助数詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

助数詞(じょすうし)は、を表す語の後ろに付けてどのような事物の数量であるかを表す語要素である。数詞を作る接尾辞の一群。類別詞の一種である。

日本語のほか、中国語韓国語など東アジアの多くの言語、またアメリカ大陸先住民の言語などにある。中国語などでは、例えば「」(「箇」の異字体、「個」の意)は数の後につけて「一个人」(ひとりの人)とするほか、「那个人」(あの人)のように指示代名詞を伴ったり、単独で名詞と結び付いたりする場合も用いるので、量詞とも呼ばれる。

日本語の助数詞[編集]

日本語の助数詞はバラエティに富んでおり、一説には約500種類もの数が存在するが、今日では意識される事が少なくなりつつあり、「個」、「匹」(動物)、「本」(細長いもの)、「枚」(平たいもの)等の多数の語に充てられる助数詞を使う事が多くなっている。

中国語などで見られるような形容詞指示代名詞の後に付くような用法はない。

数詞と読み[編集]

助数詞には漢語(漢字なら音読み)のものも和語(漢字なら訓読み)のものもあるが、原則として数詞もそれに合わせる。つまり、漢語の助数詞の前では漢語の数詞である「いち」「に」「さん」~を使い、和語の助数詞の前では和語の数詞である「ひと」「ふた」「み」~を使う。ただし、聞き間違い防止や四の字忌避のために漢語の数詞に替えて「よん」や「なな」などを使えるのは通常の数詞と同様である。なお、助数詞が外来語の場合は漢語の数詞を使うことが多いが、原語の数詞を使うこともある。

例:

  • 一枚(いちまい)・二枚(にまい)・三枚(さんまい)
  • 一皿(ひとさら)・二皿(ふたさら)・三皿(みさら)
  • 一セット(いちセット/ワンセット)・二セット(にセット/ツーセット)・三セット(さんセット/スリーセット)

和語においては、10以上の場合、厳密には、各桁を「あまり」や「まり」で区切り、桁ごとに助数詞をつける。たとえば「十二柱」は本来なら「とはしらあまりふたはしら」と読む。しかし現代では、「じゅうにはしら」のように助数詞にかかわらず漢語の数詞を使うのが普通である。

漢語においては音便化や連濁も多く、ほとんどが数により音の変化がある(例: 一匹=いっぴき、二匹=にひき、三匹=さんびき)。「三回」(さんかい)と「三階」(さんがい)の例のように、現代音で考えることによる難しさという点もあるが、一般に日本語の助数詞の変化は規則性を捉えることが難しく、非ネイティブの学習者泣かせの点のひとつである。

文法[編集]

文法的には通常、数を表す語要素から助数詞までがあわせて1つの数詞とみなされる。たとえば「三人」で1単語である。

メートルなどの計量単位を表す語も、文法的には助数詞と同じ働きをする。そのため、助数詞に含めるか、「助数詞・単位」のように一括して論ずることが多い。

助数詞を伴う数詞は、名詞としても副詞としても使うことができる。

名詞的用法
「三人の男」「三人が来る」のように、格助詞を伴い修飾語となる。あるいは、「三人だ」のように、助動詞を伴い述語となる。
副詞的用法(数量詞の遊離)
「三人いる」のように、格助詞を伴わず修飾語となる。被修飾語は原則として動詞だが、「倍」など度合いを表す助数詞に限り、「三倍明るい」のように形容詞(あるいは形容動詞)を修飾できる。

また、「個」は、「三個師団」のようにある種の名詞を格助詞なしで修飾する。中国語の「三箇師團」(現代中国語では「3个师团」)に直接に由来する用法である。なお「三ヶ月」や「三ヶ所」なども本来は「三箇月」「三箇所」で同じ成り立ちの言葉だが、日本語では助数詞を含むという意識は失われている。

一覧[編集]

以下に名詞に対応する助数詞の一覧を示す(漢字表記は助数詞に「一」を付けたものとし、読みは括弧内に標準的な助数詞の読みのみを記す。必ずしも「一」を付けた時の読みとは一致しない)。なお、外来語が起源の助数詞(単位)には、一般的に算用数字を用いて表記する。(例:1バイト)

  • あ行
    • 灯り - 一灯(とう)
    • アリ - 一頭(とう)
    • 安打 - 一本(ほん)
    • 行燈 - 一張(はり)
    • - 一戸(こ)、一軒(けん)、一棟(むね、とう)
    • イカ - 食品の場合は一杯(はい)、生物の場合は一匹(ひき)
    • - 一枚(まい)
    • 衣桁 - 一架(か)
    • 遺骨 - 一体(たい)、一柱(はしら)
    • 囲碁の対局 - 一局(きょく)、一番(ばん)
    • 椅子 - 一脚(きゃく)
    • 井戸 - 一本(ほん)、一基(き)
    • 衣類 - 一着(ちゃく)
    • 印籠 - 一具(ぐ)
    • ウサギ - 一羽(わ)
    • - 一頭(とう)
    • - 一席(せき)、一献(こん)
    • 団扇 - 一柄(へい)
    • うどん - 麺を指す場合は一玉(たま)。一杯(はい)
    • 映画 - 一巻(かん)、一齣(こま/シーン)、一本(ほん)
    • - 一枝(えだ)
    • エビ - 一頭(かしら)、一尾(び)
    • 烏帽子 - 一頭(かしら)
    • - 一掛(かけ)
    • 演能 - 一番(ばん)
    • お年玉 - 一封(ふう)
    • - 一匹・疋(ひき)
    • - 一挺(ちょう)
    • - 一筋(すじ)、一条(じょう)
  • か行
    • - 一頭(とう)
    • - 一面(めん)
    • 掛け軸 - 一幅(ふく)、双幅の場合には一対(つい)
    • 駕籠 - 一挺(ちょう)
    • - 一本(ほん)、和傘は一張(はり)
    • 株式 - 一株(かぶ)
    • - 一刎(はね)
    • - 一柱(はしら)
    • (特定の場所に祀られている)神 - 一座(ざ)
    • 蚊帳 - 一張(はり、ちょう)
    • 乾麺 - 一把(わ)、
    • 騎馬騎兵 - 一騎(き)
    • (文章の) - 一行(ぎょう、くだり)
    • 銀行 - 一行(こう)
    • - 一錠(じょう)、一カプセル、一服(ふく)、一包(ほう)、薬に包んだ散薬は一貼(ちょう)
    • 果物 - 一果(か)、一菓(か)、果実は一顆(か)
    • - 一足(そく/左右一組で)
    • 袈裟 - 一領(りょう)
    • こてアイロン) - 一丁(ちょう)
    • - 一面(めん)、一張(はり、ちょう)
    • 子供 -一人(ひとり)
    • 米俵 - 一俵(ひょう)、一輿(こし)
    • ご飯 - 一膳(ぜん)、一杯(はい)
  • さ行
    • - 一匹(ひき)、一尾(び)、一喉(こん)
    • - 一献(こん)
    • 砂糖 - 一斤(きん)、一叺(かます)、一貫(ぬき)
    • - 一篇(へん)
    • 地蔵 - 一尊(そん)
    • 三味線 - 一棹(さお)、一挺(ちょう)
    • 車両 - 一台(だい/自動車)、一両(りょう/鉄道車両など、ただし公営交通事業ではバスも路面電車などを運用していた、または今も運用している時に用いる)
    • - 一挺(ちょう)
    • 数珠 - 一連(れん)
    • 将棋の対局 - 一局(きょく)、一番(ばん)
    • 食パン - 一斤(きん)
    • 書類 - 一部(ぶ/同じ書類を作る場合)、一葉(よう)、一頁(ページ)
    • 真空管 - 一球(きゅう)
    • 新聞 - 一部(ぶ)
    • 握り寿司 - 一貫(かん/二個で一貫説、一個で一貫説あり)、一個(こ)
    • - 一挺(ちょう)
    • 戦車 - 一両(りょう)
    • 相撲 - 一番(ばん/取組)、一枚(まい/番付の地位)
    • 川柳 - 一句(く)
    • 算盤 - 一面(めん)、一挺(ちょう)
  • た行
    • - 一枚(まい)、一面(めん)
    • 大砲 - 一門(もん)
    • タコ - 食品の場合は一杯(はい)、生物の場合は一匹(ひき)
    • 戦い - 一戦(せん)
    • - 一畳(じょう)
    • - 一柱(はしら)
    • 弾丸 - 一発(はつ、ぱつ)
    • 箪笥 - 一棹(さお)
    • 反物 - 一反(たん)、一匹・疋(ひき、むら)
    • - 一頭(とう)
    • 鳥類 - 一羽(わ)
    • 提灯 - 一張(はり、ちょう)、一帳(ちょう)
    • - 一脚(きゃく)、一台(だい)、一卓(たく)
    • - 一張(はり、ちょう)、一丁(ちょう)
    • - 一口(く、こう)、一壺(こ、つぼ)
    • テープ(音響用、データ用) - 一巻(かん)
    • 手紙(書簡) - 一通(つう)、一封(ふう)、一本(ほん)
    • テント - 一張(はり、ちょう)
    • 刀剣 - 一振(ふり)、一腰(こし)、一口(くち)、一剣(けん)、一刀(とう)
    • 塔婆 - 一基(き)
    • 投票用紙 - 一票(ひょう)
    • 豆腐 - 一丁(ちょう)
    • 灯籠 - 一基(き)
  • な行
    • 海苔 - 一帖(じょう)10枚
  • は行
  • ま行 - わ行
    • - 一張(はり、ちょう)
    • 神輿 - 一基(き)
    • 美濃紙 - 一帖(じょう)48枚
    • - 一匹(ひき)
    • - 一手(て)(矢二本で一手)、一条(じょう)、一本(ほん)
    • - 一本(ほん)、一筋(すじ)、一条(じょう)、
    • - 一張(はり、ちょう)
    • 羊羹 - 一棹(さお)、一本(ほん)、一切れ(きれ)
    • 料理 - 一品(しな、ひん)、一人前(にんまえ)
    • 類人猿 - 一頭(とう)、一人(にん・たり)
    • - 一柱(はしら)、一位(い)
    • 和歌 - 一首(しゅ)

中国語の助数詞[編集]

中国語では「量詞 リヤンツー liàngcí」というのが普通である。甲骨文字に記された古代漢語に、すでに容器を用いて量をいう表現がみられるが、容器を用いない助数詞が普通にみられるようになるのは代からである。

現代の中国語(普通話)では、量詞は200種前後が用いられており、量詞に近い使い方をする単位も含めると350種以上になる。

最も常用される代表的なものは「個(个)」である。日本語と共通する漢字を用いるものでも、使える対象が異なる場合がある。例えば、「匹」はもっぱらウマロバラクダに用いる他、反物(この場合「疋」とも書く)にも用いるが、他の動物は「隻(只)」や「頭」を用いるなどの違いがある。

また、中国語でも、方言では対応する量詞が異なったり、使用範囲が違ったりする。例えば、椅子は、北京語や普通話では「把」を用いるが、広東語では「張」を用いる。この例では、椅子のどの部分(背もたれか座る部分か)に着目するかという違いによっているが、一般的に、標準的な形状や大きさに地域差があるものなどは、量詞にも違いが出やすい。

名詞の後に量詞を付けて、総体を指すのに使う用法もある。例えば、名詞の「人」を数えるのに用いるのは「個」や「口」であるが、「人口」というと人をまとめてその数を指す。名詞の「馬」と量詞の「匹」を合わせて「馬匹」というとさまざまな馬の総体を指す。なおこの「人口」や「馬匹」は、日本語でも1つの名詞としてある(馬匹輸送業など)。

中国語の場合、「個」、「張」などのように、名詞を修飾するものは「名量詞」、「回」、「頓」などのように、動詞を修飾するものは「動量詞」と呼んでいる。

また、広東語や潮州語などでは、名詞の前に数詞を伴わない量詞を付けて、英語の定冠詞のように、全体の中のひとつを指す、特定化に用いる例もある。例えば、「一架車」は英語の「a car」のように、ある1台の車というイメージであるが、「架車」とすると英語の「the car」のように、話者が特定の1台の車を指していう言い方に変わる。

広東語や潮州語では形容詞の後に量詞を付けて、性状と形状を同時にいう例もある。

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]