からくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
茶運び人形とその内部構造(復元品)。国立科学博物館

からくりとは、日本の伝統的な機械仕掛けの人形模型、機械装置のこと。漢字では絡繰機巧機関と表記し、古くは唐繰とも表記された。また古くはのぞきからくりのことを略して「からくり」と呼ぶことがあった。「からくり」は元々は機械全般をあらわす言葉だが、現代ではからくり人形など娯楽性のある日本の伝統的機械装置を指す場合に使うことが多い。英語のKarakuriは日本のからくり人形を意味する。

語源[編集]

語源については、「糸を引っ張って動かす」という意味の「からくる」という動詞の連用形の名詞化といわれ、16世紀後半頃から用例が確認されており、から伝わった仕掛けなので唐繰(からくり)と呼んだとする説もある[1]

からくりの歴史[編集]

日本のからくりについての記録は、『日本書紀』の斉明天皇4年(658年)に見られる指南車が最古のもので、この指南車についてはこれより古く『三国志』にも記述がある。これは台車の上に立つ人形が車輪の差動を利用し、車がどの方向に進んでも常に南の方向を指し示すというものである。平安末期の『今昔物語集』巻第二十四には、桓武天皇の皇子高陽親王(賀陽親王)がからくり人形を作ったという説話が記載されている。また巻二十四第五には「飛騨工」(ひだのたくみ)[2]絵師百済河成を驚かせるため、四方に扉がある堂を作り、いずれの扉の前に立っても目の前の扉は閉じ違う場所の扉が開く仕掛けを作った説話も記載されている。

それ以後の日本のからくりのルーツは室町時代末期に入ってきた西洋技術に寄るところが多い。この時鉄砲と共に時計などの機械が入ってきたが、当時は機械装置全般のことをからくりと呼び、それ自体が珍しく好奇の対象であった。それゆえに「からくり」という言葉には現在でも娯楽性や意外性のニュアンスがある。

『機巧図彙』 細川半蔵著。大英博物館所蔵。画像は首巻の和時計の機構について解説した箇所。

17世紀頃から、時計などに使われていた歯車などの技術を人形を動かす装置として応用したからくり人形が作られ始めた。これは主に台の上の人形が様々の動作を見せるもので、当初は公家大名、豪商などの高級玩具であったが、祭礼や縁日などの見世物として一般の目に触れると人気を呼ぶようになって日本各地に普及し、専門の職人も現れ非常に精巧なものが作られるようになった。元和6年(1620年)には、名古屋東照宮祭の山車に初めて牛若弁慶のからくり人形が載せられ[3]、中京圏を中心として、からくり人形を載せた祭礼の山車が広範に普及することになる。寛文2年(1662年)には大坂道頓堀初代竹田近江がからくり芝居の興行を行っており、好評を博している。

その後18世紀初めの享保年間では、彦根藩藩士の平石久平次時光によって新製陸舟車という三輪自転車に相当する乗り物が発明され、寛政9年(1796年)には細川半蔵の著書『機巧図彙』(からくりずい)が出版されている[4]。また19世紀には筑波の「からくり伊賀」こと飯塚伊賀七が人力飛行機や道を歩いて酒を買いに行くからくり人形を作ったとされる。18世紀から19世紀に作られたものに特に精巧なものが多い。

幕末には加賀平賀源内と称された大野弁吉空気銃蒸気船の模型、写真機を作った。石川県には、もとは茶運び人形として作る設計を流用したと見られる弁吉作という三番叟の人形が確認されている[5]

現在では九代目玉屋庄兵衛が『弓曳き童子』や京都祇園祭の山である『蟷螂山』を復元したり[6]、東野進が『文字書き人形』を[7]後藤大秀大垣祭の『相生山』や大津祭の『竜門滝山』を復元する等、数名が各地で活躍している。

からくりの種類[編集]

  • 座敷からくり - 座敷すなわち屋内で鑑賞するために作られたからくり。その多くは台の上に据えつけられた人形等が太鼓を叩いたり舞ったりするものであるが、茶運び人形のように移動するものもあり、また茶ではなく酒を注いだ盃を運ぶものもあった。これらは本来高価なもので、たいていは大名や豪商などが所有した。
  • からくり玩具 - 民芸品郷土玩具として、日本各地で古くからその地方独自の、様々な仕掛けを持つ玩具があり、現在でもみやげ物として、販売される物も多い。また一時期は日本の輸出産業を支えた「ブリキのおもちゃ」の仕掛けも絡繰玩具に由来するものが多かった。
  • からくり傘 - 和傘のこと。中国由来の天蓋であった傘を、日本で開閉式の仕掛けを施した事で唐繰傘とも呼ばれたが、ふつう唐傘(からかさ)と呼ばれる。
  • からくり家具 - からくり箪笥など。
  • からくり的 - 江戸時代に隆盛を極めた祭り文化により、縁日温泉場で行われた弓矢吹き矢射的で、板でできた書割りで仕掛けが施してあり、当たった場所により的の書割りが動いた。大正時代まで主要都市の繁華街や温泉街の射的場に現存していたが、現在では「鬼泣かせ」という機械仕掛けのの的の人形にその名残が見て取れる。
  • からくり山車 - 祭礼の際に曳かれる山車・車楽などに、からくり人形を載せたものである。山車の内部に、囃子演奏者と一緒にからくり操作者が乗り込み、曳行時や宮入り時に、囃子の演奏に合わせてからくり人形を操作し、披露・奉納する形が一般的である。名古屋を中心とする中京圏に集中的に分布し、主に愛知県岐阜県に跨って、特色ある祭礼文化を形成している。名古屋中心部のものは、大部分が第二次大戦の戦災で失われたが、岐阜県高山市高山祭美濃市美濃まつり、愛知県犬山市犬山祭津島市の津島秋祭、半田市潮干祭など、戦災を免れた山車が、周辺地域には多く残っており、現在でも、各社氏子の地元住民が、山車に乗り込んでからくり人形を操る姿が見られる。他にも、京都祇園祭の蟷螂山が、御所車の上に乗ったカマキリのからくりで有名である。また江戸の山王祭神田祭においても、山車の人形にからくりを施したものがあったという[8]
  • 舞台からくり – おもに歌舞伎の舞台で使われるからくり。田楽返しや提灯抜け、葛籠抜けなど。また人形浄瑠璃の舞台では、現在では人形遣いの芸を見せるのが中心となっているが、近松門左衛門浄瑠璃を執筆していた時代にはからくりが多用され、それが見せ場の一つとなっていた。
  • からくり屋敷 - 忍者屋敷などに見られる。

有名なからくり[編集]

茶運び人形[編集]

茶運び人形 大英博物館蔵。

座敷からくりの代表作。お茶を入れた茶碗を人形が持った茶托に乗せるとお客のいる所までお茶を運び、客が茶碗を取ると停止する。お茶を運ぶ距離は予めセットする。客が茶を飲み、空になった茶碗を茶托に戻すと、踵を返して茶碗を元の場所まで運ぶ。ぜんまいと歯車、カム、棒てんぷでその動きを制御する。現在良く知られる茶運び人形は細川半蔵著の『機巧図彙』から復元されたものである。ただし現在各地に残る茶運び人形は機構上、『機巧図彙』で解説されるものとは異なるところがあり、『機巧図彙』に沿って制作された江戸時代のものは確認されていない。

昭和57年(1982年)には日本模型からプラスチック製の茶運び人形が発売された。平成14年(2002年)11月には「学研の大人の科学シリーズVol.8」で発売され、平成19年(2007年)6月29日に発売された大人の科学Vol.16ではミニ茶運び人形が付録についた。

弓曳き童子[編集]

現存するオリジナルは2体で、いずれも田中久重の製作。人形が矢立てからを取り、にセットしてに当てる座敷からくり。

人形の動作はぜんまいとカム、レバー、糸によって制御され、自動的に4本の矢を射ることができる。「田中久重によって、そのうち1本は的を外すように細工してある」との説明が一般に広まっているが、これは誤り。実際には、人形を修復した際に付属している矢をすべて新しく作りなおしており[9]、「新しく作った矢のうち1本が、たまたまうまく飛ばない」というのが事実。ちなみに、人形が座っている台座部分に取り付けられている小さな唐子(中国風の衣装を着た人形)と、唐子が回すハンドルの機構も、修復前のオリジナルには存在しなかった。この部分は修復の依頼者の意向により、新たに取り付けられたもの[10]。弓曳き童子は、文字書き人形と並んで江戸からくりの最高傑作のひとつと言われている。

東野進が、平成2年(1990年)に徳川家から1体を発見し、平成3年(1991年)に伏見の前川家からもう1体を発見し、峰崎十五によって修復・復元された[11]。現在、徳川家旧蔵の弓曳き童子は産業技術記念館に、前川家旧蔵の弓曳き童子は久留米市教育委員会(田中久重の故郷)に所蔵されている。同じ動きをする組立て模型キットが学研より発売されている。平成25年(2013年機械遺産61号に認定された。

文字書き人形[編集]

現存するオリジナルは2体で、1体は田中久重製作。田中久重製作の1体は「寿」「松」「竹」「梅」の4文字が書ける文字書き人形で、幕末に海外に流出していたが、平成5年(1993年)に東野進がアメリカで発見し、約12年間の交渉の末、平成16年(2004年)に日本に持ち帰り、修復を施した上で、翌年の愛・地球博で展示された[12]。現在東野進が所有する。

もう1体は右手と口に咥えた筆で「松」「竹」の二文字を同時に書ける文字書き人形で、平成21年(2009年)に安城市内の古民家から発見された。現在は安城市指定有形民俗文化財に指定され、安城市歴史博物館に所蔵されている。また九代目玉屋庄兵衛により複製品が復元製作され、同博物館に所蔵されている[13][14]

からくりみくじ[編集]

錦天満宮のからくりみくじ

京都錦市場東端の錦天満宮にある。人が近づくと神楽が鳴り出して機械仕掛けの獅子舞がはじまり、硬貨を投入して御籤(みくじ)の種類(英文、和英対訳、子供用など6種類)を選ぶと、神楽に合わせて獅子が舞いながら御籤を届ける仕掛けが人気。

脚注[編集]

  1. ^ 日本国語大辞典』(第2版〔オンライン版〕、2007年)「からくり」の項より。他に語源説として、『嬉遊笑覧』、『大言海』の「絡み繰る」からという説、『言元梯』の「カハリクリ」(変転)の転とする説などが紹介されている。
  2. ^ 飛騨国調を免じられる代償として木工を京都に派遣する制度があり、制度廃絶後も飛騨工は木工・大工の名匠の通称となった。
  3. ^ 東海の山車祭り
  4. ^ 『機巧図彙』は3種の和時計と9種のからくり人形の構造、製作法について図入りで解説した首巻・上巻・下巻の三巻の書物。当時の科学教育の手ほどきとして出版されたといわれるが、今日から見ても和時計の脱進機の技術を応用した調速装置など、当時の進取の気風が伝わってくる。この書物から実際に茶運び人形が復元された。著者の細川半蔵(生年不詳--寛政8年没?)は土佐藩出身の暦学・天文学者で、幕府の改暦事業に携わるかたわらこの『機巧図彙』を著した。半蔵というのは通称で名を頼直という。他に写天儀や日時計といった器械も製作したといわれており、その科学知識や才能は平賀源内亡き後では一番であるとまで当時評されている。
  5. ^ 『からくり』(『ものと人間の文化史』)48頁以降より。
  6. ^ [1]
  7. ^ [2]
  8. ^ 山王祭で麹町より出されていた山車人形「太鼓打人形」(通称てけてん小僧)の頭部と手足等が、また神田祭の山車人形で神田連雀町より出されていた「熊坂」の頭部(現在見られる頭部以外の部分は後補)が伝存しており、具体的な構造や操作については詳らかではないが、「太鼓打人形」は太鼓を打つからくりが施されていたといわれ、「熊坂」は眼球が動くからくりが施されている。『広報千代田』NO.750(昭和63年4月20日発行)およびNO.1205(平成19年4月5日発行)参照。千代田区の文化財にも説明あり(太鼓打人形熊坂)。
  9. ^ 『弓曳童子の再生』、8頁
  10. ^ 『弓曳童子の再生』35頁
  11. ^ 『弓曳童子の再生』6-8頁
  12. ^ Wooden robot in the 19th century (Karakuri Ningyo)
  13. ^ 「安城文字書き人形~その特徴と機構~」愛知工業大学 客員教授 末松良一
  14. ^ からくり人形、筆遣い鮮やか 愛知・安城、レプリカ披露 朝日新聞 2012年6月16日

参考文献[編集]

  • 立川昭二 『からくり』〈『ものと人間の文化史』〉 法政大学出版局、1969年 ASIN: B000JA2X4M
  • 『からくり 人形と文化』 名古屋市博物館、1978年 ASIN: B000J8QHO6
  • 高梨生馬 『からくり人形の文化誌』 学芸書林、1991年 ISBN 978-4905640776
  • 千田靖子 『からくり人形の宝庫―愛知の祭りを訪ねて』 中日出版社、1991年 ISBN 978-4885190711
  • 鈴木一義 『からくり人形 微笑みに隠された江戸の夢、ハイテクの秘密』 学習研究社、1994年 ISBN 978-4054002159
  • 立川昭二 『甦えるからくり』 NTT出版、1994年 ISBN 978-4871882675
  • 千田靖子 『からくり人形師 玉屋庄兵衛伝 初代から九代まで』 中日出版社、1998年 ISBN 978-4885191381
  • 峰崎十五 『弓曳童子の再生』 私家版、1998年
  • 立川昭二他 『図説からくり 遊びの百科全書』(『ふくろうの本』) 河出書房新社、2002年 ISBN 978-4309760155
  • 鈴木一義監修 『見て楽しむ江戸のテクノロジー』 数研出版、2006年 ISBN 978-4410138867
  • 本康宏史 『からくり師大野弁吉とその時代 技術文化と地域社会』 岩田書院、2007年 ISBN 978-4872944808
  • 『大人の科学magazine』(Vol.16) 学研教育出版 2007年 ISBN 978-4056048124
  • 泉秀樹 『江戸の未来人列伝 47都道府県郷土の偉人たち』(『祥伝社黄金文庫』) 祥伝社、2008年 ISBN 978-4396314668

関連項目[編集]

外部リンク[編集]