、16世紀以前の朝鮮の固有語の化石的語彙または全羅道方言の影響を受けたものと考えられる。

脚注[編集]

  1. ^ 大島正二漢字伝来』 岩波書店〈岩波新書〉、2006年8月18日、26頁。ISBN 4-00-431031-8
  2. ^ 常用漢字外の233文字
    (第1段) 盈昃辰閏崑崗闕柰芥薑鹹鱗翔乃裳坐拱黎戎羌遐邇鳳鞠豈絜莫罔靡恃絲讃羔
    (第2段) 剋曰竭夙蘭斯馨淵藉竟棠而
    (第3段) 賤箴惻弗顛沛匪虧縻
    (第4段) 邑芒洛渭涇磐禽綵楹肆筵瑟笙亦聚杜鍾侠槐卿輦轂纓禄侈駕勒磻伊尹奄孰桓匡綺廻乂勿寔晋楚趙魏虢翦頗馳禹秦并嶽岱云雁碣鉅曠邈巌岫杳
    (第5段) 於茲檣俶黍稷黜陟孟軻敦秉聆辯貽厥嘉祗躬譏誡寵殆睾疏逼
    (第6段) 寥逍遥欣慼渠莽枇杷翠梧桐翳飄颻鵾凌絳霄
    (第7段) 耽翫寓嚢輶攸牆飡飫亨厭糟糠妾帷紈燭煒煌寐笋絃讌觴祀嘗顙悚懼惶牋牒垢驢騾犢駭驤誅叛
    (第8段) 嵆阮嘯恬鈞嚬妍羲暉琁璣斡晦魄脩祐綏劭矩俯廟矜徘徊瞻陋蒙誚
    (第9段) 謂焉哉乎也
  3. ^ 宮崎市定 『科挙:中国の試験地獄』 中公新書、1963年、68頁。
  4. ^ 鐘江宏之『律令国家と万葉びと (全集 日本の歴史 3)』203頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]