半紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

半紙(はんし)とは、和紙寸法事実上の標準規格であり、現在では横25cm程度、縦35cm程度に裁断されている。もともとは大判の杉原紙(全紙)を半分に切って用いた事から、この名がある。

平安時代の「延喜式」の細則に和紙の規格の記載があり、その寸法は、横二(70cm)、縦一尺三寸(39cm)でありそれを半分に切って使ったことからこのように呼ぶようになった。江戸時代には専ら包装用に用いられ、明治時代から習字に用いるようになった。これを更に半分に裁ち(半裁。全紙の1/4になる)、二つ折りにしたものが、力水を吐き出す際に使う「力紙」。

現在では、毛筆習字用に文房具として大量生産されており、最初からこの大きさで漉かれている。

B版も元が和紙の規格であるため、B4用紙(257×364)は半紙と同じ大きさである。

関連項目[編集]