シャンベリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Chambéry
Blason-ville-de-Chambery-fr.PNG
Ville de Chambéry.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ローヌ=アルプ地域圏
(département) サヴォワ県
(arrondissement) シャンベリ郡
小郡 (canton) 4
INSEEコード 73065
郵便番号 73000
市長任期 ベルナデット・ラクレ
2008年 - 2014年
人口動態
人口 市: 60 900人
2005年
人口密度 2 767人/km²
地理
座標 北緯45度34分12秒 東経5度54分42秒 / 北緯45.57度 東経5.9118度 / 45.57; 5.9118座標: 北緯45度34分12秒 東経5度54分42秒 / 北緯45.57度 東経5.9118度 / 45.57; 5.9118
標高 平均:270m
最低:245 m
最高:560m
面積 市: 20,99km² (2 099ha)
Chambéryの位置
Chambéry
テンプレートを表示

シャンベリ(Chambéry)はフランスの東部、ローヌ=アルプ地域圏都市で、サヴォワ県県庁所在地である。

人口は1999年現在、約5万5千人。隣接都市を合算した人口は約11万人、都市圏としては約13万人の人口を擁する。

歴史[編集]

古代ローマ時代にこの場所にはレメンクム (Lemencum) という名の街があった。シャンベリが都市の勅許を獲得し、歴史に再登場するのは12世紀以降である。サヴォイア伯爵家はシャンベリに宮廷を置き、サヴォイア家が勢力を伸ばすに従い、シャンベリは発展していった。 シャンベリの帰属は二回、サヴォイアからフランスの間で移転している。

1792年から1815年にシャンベリはフランス領となり、モン・ブラン県の県庁所在地とされた。しかし1815年には再びサヴォイア家に帰属した。シャンベリの帰属が最終的に確定したのは1860年3月24日である。以後、シャンベリは再びフランス領に編入され、サヴォワ県の県庁所在地とされ、現在に到る。

第二次世界大戦中、シャンベリは1944年5月26日に空襲を受けた。

1961年には近接する二つの都市、ビシー(Bissy)とシャンベリ=ル=ヴィユ(Chambéry-le-Vieux)を合併した。

姉妹都市[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]